キャンプ
HASEさんと仲間@ふもとっぱら
【ワタシのキャンプ・ギア自慢!】︎

HASEさんと仲間@ふもとっぱら


こだわりのギアをコーディネートして楽しむキャンプマスターたちをキャッチ!


ブランドやカラーリングにこだわるキャンパーは多くいます。

しかし、キャンプにテーマを持たせるのも面白い、そう教えてくれたのが愛知県で養豚業を営みながら、休暇には仲間とキャンプを楽しむHASEさん。彼が大切にするテーマ、それは「アメリカンヴィンテージ」。見慣れたはずの「Coleman(コールマン)」も新鮮に映る独自のキャンプスタイルをここにご紹介!


カスタマイズしたColeman(コールマン)グッズ



「キャンプ場ではコールマンを見ない日はないですよね。でも、ぼくの好きなアメリカンビンテージの世界観にも、コールマンがぴったり合っているんですが、せっかくならヴィンテージものか、新品でもカスタマイズしてテーマに合わせてしまえ! って始めたんです」




新旧のコールマンが同じ雰囲気を放つのはカスタマイズがゆえ
 出典  Funmee!!編集部
新旧のコールマンが同じ雰囲気を放つのはカスタマイズがゆえ


ウォータージャグや赤いランタンはビンテージの「Coleman(コールマン)」。一方、オフホワイトのランタンは2014年のシーズンランタンで、クーラーボックスは現行のもの。こうした時代の異なるコールマンギアが違和感なく調和するのは、ピンストライプなど手書きのカスタマイズが施されているから。



フレームさえもカスタマイズしたこだわりのチェア
 出典  Funmee!!編集部
フレームさえもカスタマイズしたこだわりのチェア


さらに注目したのが、コールマンのフォールディングチェアのカスタマイズ。これも定番中の定番といえるチェアは、一度分解したうえで、フレームをブラックに塗装し、クロスを張り替え、ブランドタグを貼り直したもの。ここまでのこだわりは「キャンプ場で他人と差別化したいから」とはHASEさんの弁。



「Fire-King(ファイヤーキング)」のミルクガラス

ヴァンズやコカコーラ、ディズニーなどアメリカを象徴するモチーフを揃えています
 出典  Funmee!!編集部
ヴァンズやコカコーラ、ディズニーなどアメリカを象徴するモチーフを揃えています


こだわりは食器にも見られます。グラスはアメリカンビンテージの象徴のひとつともいえる「ミルクガラス」をセレクト。キャンプ場では珍しいかもしれませんが、HASEさんが提唱するアメリカンビンテージの世界観には、これ以上の選択はありません。


「Kirkham's(カーカムス)」のテント

 出典  Funmee!!編集部


アメリカンビンテージをテーマとするHASEさんが、これぞ、と選んだのはKirkham's(カーカムス)のテントです。淡いブルーの外観は、テーマにもフィットし、キャンプ場ではむしろ目立つカラーリング。1960年初頭からアメリカのユタ州ソルトレイクシティで家族経営を続けるブランドをセレクトするあたり、やはりこだわりと審美眼はダテではありません。


休暇には仲間とキャンプを楽しむHASEさんです
 出典  Funmee!!編集部
休暇には仲間とキャンプを楽しむHASEさんです

HASEさんの好きなアメリカンビンテージの世界観にぴったりというコールマン。ガソリンタイプのようにみえるヴィンテージなルッキングながら、マントルがLEDになっているという機能モノ。

===

文:諸橋 宏(Hiroshi Morohashi)

写真:澤田聖司(Seiji Sawada)

キャンプ
キャンプ
2018年8月2日
Funmee!!ライター
Funmee!!ライター

RANKING

ランキング