キャンプ
カズさん@ふもとっぱら
【ワタシのキャンプ・ギア自慢!】︎

カズさん@ふもとっぱら


こだわりのギアをコーディネートして楽しむキャンプマスターたちをキャッチ!


ウェブデザイナーのカズさんは、スタイルキャンパーとしてInstagramでは有名なお方。フォロワーが集まるその理由はなんといってもアウトドアではご法度ともいえる「白」で統一させたギア選び。年間60泊を誇る、“ホワイトコーディネイト”をとくとご覧あれ!


白一色のギアたち

統一された色だけでなく、レイアウトも整然としていて美しい
 出典  Funmee!!編集部
統一された色だけでなく、レイアウトも整然としていて美しい


「キャンプを始めたのは6年ほど前ですが、NORDISK(ノルディスク)のテントを手にしたところから、白で統一するスタイルに傾倒しました。いまでは楽しんで白色のギアを物色しています」(カズさん)


「STANLEY(スタンレー) 」のボトルや「YETI(イエティ)」のクーラーボックス、「無印良品」のコンテナーなどブランドは異なれど、白一色で統一されたカズさんのギア。注意深くみれば、白を基調にステンシルやロゴが黒という無彩色な世界観にこだわっていることに気付かされます。


自作の木製テーブル

ホワイトコーディネイトのなかでぬくもりを放つ木製テーブル
 出典  Funmee!!編集部
ホワイトコーディネイトのなかでぬくもりを放つ木製テーブル


白一色にこだわるカズさんですが、テーブルはアウトドアに馴染む木製です。それも自作というから驚かされます。


「根っからの凝り性なので、どんなキャンプサイトであっても、テーブルは水平でなければイヤなんです(笑)。タープを設営したら、テーブルを設置し、iPhoneのアプリで水平を確認しながら、木片を使って足の長さを調整しています」(カズさん)


3本の打込丸環

ハンマーで打ち込こんだ2本の鉄棒に、もう1本を通して完成
 出典  Funmee!!編集部
ハンマーで打ち込こんだ2本の鉄棒に、もう1本を通して完成


フライパンや中華鍋、トングなどは吊るして収納するのがカズさんのスタイル。


この収納の正体は、3本の打込丸環。柄が丸くなった鉄製の棒です。これらを組み合わせることで、いとも簡単に安定したポールを組むことができます。打込丸環はホームセンターで売られている汎用品で決して高価なものではありません。手頃な価格で武骨なキッチン収納が実現できる秀逸テクニック!


 出典  Funmee!!編集部

カズさんが白に統一するキャンプスタイルに傾倒するきっかけになったノルディスクのベル型テント。

中央のポールを立てて張るだけの簡単な組み立てなので、大きなテントながら一人でも十分設営可能だそう。

===

文:諸橋 宏(Hiroshi Morohashi)

写真:澤田聖司(Seiji Sawada)

キャンプ
キャンプ
2018年7月31日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング