自動車
#24 フォルクスワーゲン・ゴルフカントリー(歴史&スペック編)
【趣味人ジドウシャ部】︎

#24 フォルクスワーゲン・ゴルフカントリー(歴史&スペック編)


クルマの新旧や機能だけでなく、趣味性の高いクルマ、さまざまな趣味への汎用性が高いクルマを紹介するこの連載。

 

今回紹介するのは、フォルクスワーゲン・ゴルフの派生モデル、カントリーを紹介します。



時代を先取りしたクロカン四駆


フォルクスワーゲンはドイツの大衆車を生産する世界的にも巨大な自動車メーカーです。世界的ヒットを記録したビートルの後継モデルとして1974年に登場したゴルフは、現在7代目モデルが生産され、その総生産台数は先代のビートルを上回りいまも記録を更新し続けています。

 

そんな2代目ゴルフの派生モデルとして1990年に登場したのが、リフトアップした異色の出立ちが特徴的な『カントリー』と呼ばれる四輪駆動モデルです。

 


全長は4,255mm、全高1,555mmで通常のゴルフよりかなり車高が高いことが判ります
 出典  Funmee!!編集部
全長は4,255mm、全高1,555mmで通常のゴルフよりかなり車高が高いことが判ります


フロア下にサブフレームを持ち、車高を大幅にアップしたカントリーは、最低地上高約20cmを確保した本格的なクロスカントリー四輪駆動として1990年に登場しました。生産台数は7,735台で、日本にもヤナセを通じて1991年に110台が輸入されました。



車幅は1,705mmで通常モデルとほとんど変わりませんが3ナンバーとなります
 出典  Funmee!!編集部
車幅は1,705mmで通常モデルとほとんど変わりませんが3ナンバーとなります


ボディシェル自体は通常のゴルフとほとんど変わりませんが、フロントに大型バンパーを、リアにも背面タイヤキャリアを装着しています。またドライブシャフトが通るため、センタートンネルが大きくなり、リアデフを収めるためにラゲッジスペースも若干浅くなっているのが特徴です。




フロア下に強固なサブフレームによる補強が入ります
 出典  Funmee!!編集部
フロア下に強固なサブフレームによる補強が入ります

 


ルーツは派生モデル『シンクロ』


カントリーのベースとなったのは、1987年にデビューしたフルタイム四駆の『シンクロ』と呼ばれるモデルで、ビスカスカップリング式フルタイム式四輪駆動は、当時量産車としては初のモデルとなりました。車高や外観は通常のゴルフとほとんど変わらず、フロントグリルのエンブレム以外、外観から判別するのは困難です。



通常のゴルフを四輪駆動化したゴルフシンクロがカントリーの祖先です
 提供  VOLKSWAGEN AG
通常のゴルフを四輪駆動化したゴルフシンクロがカントリーの祖先です


そんなシンクロから派生したモデルは2種類あります。1台はラリーに参戦すべくスーパーチャージャーつき1.8ℓエンジンを搭載し、ホモロゲーション取得のために1989年に5,000台が生産された『ラリー』。そしてもう1台が今回紹介する『カントリー』なのです。



カントリーとは兄弟ともいえるラリーゴルフ
 提供  VOLKSWAGEN AG
カントリーとは兄弟ともいえるラリーゴルフ


こうしてFFホットハッチの代名詞ともいえるゴルフに四輪駆動モデルが立て続けに登場しますが、ラリー、カントリーともに数年で生産を終了。四輪駆動モデルは消滅してしまいます。ところがその後、4モーションという名前で四輪駆動モデルが登場したり、ゴルフRシリーズというフルタイム四輪駆動のハイパワーバージョンが登場することになるのです。これらは間違いなくラリーやカントリーで培ったノウハウが時を経て花開いた結果といえるでしょう。

 

ゴルフ2も30年近くが経過しています。ましてこういったレアな派生モデルはしっかりと整備された個体を探すことが重要となります。そのことを考えれば、専門店で購入するのが賢明と言えます



VWゴルフ2の専門店スピニングガレージの広い敷地内には、見渡す限りゴルフ2が並んでいます
 出典  Funmee!!編集部
VWゴルフ2の専門店スピニングガレージの広い敷地内には、見渡す限りゴルフ2が並んでいます

フォルクスワーゲン ゴルフカントリーの魅力をダイキャストミニカーとして手元に置いてみてはいかが? 「マッチボックス」は1950年代より続く老舗ブランドです。


■取材協力

スピニングガレージ

 

数あるフォルクスワーゲンのなかでもゴルフ2に特化した珍しい専門店。広大な敷地に常時約100台のゴルフ2を在庫しているほか、ファクトリーも併設。もちろん派生モデルやレアモデルも得意。

 

神奈川県相模原市緑区長竹2748-1

TEL:042-780-8198

営業時間:9:00〜18:00

休み:水曜、木曜

 

 

===

文&写真:勝村大輔(Daisuke Katsumura)



自動車
自動車
2018年4月3日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング