巨大な魚との出会いが人生を変えた!怪魚ハンター・沖山朝俊さんの釣りスタイル


世界にはまだ見ぬ秘境が存在したり、巨大な生物が潜んでいることも!? 各地を飛び回っては、簡単には信じられないような釣りを繰り返す人たちがいます。

彼らはその釣り上げる魚の特徴から「怪魚ハンター」と呼ばれ、今回紹介する沖山朝俊さんもそのひとり。世界各地で巨大魚との出会いを楽しんでいる沖山朝俊さんに、どのようにして怪魚に魅入られていったのか、その情熱を教えてもらいました!

釣りにハマったきっかけは、彼女との海外旅行から

 出典  Funmee!!編集部


―― 釣りとはどのようにして出会いましたか? 子どものころから楽しんでいた?


実はもともと釣りには関心がなくて、超インドア派だったんです。わかりやすく言うと、週末の休みは秋葉原へ行って、メイド喫茶で過ごすオタクのような感じで……。なので、当時の僕のことを知る人たちには、今の僕が想像もつかないらしく(笑)。


きっかけは社会人になってから、当時の彼女とのタイ旅行でした。終日フリーの日に「さぁ、どこに行こうか!」となって、たまたま近くに世界最大級の釣り堀があることを知り「世界一ならせっかくだし」と、なんとなくそこへ。



 提供  沖山朝俊


―― 世界一大きい釣り堀! それは楽しそうですね。


はい、「ブンサムランフィッシングパーク」という釣り堀で、大型のナマズ釣りを体験しました。それなりに大きなものは釣れたのですが、周りに比べればまだまだ小さくて……。


結局、超大型は釣れず、手応えはあるのになぜ釣れないのかと現地の方に聞いてみたら、観光客向けのレンタル釣り具は超巨大サイズを釣り上げられるスペックがないことを知らされて(笑)。がく然としたのと同時に、どうしても釣り上げたくなったんですよね。だから帰国後すぐにAmazonでロッドなどを注文して、翌週にはまたブンサムランに行きました!



 提供  沖山朝俊


―― その執念、すごいですね。結局釣れたのでしょうか。


そこそこ大きなサイズは釣れるのですが、やはり超巨大となると釣れなかったんです。そこから3ヶ月は隔週でタイに通いました。どうしても釣りたいから、ネットで情報収集をする。狙いとしていた「メコンオオナマズ」と検索をすると、関連で多くの巨大魚や怪魚、世界中の珍しい魚が出てくるんです。


色々見ていると、個体数が減っているかもしれない魚や、はるか遠くの国に生息する怪物のような魚たちがたくさん。世界の広がりを感じるとともに、これは釣り堀で釣りしている場合じゃない! とショックを受けたんです。そこでそれまではタイばかり訪れていましたが、次はカザフスタンへ向かったんです。



世界へ視野を広げたら、自然が僕と遊んでくれるおもしろさに気づいた

 提供  沖山朝俊さん


―― カザフスタン!どんな釣りをするのでしょうか。


想像つかないですよね(笑)カザフスタンには、大型の「ヨーロッパオオナマズ」というナマズが生息しています。そのナマズを釣るために向かいました。ですが、釣るには時期が早く、釣果は芳しくありませんでした。タイでは餌釣りだったのですが、この釣行でルアーフィッシングに出会い、このときから、ルアーも使うようになりました。



―― タイ以外の国にも行くようになって、視野や楽しみ方が広がりましたか?


僕は「どのような手法で釣ったか」や「どんな険しい道のりを経たか」よりも、「手っ取り早く目的の魚と出会う」ことに狙いを定めています。だから諸先輩方ほど正直釣りの腕前は高くありません。Youtubeでイメトレして最低限の技術を身につけた感じです(笑)。


海外での巨大魚釣行を目的にしているので、釣れない時は全然釣れない。だから常々、自然が僕と遊んでくれていると感じています。でもそんな状況も楽しい。そんな感じですね。



SNSを活用し、多くの人との交流が増えた

 提供  沖山朝俊さん


―― 釣りを始めてから、なにが一番大きく変わりましたか。


人生そのものが大きく変わってしまったとも言えます。なかでもインターネットで世界中と情報交換できることも大きいです。


例えば、僕が釣った魚をFacebookに投稿すれば、知らない人から「その魚、どこで釣ったんだ?」とメッセージが来てやりとりが始まります。そういう人は、たいてい僕が知らない情報を持っているので、カードゲームのようにお互いの情報を交換しあって、さらに仲良くなる。そんな風にして世界各地に仲間が増えていくことも刺激的です。



―― ネットの交流を元に、常に世界中へアンテナを広げられると。


はい。僕のしていることは自然が相手ですので、その地域の環境や状況でなにができるか大きく変わってしまう。事前にどれだけ現地の情報を得ているかで、釣果が大きく左右されます。本では知れない情報を各地の釣り仲間や現地ガイドから分けてもらえます。それを元に、今度はどこにいって、あれを釣ろうとプランを立てたり、いろいろ妄想している時間も楽しいですよ。



 提供  沖山朝俊さん


―― 情報を得ると、釣りたい魚も増えるのでは? 沖山さんの今後が気になります。


今後は、まだ見ぬ巨大な魚と出会うことはもちろん、僕が持っている情報や知識を、怪魚釣りを楽しみたい人に向けアテンドしていきたいですね。現地での釣行は実際に経験してないとスケジュール通りに進めにくいですし、釣果も左右されがち。と同時に、魚が激減している地域が各地で増えており、そういった現実をよくしていくためにも巨大な魚という資源を守りながら、地域へお金が巡る仕組みづくりを準備し始めています。


釣りを楽しみたい人たちにとっても、地域で暮らす人たちにとってもプラスになるような、いい循環を生み出したいと考えています。



「必要なのは、アツい思いと少しの道具」怪魚ハンター・沖山朝俊さんに聞く! 巨大魚釣りの極意


■プロフィール

沖山朝俊(おきやまあさとし)さん

怪魚ハンター、会社員。

1981年広島生まれ、神奈川県横浜市在住。怪魚ハンターと会社員の二足のわらじ生活を続けながら、巨大な魚を求め世界中を飛び回る。会社へ向かうバッグにも釣竿を潜り込ませ、得意先と釣りトークで盛り上がるのだとか。映像コンテンツ制作/映像素材提供を行う「キングオクトパス」を立ち上げ、BS日テレ『夢釣行 ~一魚一会の旅~』の制作を手がける。その他、テレビ朝日『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて(釣りまアース)』(毎週(火)23:15〜)出演。


Instagram:https://www.instagram.com/asatoshiokiyama/

Twitter:https://twitter.com/siegsige


===

企画・編集協力:枻(エイ)出版社

文:井上綾乃 (Ayano Inoue)

写真:平野 愛 (Megumi Hirano)

 

■注意

※釣りをするときは、必ずライフジャケットを着用し、安全を確保して行いましょう。また、地域の定めるルールに従いましょう。



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部