【ヘンアイ国産自動車の会】#12 日産 Be-1(邂逅編)


最近は路上で見かける機会も少なくなった、でも鮮烈に記憶に残る、少し変わった日本発のクルマたち。そんなクルマとの毎日を楽しんでいるオーナーさんに愛車の魅力を語ってもらう「ヘンアイ国産自動車の会」。バブル期に日産が生産したパイクカーの先駆け、Be-1に乗る埼玉県のUさんを紹介します。




今回ご登場いただく、埼玉県在住のUさん。日産のパイクカー、「Be-1」に乗るオーナーさんです。1988年式でボディカラーはカタログイメージカラーであるパンプキンイエローで、キャンバストップ付き、さらに走行距離約2万キロという驚くべきコンディションの一台です。


「一番最初はパオも候補だったんですけど、奥さんが『これが可愛い!』っていうので、Be-1にしたんです。最初はこれとは別の白いのに乗ってました」



これ以上ない極上車を手に入れたUさん

これ以上ない極上車を手に入れたUさん

 出典  Funmee!!編集部


ところが白いBe-1は、なんと交差点のど真ん中で突然止まってしまいます。エンジントラブルだったそうですが、エンジンの修理を諦め、別の個体を探すことに。そんな時に中古車屋で偶然見つけたのが、この黄色いキャンバストップ付きだったというわけです。今からおよそ8年前のことです。

 

「初代オーナーはずっとガレージ保管だったそうで、状態も驚くほど良いし、当時のオプションパーツもたくさん付いてて、走行距離も購入時は1万キロちょっとでしたから、本当に満足です。でもね、奥さんはあの故障以来Be-1に乗ってくれないんですよ」



ドリンクホルダーはDIYでボディカラーにペイント。まるで純正品のようです

ドリンクホルダーはDIYでボディカラーにペイント。まるで純正品のようです

 出典  Funmee!!編集部


「実は一度手放そうと思ったことがあって、中古車屋に電話を入れたことがあるんですが、その後連絡が途絶えちゃって。それでなんとなく手放せなくなっちゃったんですよ(笑)」

 

その出来事に運命を感じたUさんは、以降可能な限り維持していくことを決意。雨漏りをしていたキャンバストップは張り替え、エンブレムも新品に交換し、ダッシュに備わるドリンクホルダーも自分でボディカラーにDIYでペイントするほどの溺愛ぶりです。



暖かい季節にキャンバストップを開けて走るのは爽快だそうです

暖かい季節にキャンバストップを開けて走るのは爽快だそうです

 出典  Funmee!!編集部

タミヤ ミニ四駆限定シリーズ ニッサン Be-1

1987年に日本国内のみで発売された日産 Be-1のミニ四駆。エンブレム、ナンバープレート、ライトはステッカーで再現してある。

amazonで見る


■プロフィール

Uさん

埼玉県在住。Be-1はこれで2台目。コンディションを維持するため、このBe-1はガレージで保管。他にも国産旧車を所有するクルマ大好きの52歳。

 

 

===

文&写真:勝村大輔(Daisuke Katsumura)



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP