釣り
ルアーの王道といえば、バス釣りだ!
【釣りに夢中!】︎

ルアーの王道といえば、バス釣りだ!


オトナがいまから釣りを始めるなら、やはりルアーフィッシング! そのなかでも、身近に楽しめ、しかも奥深いのがブラックバス釣りです。そのおもしろさや魚の特徴を知れば、一度は挑戦してみたくなります‼



物陰に隠れ潜む大物を釣り上げる快感


ブラックバスは北米が原産の淡水魚で、日本には1925年、実業家の赤星鉄馬氏がアメリカから持ち帰って芦ノ湖に放流したのが最初といわれています。

 

そもそもは食用として、そして釣りの対象魚として日本にやってきたわけですが、いまでは国内の湖や河川、池など、あらゆるところに生息しており、手軽に始められることから、釣りの人気ターゲットとなっています。

 

そんなブラックバスは、基本的には何かしらの物陰に潜んでいることが多く、それら「モノ」のカゲを狙うことがブラックバス釣りのキホンといえるでしょう。



ブラックバスは水草や桟橋などの物陰に潜んでいます
 出典  Funmee!!編集部
ブラックバスは水草や桟橋などの物陰に潜んでいます


例えば水中に生えている水草類、橋を支える橋脚、水中から伸びる立ち木、河川でよく見かける消波ブロックや水門。ほかにも挙げるときりがないほど。でも逆に考えれば、これだけたくさんバスが身をひそめることがあるのだから、誰も狙っていない「モノ」のカゲを見つけることができれば、自分だけが釣れるということも少なくありません。これもブラックバス釣りの魅力のひとつです。



バスの習性に合わせるおもしろさ


ブラックバスが隠れている「モノ」のことをブラックバス釣り用語で「ストラクチャー」と呼び、このストラクチャーを狙ってキャスティングすることは基本中の基本です。

 

ところが、天候や時間帯によっては、何もない開けたところにいることもあります。例えばブラックバスのエサとなる小魚を追い込みやすい浅瀬がその最たる例です。朝夕の薄暗い時間帯は、こうした浅瀬でエサを食べようとしているブラックバスを狙うのがセオリーとされています。



狙うは大物のブラックバス! この大きな口であらゆるものにガブリと食いつきます
 出典  Funmee!!編集部
狙うは大物のブラックバス! この大きな口であらゆるものにガブリと食いつきます


エサの話が出たので、少し触れておくと、ブラックバスは動くものであれば何でも食べるといっても過言ではありません。小魚類はもちろん、エビやカニなどの甲殻類、水面に落ちてもがく虫なども、ブラックバスの捕食対象となります。

 

そういったブラックバスならではの習性に合わせていき、上手くハマったときのおもしろさがあるのです。というわけで、いよいよ、ブラックバス釣りに欠かせない疑似餌(ルアー)についてのお話をしていきましょう。



ルアーは「プラグ」と「ワーム」の2種類


ブラックバスはさまざまな水棲生物や昆虫類を捕食対象としています。それらエサに似たものを使うのが、ブラックバス釣りにおけるルアー選びのセオリー。というわけでルアーには、さまざまなエサに似せたものが存在しています。

 

このルアーは、大きく分けて2タイプ。「プラグ」と呼ばれる、プラスチックや木でできたエサに似せた形状のもの。これにはハリ(フック)がついており、糸(ライン)に結べばすぐに使用することができます。



カラフルでさまざまな形をしたプラグ
 出典  Funmee!!編集部
カラフルでさまざまな形をしたプラグ


もうひとつは「ワーム」、もしくは「ソフトベイト」と呼ばれるソフトプラスチック素材や樹脂で作られたもの。こちらは小魚や甲殻類に似た形状だけでなく、虫やミミズをイメージさせるものなど、その種類は多彩です。ちなみにこれ単体で使用することはなく、ハリを装着することが前提です。状況に応じてオモリを使用するなど、その使い方も多岐にわたります。



ミミズなどを模したワーム。その形や色は多種多様
 出典  Funmee!!編集部
ミミズなどを模したワーム。その形や色は多種多様


これらをエサに似せることで捕食させて釣る、というのが基本です。しかし、それだけではないのがブラックバス釣りのおもしろいところ。例えば自分の周りをハエが羽音を轟かせて飛んでいるとします。そのとき、人間なら手で払いのけようとしますよね。しかしブラックバスには手がないので、それができません。自分のまわりにうっとうしいものがいるとき、どうやって排除するのか。それは口を使うのです。ブラックバスは非常に縄張り意識が強い魚だといわれています。自分のテリトリーに入ってきたものを、口で払いのけようとするのです。その「本能」を利用して釣るのもまた、ブラックバス釣りのおもしろいところなのです。

 

ほかに、反射行動によって口を使わせるというのもあります。ブラックバスの目の前を、あえて素早い動きで通過させる。そのときブラックバスはハッとして、思わず口を使ってしまうのです。

 

このように、ブラックバスに口を使わせる方法はさまざま。そしてそれら状況に対応するために、ルアーはこの世に星の数ほど存在しています。



多種多様なカタチと動きをもつプラグ

小魚を模した「ミノー」

TD MINNOW(Daiwa)
 提供  Daiwa
TD MINNOW(Daiwa)


プラグのなかでもさまざまなカテゴリーがあるので、簡単に紹介していきましょう。

 

ブラックバスがワカサギやアユ、モロコやハス、オイカワなどを捕食しているときにおすすめなのが、「ミノー」と呼ばれるタイプ。これは小魚を忠実に模しているルアーです。ブラックバスがどんな小魚を食べているのかによって、色や長さを使い分けるといいでしょう。



全長13cmの大型ミノー。ブラックバスが比較的大きめのエサを食べているときにおすすめ。霞ヶ浦水系では晩冬から春先の定番。

日本のみならず、海外でも高い評価を得ている定番ミノー。こちらも11cmとやや大きめ。大型のブラックバスは大きなルアーを好む!?

動きで惑わす「クランクベイト」

PEANUT II(Daiwa)
 提供  Daiwa
PEANUT II(Daiwa)


ミノーに比べるとずんぐりむっくりで、ブラックバスが食べているエサとは似ても似つかないものだとお思いの方も多いでしょう。しかしこれがまた、いい仕事をしてくれるのです。ただリールを巻いてくるだけで、リップと呼ばれる板状のプラスチックに水を受け、左右にブリブリと体を振ったり、ずんずん潜っていったりと、さまざまな動きを見せてくれます。このリップの長さや面積、角度によって、潜る水深や動きの質が変わります。



初心者、ベテランを問わず使いやすく、非常に高い評価を得ているアイテム。コストパフォーマンスの高さにも定評があります。

よく飛び、よく潜る、非常に長い歴史のあるルアーでありながら、いまだ愛用している人は多い。最大で5mまで潜ります。

小刻みに震える「シャッド」

STEEZ SHAD(Daiwa)
 提供  Daiwa
STEEZ SHAD(Daiwa)


ミノーとクランクベイトの中間にあるのが「シャッド」です。動きはクランクベイトほどの派手さがないものが一般的で、小刻みに体を震わせながら泳ぐのが最大の特徴。低速から高速まで幅広いスピードに対応するものが多いです。

 

巻くのをやめるとその水深でとどまるサスペンドタイプと呼ばれるものもあり、冬場やから春先にかけての寒いシーズン、ブラックバスがエサを追う気力がない時期におすすめ。



欧州のルアーメーカー、ラパラが生んだ名作。安定感抜群の泳ぎで、ゆっくり巻くだけでOK。シャッドの入門に最適。

速く巻いてもゆっくり巻いても、まるで本物の小魚のような小刻みな動きを見せます。こちらも非常に扱いやすいルアー。

沈めさせてから巻き上げる「バイブレーションプラグ」

T.D.VIBRATION(Daiwa)
 提供  Daiwa
T.D.VIBRATION(Daiwa)


リップレスクランクと呼ばれることもある「バイブレーションプラグ」は、水中で巻き始めるとルアーの頭の部分に水を受けることで体を左右に震わせながら進むルアーのことを指します。

 

ミノーやクランクベイトは水面に投げた後、何もしなければ浮いていますが、バイブレーションプラグは沈んでいきます。したがって投げた後、自分が通したい層まで沈めてからはひたすら巻き続けます。この巻き速度の強弱で、ブラックバスの食い気を誘います。



バイブレーションの名作。サイズや音の質などによって、さまざまなタイプが取り揃えられています。投げて巻くだけで釣れる!!

ルアーのあごの部分に装着されたオモリの効果で、底についても倒れない=根掛かりしないのがうれしい。

水面で誘う「トップウォーター」

STEEZ POPPER(Daiwa)
 提供  Daiwa
STEEZ POPPER(Daiwa)


「トップウォーター」という名のとおり、リールを巻くことによって水面で動きまわり、ブラックバスを食いつかせるルアーです。ひとくくりにしていますが、そのアクションは多岐に分かれています。ここでは「トップウォーター=水面で誘うルアー」であることを覚えておくといいでしょう。

 

ブラックバスがルアーを口にするシーンを目の当たりにできるトップウォーターこそ、ブラックバス釣りの醍醐味といえるでしょう。



竿で糸を動かすことによって、水面でスキーのスラロームを描くようにスイスイと動く。

カップ状の先端が水を押し、しぶきや音を発生する。この音がブラックバスの捕食音に似ており、他のブラックバスの捕食欲をあおる。

水面で激しく音を立てて進むルアー。金属音や水をかき回す音など、さまざまな音でブラックバスの興味を惹き、口を使わせる。

体の内部は中空で、やわらかい樹脂素材で作られている。見た目からフロッグと呼ばれており、ハリが上を向いているので湖底などに引っかかりにくいのが特徴。

使い方は自由自在! さまざまなワーム

NEKO STRAIGHT(Daiwa)
 提供  Daiwa
NEKO STRAIGHT(Daiwa)


ワームもその多くは、ブラックバスのエサを模した形状をしています。エビやザリガニなどの甲殻類から、水面で浮く虫、さらには魚やミミズなど、こちらも非常に多くの種類が存在。それらをエサに見せるのか、縄張りを荒らす侵略者を演出するのかせるか、それとも反射的に口を使わせるかによって使い分けていきましょう。



形状はミミズを模しており、水中ではブルブルと小刻みに震えながら沈みます。オモリを重くすればストンと沈むため、ブラックバスが思わず食ってしまうことも……!?

ブラックバスの大好物である、エビを模したタイプ。こちらは本物のエビのように、沈んでくときや着底直後にハサミやヒゲ、脚などそれぞれ異なる動きをして誘います。

人間の脳では理解できない形状ですが、ブラックバスからはエビやザリガニなどに見えているのかも。体中のあらゆる部位が動いてブラックバスを誘います。

水面に落ちてもがく虫も、ブラックバスの格好のエサ。浮く姿勢だけでなく、カップ状の頭が水しぶきを生み、ブラックバスにその存在を気づかせます。

カーリーテールと呼ばれるしっぽ部分がピロピロと動いて誘う。どんな仕掛け(リグ)とも相性抜群で、必ず持っておきたいワームのひとつ。

いろいろなルアーを試して、自分だけのアソビを満喫!


ここで紹介したのは基本的なルアーばかりで、このほかにもまだまだたくさんのルアーが存在します。

 

さらに、これらルアーを使うために必要なリールとロッド(竿)があります。大きく分けるとベイトキャスティングリールと、スピニングリールがあり、それぞれに専用のロッドに装着します。リールやロッドの違いでも、釣り方や狙うサイズなど変わってくるのでいろいろ試すおもしろさは際限がありません。


さまざま試しながら、ブラックバス釣りを楽しみましょう。




===

文:魚住海人(Kaito Uozumi)

写真:stock.adobe.com



■注記

ブラックバスのキャッチアンドリリースについて、条例・漁業調整規則等で禁止をしている自治体が多数あります。ブラックバス釣りするエリアの規則に従って楽しみましょう。



釣り
釣り
2018年7月6日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング