釣り
大のオトナがハマる! ルアーフィッシング
【釣りに夢中!】︎

大のオトナがハマる! ルアーフィッシング


ルアーフィッシングをやったことがありますか? ルアーという言葉は聞いたことがあっても、実際はどんな釣りなのか、知らない人も多いかも。それでいてオトナだからこそハマる人が急増中だったりします。


ルアー=疑似のエサだからこその楽しみや醍醐味、道具のあれこれまで、奥深い世界へご案内します!



道具を変えて小魚から100kg超の大物まで狙える!


ルアーフィッシングとは、ずばり「ルアー」という疑似餌を使った釣りのこと。魚が普段食べている生物ではなく、疑似餌を動かして騙し、釣り上げるのです。そのため釣り上げた時の満足度も高いといえます。


ルアーフィッシングをやるには、基本としてルアー用の釣り竿(ロッド)、糸(ライン)、そのラインを巻いておくリール、そしてルアーといった道具が最低限は必要になります。

 

ただしルアーで狙う魚は、小魚から100㎏を超えるマグロやカジキなどの大型の魚まで様々あり、そのターゲットに応じてルアーのサイズ、種類を選び使用することになります。ルアーは数センチの小型の物から、40cmを超える大型のものまであります。



小さなものから大きなものまで、ルアーは幅広く販売されている。狙う魚が、どんなものを食べているのかを知り、それに合わせて選んでいきます
 出典  Funmee!!編集部
小さなものから大きなものまで、ルアーは幅広く販売されている。狙う魚が、どんなものを食べているのかを知り、それに合わせて選んでいきます


そしてその魚のサイズや種類、はたまた陸地から狙うのか船から狙うのか? 川でやるのか? 湖や池でやるのか? 海でやるのか? によって適切な釣り竿、リールが存在するのです。その数は数えきれないほどで、もちろん狙う魚のサイズによって、使用する糸の太さ、強さも異なります。よって「この釣り竿とリール、糸、ルアーがあれば何でもOK」というものは存在しません。

 

しかし、ひとたびルアーフィッシングにハマってしまったら、この道具選びこそが楽しさのひとつになります。釣り場にてそこに生息する魚を想像し、その魚がどんなルアーに喰いつくのかをイメージ、それに応じて使用するロッド、リール、糸の強度、そしてあらゆることを想定して様々なルアーを準備して挑むのです。釣りに行く前から、ワクワク度は高まります。

 


人気のルアーフィッシング① バスフィッシング


バスフィッシングとはブラックバスを狙う釣り。日本各地の湖や池などの淡水で狙え、釣り場も多く身近な人気ターゲットです。「ルアーフィッシング」と聞くと、まずバスフィッシングが頭に浮かぶ人も多いでしょう。



ルアーフィッシングの代表格。身近なフィールドに生息し、テクニック、ルアーセレクト等で釣果に差が出るなど奥が深いため、子どもから大人まで、バスフィッシングにハマる人が多いです
 出典  Funmee!!編集部
ルアーフィッシングの代表格。身近なフィールドに生息し、テクニック、ルアーセレクト等で釣果に差が出るなど奥が深いため、子どもから大人まで、バスフィッシングにハマる人が多いです

おすすめの道具はコレ!

ロッド「ZODIAS 158ML」、リール「NASCI 2500」。ロッドの長さは、陸地から、ボートからともに2m前後が使いやすく、リールはシマノ製なら2,500番サイズがちょうど良いでしょう
 提供  SHIMANO
ロッド「ZODIAS 158ML」、リール「NASCI 2500」。ロッドの長さは、陸地から、ボートからともに2m前後が使いやすく、リールはシマノ製なら2,500番サイズがちょうど良いでしょう


ブラックバス釣りに使用するルアーは、ルアーフィッシングのなかでも種類が特に多く、それを状況に応じて使い分けてヒットに結びつけるのが楽しさでもあります。


タックル(道具類)を購入するなら、最初はルアーを投げやすいスピニングタイプのリールとロッドを選びましょう。また、初心者は糸(ライン)はトラブルの少ないナイロンライン、強度は8lb程度(※)がおすすめです。



※ラインの強度の単位はポンド(lb)で表記されます。1ポンド=約454gなので、8lbのラインは約3,632gを超える荷重によって切れるという意味を表しています。




専門店おすすめのロッド


シマノ「ゾディアス 268ML」

全長/2.03m 適合ルアーウエイト/4~12g


シマノ「ゾディアス 264ML」

全長/1.93m 適合ルアーウエイト/4~12g



専門店おすすめのリール


シマノ「ナスキー2500」

ギア比/5.0 自重/250g



人気のルアーフィッシング② トラウトゲーム


ニジマス、ヤマメ、イワナ、サクラマス、サーモンなど様々なマス系の魚を狙う釣りのことを「トラウトゲーム」と呼びます。海で狙うトラウトゲームもありますが、渓流、里川、湖、管理釣り場が主になります。


このなかでもっとも容易に釣果を得やすいのは、管理された川や池に魚を放流している管理釣り場。自然そのままではありませんが、必ず魚がいて、足場も良いため、初心者には最適です。それでも釣るにはテクニックが必要になり、簡単には釣れないため釣り人を夢中にさせてくれます。管理釣り場をメインとした釣りのプロもいるほどです。

 


エリアフィッシングと呼ばれる管理釣り場の釣りは、足場もよく、初心者におすすめ
 提供  ムカイさん
エリアフィッシングと呼ばれる管理釣り場の釣りは、足場もよく、初心者におすすめ
トラウトゲームは、ミノー、スプーンと呼ばれるルアーで釣ることができます。この写真のルアーはミノーの「グラントレモ40MR」
 提供  ムカイさん
トラウトゲームは、ミノー、スプーンと呼ばれるルアーで釣ることができます。この写真のルアーはミノーの「グラントレモ40MR」
こちらはスプーンの「ルーパープラス2.0g」
 提供  ムカイさん
こちらはスプーンの「ルーパープラス2.0g」

おすすめの道具はコレ!

ロッド「TROUT ONE AS S60SUL」、リール「NASCI 2500」
 提供  SHIMANO
ロッド「TROUT ONE AS S60SUL」、リール「NASCI 2500」


初心者が管理釣り場でトラウトゲームに挑戦するのであれば、ロッドは長さ1.8mあれば十分。価格は高い物から手に取りやすいものまで様々あり、予算に応じて選びたいものです。


スピニングタイプのタックルで、リールにははナイロンラインの3lb程度を巻いていくのがおすすめです。シマノ製なら2000番サイズがあれば良いでしょう。





専門店おすすめのロッド


シマノ「トラウトワンAS S60UL」

全長/1.83m 適合ルアーウエイト/0.7~6g


シマノ「カーディフAX S62UL」

全長/1.88m 適合ルアーウエイト/0.7~6g



専門店おすすめのリール


シマノ「ナスキーC2000S」

ギア比/5.0 自重/220g



人気のルアーフィッシング③ シーバスゲーム


シーバスとはスズキのこと。日本各地の港湾部、砂浜、岩が転がるゴロタ浜、磯、河川河口など、様々な場所に生息するフィッシュイーター(魚を捕食とする魚のこと)です。


大型のものは1mを超し、掛かった後のパワーも鋭く、そして水面で「エラ洗い」と呼ばれる跳ねを見せたりと、釣り人を楽しませてくれます。


 


身近なフィールドで楽しめるシーバス。昼夜問わず、各地のフィールドで多くの釣り人が狙っている魚です。写真は、マングローブスタジオのミノー・マリブにヒットした個体
 提供  マングローブスタジオ
身近なフィールドで楽しめるシーバス。昼夜問わず、各地のフィールドで多くの釣り人が狙っている魚です。写真は、マングローブスタジオのミノー・マリブにヒットした個体
シーバスを釣るためには、ミノーと呼ばれるルアーをメインに使用。その他、バイブレーション、ペンシルプラグ、ワーム(ソフトルアー)など多くの種類が存在します
 出典  Funmee!!編集部
シーバスを釣るためには、ミノーと呼ばれるルアーをメインに使用。その他、バイブレーション、ペンシルプラグ、ワーム(ソフトルアー)など多くの種類が存在します

おすすめの道具はコレ!

ロッド「DIALUNA S86ML」、リール「ULTEGRA C3000」
 提供  SHIMANO
ロッド「DIALUNA S86ML」、リール「ULTEGRA C3000」


シーバスは船から狙う場合もありますが、ここではより手軽な陸地(港湾部など)から狙う場合のおすすめのロッドとリールを紹介します。


リールに巻く糸は、初心者は最初、リールにナイロンラインを巻きにチャレンジするのがおすすめ。ナイロンライン10lbをセレクトしておけば良いでしょう。


ロッドは、足場の高い磯や、シーバスの回遊するポイントが離れている砂浜であれば飛距離の出る10ft(フィート)以上の長さの物をセレクトすることもありますが、港湾部や堤防などで使用するなら、9ftほどのモデルが扱いやすいです。リールは、上記のようにナイロンラインの10lbを150m以上巻けるモデルが良く、シマノ製なら2500番サイズ以上を選ぶと良いでしょう。




専門店おすすめのロッド


シマノ「ディアルーナS86L」

全長/2.59m 適合ルアーウエイト/5~25g


シマノ「ディアルーナS90L」

全長/2.74m 適合ルアーウエイト/5~25g



専門店おすすめのリール


シマノ「アルテグラ2500」



人気のルアーフィッシング④ エギング


エギングとは、アオリイカを釣る釣りのこと。エギという日本に古くから伝わる疑似餌を使用し、その疑似餌を沈め、その後、釣り竿をしゃくり上げて跳ね上げ、その後ゆっくりと落とし込んでいき、それを繰り返すことでアオリイカを誘います。アオリイカが反応すれば、エギに抱きつきフッキングするという釣法で、日本国内の北から南まで楽しめるため、人気があります。

 


エギングでのアオリイカ狙いは、陸地から狙う場合と、船から狙う場合があります。使用するロッドは、それぞれに専用のものがあります
 出典  Funmee!!編集部
エギングでのアオリイカ狙いは、陸地から狙う場合と、船から狙う場合があります。使用するロッドは、それぞれに専用のものがあります

おすすめの道具はコレ!

ロッド「EMERALDAS MX 86ML」、リール「EMERALDAS 2508PE-H」。ともにエギング専用モデルで使いやすい
 提供  Daiwa
ロッド「EMERALDAS MX 86ML」、リール「EMERALDAS 2508PE-H」。ともにエギング専用モデルで使いやすい


ロッドをしゃくり上げる動作でエギを鋭く動かし、誘い続けるため、ロッド、リールともに軽いモデルを使い、ラインはPEラインを巻いておくのがおすすめ。0.8号ほどのPEラインの先に、フロロカーボンラインの2号を2~3m結びます。エギング専用ロッドがおすすめですが、シーバスロッドで楽しむことも可能です。




専門店おすすめのロッド


ダイワ「エメラルダスMX 83M・E」

全長/2.52m 適合エギサイズ/2.5~4.0号



専門店おすすめのリール


ダイワ「エメラルダス2508PE」



人気のルアーフィッシング⑤ 船釣り/ライトジギング&タイラバ


船の釣りは、敷居が高そうと思われがちですが、船長が魚がよりいる場所、釣れる場所に連れていってくれるため、初心者にとってはより魚を手にしやすいと言えます。


初心者が手軽に楽しめる船からのルアーフィッシングには、鉛製などの「ジグ」と呼ばれるルアーを使用するジギングのライトバージョン「ライトジギング」や、マダイを釣るために誕生した漁具から発展した「タイラバゲーム」がおすすめです。



ライトジギングは初心者でも扱いやすい軽いジグ、ライトな釣り竿で楽しみます。沿岸でイナダ(ブリの幼魚)、カサゴやハタなどの根魚、タチウオ、シーバスなど、釣れる魚も幅広いのが特徴です。


タイラバは鉛製のヘッドに樹脂で作られたネクタイと呼ばれるヒラヒラがセットされたルアーを用い、巻くことでネクタイが動き、マダイを誘います。海底まで落としてから等速で巻くだけという簡単な誘いのため、こちらも初心者にオススメです。



ライトジギングは狙う魚、魚のサイズに合わせてロッドを選びます。また使用するジグは、水深や狙う魚が捕食している小魚のサイズに合わせて選択します
 出典  Funmee!!編集部
ライトジギングは狙う魚、魚のサイズに合わせてロッドを選びます。また使用するジグは、水深や狙う魚が捕食している小魚のサイズに合わせて選択します
ジグもたくさんの種類が存在。カラーの使い分けなどで釣果に結びつくこともあります
 出典  Funmee!!編集部
ジグもたくさんの種類が存在。カラーの使い分けなどで釣果に結びつくこともあります
タイラバというルアーを使いマダイを釣ります。誘い方は巻くだけのため、初心者でも入りやすい釣りです
 出典  Funmee!!編集部
タイラバというルアーを使いマダイを釣ります。誘い方は巻くだけのため、初心者でも入りやすい釣りです

おすすめの道具はコレ!(ライトジギング)

ロッド「VADEL 57MS」、リール「VADEL 3500H」
 提供  Daiwa
ロッド「VADEL 57MS」、リール「VADEL 3500H」


ロッドはイナダや小型の根魚を狙うのであれば、使用ジグがMAX120gまでのスピニングモデルが使いやすいです。また船からタチウオをジギングで狙う場合は、魚からのアタリ(ルアーへ喰いつくこと)がより分かりやすく、ベイトモデルのリールをセレクトし、ロッドもベイトモデルが良いでしょう。タチウオの反応が出る水深が深いこともあり、重いジグを使用することもあるので、それに合わせてロッド、リールサイズをセレクトすることになります。




専門店おすすめのロッド


ダイワ「ヴァデル61MLS」

全長/1.85m 適合ジグウエイト/30~120g



専門店おすすめのリール


ダイワ「ヴァデル3500」



おすすめの道具はコレ!(タイラバ)

ロッド「紅牙69HB」、リール「紅牙IC 100P RM」
 提供  Daiwa
ロッド「紅牙69HB」、リール「紅牙IC 100P RM」


タイラバはアタリを明確に捉えられたほうが有利になるため、ベイトタイプのリールとロッドが良いです。ロッドは、ライトジギングロッドでも併用できますが、よりアタリを捉えるなら専用モデルがおすすめです。写真のリールはタイラバ専用で、巻き取り速度表示機能付き。その日、その時のベストな巻取り速度を知ることで、よりアタリを捉えることが可能になります。




専門店おすすめのロッド


ダイワ「紅牙X69HB」

全長/2.06m 適合ルアーウエイト/40~120g



専門店おすすめのリール


ダイワ「紅牙IC」



ルアーフィッシングの道具選び、まずは釣具店に行こう!

さまざまなルアー、リール、釣り竿が陳列されている釣具店。このなかから自分が釣りたい魚に合わせてベストなものを選んでいきます。間違ったものを購入しないように、まずは店員さんに相談するのがおすすめ
 出典  Funmee!!編集部
さまざまなルアー、リール、釣り竿が陳列されている釣具店。このなかから自分が釣りたい魚に合わせてベストなものを選んでいきます。間違ったものを購入しないように、まずは店員さんに相談するのがおすすめ


各ルアーフィッシングの特徴がわかってきたところで、肝心なルアー選びはお店にいくことをおすすめします! なぜなら各ジャンルごとにルアーは無数にあり、エリアによってにおすすめのモデルが異なるためです。


ルアーショップは、身近なフィールドで使用する道具は何が良いのか? などさまざまな情報を持っています。ショップに行くときは、まず何を釣りたいのか? 釣り場の目星、購入予算などを伝えると良いでしょう。釣り方なども聞けば教えてくれるはずですし、リールと糸を購入すると巻いてくれるところがほとんどです。その時に糸の結び方なども教えてもらうと良いでしょう。


初めは誰でも知らないことばかりです。しかし一つひとつ教えてもらうことで、楽しさがどんどん広がっていくはずです。ルアーフィッシングの世界に入ってみてはいかがでしょうか?



ルアーフィッシング、フライフィッシングの用品を専門に扱うショップ。今回おすすめのロッド、リールは、専門店に赴きアドバイスしてもらいました
 出典  Funmee!!編集部
ルアーフィッシング、フライフィッシングの用品を専門に扱うショップ。今回おすすめのロッド、リールは、専門店に赴きアドバイスしてもらいました


===

文:大本英則(Hironori Omoto)

撮影協力:横浜サンスイ



釣り
釣り
2018年7月5日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング