海で初めての大物釣り。ならばベイトリールがカッコイイ!
釣り
【釣りに夢中!】︎

海で初めての大物釣り。ならばベイトリールがカッコイイ!


これから海釣りを始めるとき、どんなリールを選べばいいか迷うものです。一般的にはスピニングリールとベイトキャスティングリール(以下、ベイトリール)のどちらかを選びます。


ここでは、力強く巻け、糸ヨレも起こしにくいベイトリールにスポットを当て、初心者でも楽しみやすい海でのルアーフィッシングを中心にどう選び、どう遊ぶのか解説します。




じつは初心者も楽しめる海のベイトリール

大型マダイを狙う船釣りタイラバ。専用のルアーを船から落として釣ります
 提供  Daiwa
大型マダイを狙う船釣りタイラバ。専用のルアーを船から落として釣ります


ルアーフィッシングに初めて挑戦するとき、バスやトラウトといった淡水での釣りならスピニングリールを使うことをおすすめします。それはベイトリールでルアーを狙い通り投げるときに多少の慣れやスキルが必要になるためです。




写真はどちらも海のルアーフィッシングで使用するベイトリール。さまざまな形のものが存在します
 提供  雑誌「ソルトワールド」
写真はどちらも海のルアーフィッシングで使用するベイトリール。さまざまな形のものが存在します


ところが、海釣りなら短所となるスキルは必要ありません。ベイトリールはうまく投げないとリールのなかで糸が絡み合ってしまう「バックラッシュ」というトラブルに見舞われることがあるのですが、船に乗って魚が生息しているエリアの真上に行き、ルアーを真下に落とすスタイルの釣りならばバックラッシュは起こりません。




ベイトリールのパーツ

 写真提供  SHIMANO


■クラッチ

糸を出すときに操作する部分。押すことでスプールが自由に回転するようになり、ルアーを投げられる状況になります。この動作を一般的にはクラッチを「切る」と言います。


■スプール

糸を巻き取る部分。スピニングリールと違って、ベイトリールはハンドルを巻くとスプール自体が回転し、糸を巻き取っていきます。海の場合、糸はPEライン(以下、PE※)を使うことが多いです。


※PEライン:ポリエチレンの繊維を編み込んで作られた釣り糸で、高い強度を持っています。


■レベルワインダー

ハンドルを回す動作に合わせて左右に動き、糸をスプールに均等に巻き取ってくれます。


■ハンドル

回転させることで糸を巻き取ります。スピニングリールと違って左右の付け替えはできません。海のライトな釣りには、ダブルハンドル(ノブがふたつ付いている)、ジギングなどで魚が大きく、力強い巻き取りが要求される釣りには、大きなノブがひとつ付いたシングルハンドルがベストです。


■ドラグノブ

スピニングリールに装備されているものと同じ役割を担うパーツ。星型をしていることから、スタードラグと呼ばれます。


■メカニカルブレーキ

スプールの回転を抑制するためのブレーキ。緩めるとスプールは回転しやすくなり、締めると回転を制御します。




レベルワインダーのないタイプも


海で使うベイトリールにはレベルワインダーが付くタイプと、レベルワインダーがないタイプがあります。レベルワインダー付きは便利ですが、大型魚を狙う場合はレベルワインダーに強度があるモデルを選ぶ必要があります。20kgや30kg、それ以上の大型が掛かる可能性がある場合は、レベルワインダーなしのモデルがおすすめです。


レベルワインダーのないベイトリールは、クラッチがスプール脇の上部に設置され、手前に引くことでクラッチを切れます。




レベルワインダーのないベイトリール例。ダイワ「ソルティガ10H」
 写真提供  Daiwa
レベルワインダーのないベイトリール例。ダイワ「ソルティガ10H」

初心者におすすめのベイトリールを使った海釣り


投げることでバックラッシュを起こしやすいベイトリールを使うなら、投げずに釣れる船釣りを選びましょう。なかでもメタルジグと呼ばれる金属製のルアーを沈め、しゃくりながらリズミカルに巻き上げ、シーバス(スズキ)やタチウオ、青物などを狙う「ジギング」がおすすめです。最近はより浅い場所に生息する魚を狙い、ジグやリールに少し小さいものを選び、糸は細いものを使う「ライトジギング」も人気が高まっています。


あるいは、大型のマダイを狙って、鉛のヘッドとゴム製のネクタイやスカートと呼ばれるパーツを組み合わせたルアーを使う「タイラバ」もおすすめです。




縦に探る釣りならではの利点


竿を振ってルアーや仕掛けを遠くに投げる釣りと違い、船からベイトリールを使ってルアーを落として探っていく釣りは、基本は海底から巻き上げながら探っていきます。その際、スプールに巻かれた糸が縦巻きで垂直に出ていくため、落ちている最中の変化が手元に伝わりやすいメリットがあります。




海の船からの釣りの場合、ルアーを投げずに船の真下へルアーを落として探る釣りも多い。そんな時は、ベイトリールの利点が生きます
 提供  雑誌「ソルトワールド」
海の船からの釣りの場合、ルアーを投げずに船の真下へルアーを落として探る釣りも多い。そんな時は、ベイトリールの利点が生きます


また、リールを巻くときも、スピニングリールならラインローラーというワンクッションを経由して巻かれていきますが、ベイトリールは直接スプールに巻き取っていくため、より手元にアタリが伝わりやすいのです。


その他、ベイトリールは細かい巻き上げ操作がしやすいという利点もあります。そのためジギングで、より小刻みに竿を動かし、糸を巻いて、狭い範囲内でチョコチョコと探りたい場合、ベイトリールの方がやりやすくなります。




釣り方別おすすめリール ライトジギング(シーバス)

軽いジグ、浅い水深で楽しめることから、初心者に最適な東京湾のシーバスジギング
 提供  雑誌「ソルトワールド」
軽いジグ、浅い水深で楽しめることから、初心者に最適な東京湾のシーバスジギング


60~100gと比較的軽いメタルジグと使い、水深も浅いシーバス狙いのライトジギングは、釣果も比較的得やすく、初心者におすすめです。特に東京湾の冬場は数が釣れるうえ、70cmを超える良型も上がるためベテラン釣り人でも通いこむ人も多いです。人より多く釣ることを目指す「数釣り」を楽しむ場合、細かな状況把握やテクニックの習得が必要で、やり込み要素がハマるおもしろさの一端を担っています。


シーバスジギングでは竿もリールも小刻みに動かし続けるため、リールは大きすぎないものがおすすめ。使う1号前後のPEラインを200mほど巻けるサイズを用意しましょう。




ダイワ「キャタリナ ベイジギング100H」

 提供  Daiwa


小型ボディながら、操作性、耐久性を備えたモデル。シーバスだけでなく、水深が浅い場所の小型、中型の青物狙いにも使えます。糸巻量PE1.5号250m。※写真はキャタリナ ベイジギング100SH。




釣り方別おすすめリール ライトジギング(タチウオ)

姿に似合わず、引きが強いタチウオ。食べて美味しく、エキスパートの釣り人でもファンの多い魚
 提供  雑誌「ソルトワールド」
姿に似合わず、引きが強いタチウオ。食べて美味しく、エキスパートの釣り人でもファンの多い魚


タチウオは刀のように細長い体を縦にして泳ぐ魚です。掛かってからの引きが強く、食べて美味しいことからファンが多い釣りです。東京湾、駿河湾、大阪湾、瀬戸内海、富山湾などで楽しめ、生息している水深をしっかり捉えて誘うことが釣果に繋がります。


そのためリールには水深を把握しやすいカウンターが付いたモデルがあると便利です。ラインはPE0.8号、1号。時期やエリアによって生息する水深が異なるので、これらの糸を300mは巻けるリールがいいでしょう。




シマノ「グラップラーCT 150HG」

 提供  SHIMANO


ヒットレンジが把握でき、次の探りで確実に同じ層へメタルジグを届けることができるカウンター付きモデル。軽量なので、初心者に最適! 糸巻量PE1号、330m。




釣り方別おすすめリール ライトジギング(青物)

素早く泳ぐ青物。ヒット後の引きの強さは小型であっても強く、魅力的です。それなりに強度のあるリールで挑むのが良いでしょう
 提供  雑誌「ソルトワールド」
素早く泳ぐ青物。ヒット後の引きの強さは小型であっても強く、魅力的です。それなりに強度のあるリールで挑むのが良いでしょう


身近なフィールで青物が釣れると分かれば、それを狙いたいと思うでしょう。青物ならではの強い引きはやはり魅力的です。中型のブリ、ワラサや、サワラ、カンパチの5kgクラスまでなどを狙う場合は、PE2号が250m以上巻け、さらに剛性を備えたモデルがお勧めとなります。




ダイワ「ソルティガ ベイジギング200SH」(レベルワインダー有)

 提供  Daiwa


小型ボディ、レベルワインダー付きでありながら、堅牢で充分な糸巻量を備えたモデル。シングルパワーハンドルで、青物の強い引きに対しても力強く巻けます。糸巻量はPE2号、250m。




シマノ「NEWオシアジガー 1000HG」(レベルワインダーなし)

 提供  SHIMANO


堅牢なボディを持ち、パワフルな巻き上げは、青物の強い引きにも余裕で対応します。レベルワインダーがないタイプなので大型魚にも難なく対応。レベルワインダーなしのモデルは、最初は戸惑いますが、慣れてしまえば問題ないです。糸巻量PE2号、300m。※写真はNEWオシアジガー 1500HG。




釣り方別おすすめリール タイラバ

シンプルでライトな道具を組み合わせたルアーを落とし、リールを巻き続けるという簡単な誘いでマダイが釣れてしまう「タイラバ」。専門の遊漁船も多く、全国的に人気です
 提供  雑誌「ソルトワールド」
シンプルでライトな道具を組み合わせたルアーを落とし、リールを巻き続けるという簡単な誘いでマダイが釣れてしまう「タイラバ」。専門の遊漁船も多く、全国的に人気です


マダイ狙いのルアーフィッシング。鉛のヘッドにラバー素材のネクタイとハリを装着し、海底まで落としたら、等速で巻いてマダイを誘います。ただ巻くだけでマダイが釣れるため、初心者にお勧めの釣りです。リールは、シーバスジギングで使用するようなモデルでも良いですが、アタリのあった箇所やスピードを把握するために、カウンター付きで、速度が数値で分かる専用モデルが発売されています。ラインはPE0.8号、1号を使用します。




ダイワ「紅牙 ICS 103」

 提供  Daiwa


タイラバに最適な巻き上げ速度のギアを採用しているタイラバ専用リール。ラインの出た量、巻き上げスピードを表示し、ヒットパターンをより把握できます。糸巻量PE0.8号250m、1号、200m。




「暑い季節の熱いジギング」を大特集! 久米島のキハダ、南伊豆のクロムツ、丹後沖のタラ、南房総の青物など、各地で激アツなジギングの釣果などを掲載。


===

文:大本英則(Hidenori Omoto)

制作協力:雑誌「ソルトワールド」(エイ出版社)



釣り
釣り
2018年7月31日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング