体も心も最高の状態に?!プロサウナー・ヨモギダさんに聞く、サウナの世界
マニア

体も心も最高の状態に?!プロサウナー・ヨモギダさんに聞く、サウナの世界


近年、再燃しているサウナブーム。一昔前まで「おじさんの娯楽」というイメージが強かったサウナですが、今では若者や女性の間でも注目を集めています。

サウナに夢中な者たちは“サウナー”と呼ばれ、さらにサウナの普及活動に心血を注いでいる“プロサウナー”という存在まで登場しています。

そこで今回は、“プロサウナー”のヨモギダさんにお話を聞いてみました。

サウナでストレス解消?!「交代浴」がスゴい!

サウナ入浴時は背筋を伸ばすスタイル。
 出典  Funmee!!編集部
サウナ入浴時は背筋を伸ばすスタイル。


「1日2回もサウナに行くのは異常に思われるかもしれません。でも、私にとっては普通のこと。歯を磨いたりするのと同じくらい、日常的なことなんです」と語るヨモギダさん。

2016年にはサウナ業界で働く人以外では初めて『サウナ・スパ管理士』の資格を取得するほど、サウナを愛しています。

この日も錦糸町のサウナ「NEW WING(ニューウイング)」で、サウナに入りながらお話を伺うことになりました。

ヘビーユーザーは「水通し」といって、サウナの前に水風呂から入るとのこと。理想の水温は15℃以下
 出典  Funmee!!編集部
ヘビーユーザーは「水通し」といって、サウナの前に水風呂から入るとのこと。理想の水温は15℃以下


「いまサウナが人気を集めている理由の1つは『ストレス解消』効果です。ストレス社会ですからね。熱いサウナと冷たい水風呂に交互に入る『交代浴』を行うことで交換神経と副交換神経が刺激され、自律神経が安定するんです」

また、使われていない毛穴が開くことで肌が綺麗になったり、ヒートショックプロテイン(※)によって免疫力がアップするんだとか!

※ヒートショックプロテイン:温熱の刺激などによって増えるたんぱく質。傷んだ細胞を修復し、免疫力を上げるといわれる

全国のまだ見ぬサウナを巡る、悦び


ブームによって、サウナ愛好家が急増して、最近は楽しみ方も多様化しているそうです。

「最近は『サウナ評論家』が増えてきて、全国各地のいろんなサウナに行くことが一つのステータスになってきていますね。スパ感覚のおしゃれな施設も登場して、ファッション感覚で楽しむ人も増えてきたように思います。それがSNSとつながっていき、交流に発展してきたんです。サウナ―同士の横のつながりも強くなってきました」

さらに、ヨモギダさんはサウナーたちとヴィジュアル系バンドのファンは似ていると語ります。

「ヴィジュアル系バンドのファンって、同じライブだろうと、ツアーの地方遠征だろうと、熱心に足を運ぶじゃないですか。ジャンルは異なりますが、熱量は一緒ですよ」

サウナの聖地と呼ばれている、静岡県にあるサウナしきじ。ヨモギダさんも大ファンだという。
 提供 ヨモギダさん
サウナの聖地と呼ばれている、静岡県にあるサウナしきじ。ヨモギダさんも大ファンだという。


そんなヨモギダさん自身も、地方に遠征し、全国のサウナを巡り続けています。

「純粋にいろんなサウナへ入ってみたくて。あくまで基本スタンスは評論家ではなく、愛好家。全国のさまざまなサウナをめぐっていますが、お気に入りのサウナに何度も足を運ぶこともありますね。見まわりみたいなものですね(笑)」

サウナがモテる趣味になる未来は、もうすぐそこ!

サウナ後はビールやワインなど、お酒がいっそうおいしい
 出典  Funmee!!編集部
サウナ後はビールやワインなど、お酒がいっそうおいしい


最近ではニューツーリズムならぬ、「サウナツーリズム」と呼ばれる、その地にあるサウナを満喫する旅行も増えてきているそうです。

※ニューツーリズム:従来の旅行とは異なり、旅行先での人や自然との触れ合いが重要視された新しいタイプの旅行

「サウナの専門サイトがリリースされたり、サウナのファッションブランドができたり、確実に盛り上がってきています。サウナのイメージが上がっているので、きっとこれからはモテたくてサウナに通う人も現れるでしょう。もちろんこれはサウナの本質ではないので、賛否両論あると思います。ですが、個人的には多少不純な動機で始めても、サウナにどっぷりハマってくれる人が増えるなら、嬉しいですね!」

最高の癒し効果に加え、身体もスッキリ。そのうえ「モテ」にもつながるかもしれないサウナ。

今まさにホットなサウナの世界、ぜひ体感してみては?

サウナの正しい手順やマナー、医学的効能など、基礎知識を初心者にもわかりやすく解説!

絶対に訪れるべき全国の名サウナも50軒紹介。

■プロフィール

ヨモギダさん(ヨモギー)

1975年生まれ、北海道旭川市出身。十数年前の病気をきっかけにサウナに目覚めたプロサウナー。またはヘビーユーザー。サウナ普及のためTVや雑誌などのメディア出演、自ら主催するイベント等を開催している。



===

文:小野洋平(Yohei Ono)/やじろべえ

写真:伊勢悟(Satoru Ise)

取材協力:ニューウイング(東京都墨田区江東橋2-6-11)



2017年12月15日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング