初めての”山小屋泊”登山に出かけます!(後編)
登山
【“いつか”を叶えようキャンペーン・体験レポート】︎

初めての”山小屋泊”登山に出かけます!(後編)

“いつか”だらけの人生とオサラバする! を合言葉に、抽選で読者の方に最高の趣味体験をしていただく「いつかキャンペーン」。そのクライマックスとも言える山小屋泊登山デビューは2日目の朝を迎えます。

白馬大池山荘のスタッフの皆さんと!
 出典  Funmee!!編集部
白馬大池山荘のスタッフの皆さんと!

ここでしか見れない景色だらけ!

「今日の出発は朝の4時です。どうしても重田さんに見てもらいたいものがあるので……」とガイドの渡辺佐智さんがしたり顔で伝えてくれました。


当選者である神奈川県にお住まいの重田優美子さんも、2日目となって、端から見ていても、山登りに自信が出てきたようにも見えて、初の山小屋泊を堪能したからか、とても充実した表情です。

これが渡辺さんが見せたかった山道からの日の出です
 出典  Funmee!!編集部
これが渡辺さんが見せたかった山道からの日の出です

「小蓮華山に行く途中の山道から眺める朝焼けが、本当にきれいなんです。だから日の出前に山荘を出たかったんですよ」


結果、とてつもない朝焼けを拝めることに! あまりの美しさに、予定よりもそこで時間を使ってしまったほどでした。

日の出を眺めて、全員ウットリ!?<br />
 出典  Funmee!!編集部
日の出を眺めて、全員ウットリ!?
山の稜線を歩いていきます
 出典  Funmee!!編集部
山の稜線を歩いていきます
眼下にはこんな風景が!
 出典  Funmee!!編集部
眼下にはこんな風景が!

ここからは稜線を歩きます。左右に山々が広がり、まさにここまでこなければ見ることのできない景色に心が踊ります。

こうして全員無事に小蓮華岳頂上に! 重田さんも余裕そう。



小蓮華山山頂ではいチーズ!
 出典  Funmee!!編集部
小蓮華山山頂ではいチーズ!

2,768mの小蓮華山の山頂をピークハントして、再び山荘経由で麓に下ります。


山荘から小蓮華山までは約2時間。そして山荘からロープウェイの駅まで4時間。コースタイムはトータル約6時間の行程です。本格登山は初めてだった重田さん、下りにはちょっと苦労しつつも無事下山。こうして山小屋泊登山を見事にコンプリート。






山道の脇に生える植物の説明を聞けたのも、楽しみの一つですね
 出典  Funmee!!編集部
山道の脇に生える植物の説明を聞けたのも、楽しみの一つですね

小蓮華山周辺の稜線

 出典  Funmee!!編集部


「本当に楽しかった。景色も朝日も星空も素晴らしかったけれど、山小屋に泊まれた経験が何よりでした」と重田さん。


天候にも恵まれ、最高の“いつか”体験を堪能していただきました!



山小屋泊やテント泊といった山の上で“お泊まり”する経験は、登山の楽しみの幅をぐっと広げてくれるもの。気負わず自分のペースでお泊まりするための知恵を、モデルでフィールドナビケーターの仲川希良さんに教えてもらい、たくさんのカラー写真とともに紹介しています。この一冊とともに、日帰りハイキングから一歩踏み出してみませんか。


===

写真:樋口勇一郎(Yuichiro Higuchi)

文:ジャック・タカハシ(Jack Taskahashi)

取材協力:白馬大池山荘



キャンプ
登山
2018年9月4日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング