【「いつか」を叶えたシュミジン図鑑】#10 フルート×鳥居丈裕さん


趣味は、

人生のスパイスとなるオタノシミ。

それは「いつか」叶える夢じゃない。

ちょっとしたエイヤっ! で

そんな「いつか」を「夢中」に変えた

シュミジンをご紹介していきます。




医療系出版社で働く鳥居丈裕さんは、少人数でのミニライブからオーケストラでの演奏会まで、大小さまざまな場でフルートを奏でています。

 

「演奏のための練習が大切」と言い、平日夜は自宅で、週末は仲間とスタジオで練習に励んでいて、土日に休めることで職場を決めたほどフルートにハマっているのだとか。

 

「母が厳格なピアノの先生だったので、ピアノ以外の楽器を習いたくて(笑)。それでフルートと出会いました」。

 

いまでは、練習を重ね、演奏する楽しさはもちろん、演じた後に仲間が集まり打ち上げすることも面白いと言います。「音楽は男女分け隔てなく大人数で楽しめるので、楽団内での結婚なんて話も多いですよ(笑)」



3代目になる愛用のフルートは、米国「W.S.Haynes」の総銀製ハンドメイドモデル。かなり重量のある楽器で体力が必要だけど、音量と音色の幅が広いところが魅力です

3代目になる愛用のフルートは、米国「W.S.Haynes」の総銀製ハンドメイドモデル。かなり重量のある楽器で体力が必要だけど、音量と音色の幅が広いところが魅力です

 出典  Funmee!!編集部

 


===

文:山田裕子(Yuko Yamada)

写真:斉藤純平(Jumpei Saito)



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP