トレラン用シューズとバッグ、いま売れているのはコレだった!
アウトドア
【オトナの夏アウトドア】︎

トレラン用シューズとバッグ、いま売れているのはコレだった!


トレイルランニングを始めるにあたって、最初に揃えるべきアイテムが専用のシューズです。そしてもうひとつ重要なのが、レインウエアや行動食などを携行するための専用のバックパック。ともに各ブランドから多くのモデルがリリースされていますが、自分がどれを選ぶべきかわからない人が多いはず。


そこで、ギアに精通したトレイルランテストセンターの加藤淳一さんに、賢い選び方とおすすめのアイテムをそれぞれ教えていただきました。



トレランアイテムの要はシューズ&バックパック選び!

 提供  加藤淳一さん

最重要アイテムのシューズはトップモデルを選べ


「トレイルランニングに必要なギアのなかで、快適性や安全性を一番左右するのがシューズです。選ぶ際にまず注目してほしいのが、シューズの足型が自分の足に合うかどうか。同じブランドのモデルでも、幅広の足に合うモデルと幅狭の足に合うモデルがあります。できるだけ実際に足を入れて、ヒモを縛った状態で歩いてみて、自分の足に合うかを確めてから購入してほしいですね。」

 



濡れた路面でもグリップ力を発揮する素材を使っていたり、突起部分が泥はけのよいデザインになっていたりと、街用のシューズのアウトソールとは大きく異なります
 提供  加藤淳一さん
濡れた路面でもグリップ力を発揮する素材を使っていたり、突起部分が泥はけのよいデザインになっていたりと、街用のシューズのアウトソールとは大きく異なります


「トレイルランニングでは、土、岩、コケ、木の根、砂、溶岩などさまざまな道を走ります。ですから、グリップ力や衝撃吸収力も大事なポイント。耐久性や通気性など、ほかにもトレイルランナーにとって重要な機能はいくつかありますが、とにかく、自分がどのように走るかによって必要な機能性を備えた一足を選びましょう。


そして一足ですべてをまかなおうとせず、走る場所や長さによって何足かを使い分けるのが、トレイルランニング上達への近道です。


ちなみに、初心者ほどトップモデルから手に入れることをおすすめします。全体的に機能性が高く、悪天候のときでも走りをしっかりサポートしてくれますよ。」



トレラン用バックパック選びの要は「フィッティング」

最近の主流は、加藤さんが背負っているこのベスト型のタイプ。「背負う」というよりも「着る」感覚に近い。Tシャツを選ぶように、体にフィットするモデルを選ぼう
 提供  加藤淳一さん
最近の主流は、加藤さんが背負っているこのベスト型のタイプ。「背負う」というよりも「着る」感覚に近い。Tシャツを選ぶように、体にフィットするモデルを選ぼう


「バックパック選びで重要になってくるのも、シューズと同様に「フィッティング」です。実際に走ってみるとわかると思いますが、バックパックの揺れが大きいほど、体への負担やストレスが大きくなります。長距離であればなおのこと。


トレイルランニング専用のバックパックには細かくサイズ展開が用意されているものもあるので、購入前に試着して、自分の体形に合うものを選ぶようにしましょう。またベルトタイプのバッグをひとつ持っていると、サブバッグとしても使えたりしてかなり便利ですよ。」(以上 加藤淳一さん)



専門家お墨付き! シューズ&バックパック20選

テクニカ「INFERNO X-LITE 3.0」

 提供  テクニカ


濡れた路面で強力なグリップ力を誇る、ヴィブラム社「メガグリップ」を採用した堅牢なモデル。アウトソールは厚めで硬く、カカトも甲の部分もホールド感のある足入れ感が特徴です。地面の凹凸を捉えて推進力にできるため、さまざまなトレイルで頼りになるオールラウンダーです。




テクニカ「INFERNO X-LITE 3.0

サイズ:UK6〜UK12.5

重量:290g



サロモン「SENSE RIDE」

 提供  サロモン


クッション性とフィット感に優れた、すべての初心者におすすめしたいモデル。足を正しい位置にホールドし、しっかりと包み込んで反発力を向上させるインナーフィットスリーブを採用しています。走行中に生じる疲労やケガの原因となる微振動を吸収するバイブテクノロジーを採用し、スムーズで疲れにくい走りをサポートしてくれます。




サロモン「SENSE RIDE

サイズ:25~28.5㎝

重量:275g



ホカオネオネ「SPEEDGOAT 2」

 提供  ホカオネオネ


100マイルレースの記録保持者カール・メルツァーにインスパイアされて作られた、優れたグリップ力とクッション性を誇る「SPEEDGOAT」の最新モデル「SPEEDGOAT 2」。ヴィブラム社製のアウトソールを採用し、フィット感、安定性、耐久性に優れています。




ホカオネオネ「SPEEDGOAT 2

サイズ:25~30㎝

重量:278g(27㎝)



ホカオネオネ「TORRENT」

 提供  ホカオネオネ


HOKA ONE ONEトレイルアスリートとのコラボレーションで生まれた、スピードモデル。「PROFLY™️」のミッドソールを採用することで、ソフトな着地と前足部の反発性を提供。また通気性もよく軽量なので、トレイルレースで重宝すること間違いなしの一足です。




ホカオネオネ「TORRENT

サイズ:25~30㎝

重量:254g



ホカオネオネ「CHALLENGER ATR4」

 提供  HOKA ONE ONE


爪先のガードが大きめに設計されているなどアッパーの耐久性が高く、トレイルや濡れた路面でもグリップ力が発揮できるようにアウトソールの前足部には幅広いラグが採用されています。あらゆる路面に適応する、100マイラーのための勝負シューズ。




ホカオネオネ「CHALLENGER ATR4

サイズ:25~30㎝

重量:254g(27㎝)


イノヴェイト「TRAILROC 270」

 提供  イノヴェイト


岩場をスピーディに駆けることに適した「TRAILROC」の最新モデル。ドロップが4㎜と薄く、走りの自由度が効くうえ、アウトソールにはより粘りのあるラバーを採用しているためにグリップ力があります。プレートの搭載による足裏の突き上げが軽減もポイント。




イノヴェイト「TRAILROC 270

サイズ:25〜30㎝

重量:270g



イノヴェイト「TERRAULTRA G 260」

 提供  イノヴェイト


今年7月に発売を開始し、はやくも人気沸騰の新作。鉄の200倍の強度を持ちながらしなやさかと軽量性を併せ持つ新素材「グラフェン」をアウトソールに搭載しています。アッパーの一部には堅牢なケブラー素材を採用するなど、最新機能が満載の長距離用モデルです。




イノヴェイト「TERRAULTRA G 260

サイズ:25〜28.5㎝

重量:260g



スポルティバ「MUTANT」

 提供  スポルティバ


多用途で使えるマウンテンランニングシューズ。100マイルレースのような超長距離にも適し、ストレスのない軽快な走りが続けられます。衝撃吸収性、グリップ性に優れ、テクニカルな悪路にも対応。すべてのレベルのランナーを力強く支えてくれます。




スポルティバ「MUTANT

サイズ:EU38〜47

重量:約320g



スポルティバ「AKASHA」

 提供  スポルティバ


トランスジャパンアルプスレース連覇の望月将悟選手愛用モデル。各機能がバランスよく搭載されておりどのコンディションにも対応できるので、選手からの信頼度は高い。足幅がやや広めなのも人気の理由です。




スポルティバ「AKASHA

サイズ:EU38〜47

重量:約330g



サロモン「S-LAB SENSE6」

 提供  サロモン


サロモンがトップアスリートと共同開発した「S-LAB」シリーズのなかでも最高峰のモデル。世界的トレイルランナー、キリアン・ジョルネがレースで勝つために必要な機能を搭載した一足で、軽量性を確保しながら、アッパーとアウトソールには十分な耐久性が備えられています。




サロモン「S-LAB SENSE6

サイズ:23~28.5㎝

重量:220g



サロモン「S-LAB SENSE6 SG」

 提供  サロモン


「S-LAB SENSE6」と同様、素足感覚に近い走りを体感できるモデル。「S-LAB SENSE6」よりもさらに耐久性が高められ、富士山の溶岩地帯など、ゴツゴツした路面でも快適に走行できます。ぬかるみや濡れた岩など、ウェットで柔らかなコンディションにも対応可能です。




サロモン「S-LAB SENSE6 SG

サイズ:23~28.5㎝

重量:225g



サロモン「S-LAB SENSE ULTRA 5 SET」

 提供  サロモン


サロモンのハイエンドシリーズ「S-LAB」のベスト型モデル。生地に伸縮性があるため装着していることを忘れるほどのフィット感があり、ほとんどストレスを感じずに走行できます。装着したままポケットにアクセスできる点も魅力。容量が2ℓと8ℓのモデルも展開しています。




サロモン「S-LAB SENSE ULTRA 5SET

サイズ:XS,S,M,L,XL

容量:5ℓ

重量:123g



サロモン「AGILE 6 SET」

 提供  サロモン


トレイルランニングだけでなくハイキングや他アクティビティでも使える汎用性の高さが特徴。生地はストレッチ性に優れていて、装着したままで物の出し入れをスムーズに行えます。手頃な価格もエントリーに人気の秘訣。容量はこの6ℓと12ℓの2種類。




サロモン「AGILE 6 SET

サイズ:フリー

容量:6ℓ

重量:297g



イノヴェイト「RACE ELITE VEST 10」

 提供  イノヴェイト


レインウエアなどの出し入れに便利なセンタージップが施されたベスト型のバックパック。上下2本あるチェストストラップと、両サイドに施されたドローコードで、確かなフィット感を実現しています。ロゴが大きくプリントされたデザインは、イノヴェイトファンにはたまりません。500mlのボトル2本付き。




イノヴェイト「RACE ELITE VEST 10

サイズ:フリー

容量:10ℓ

重量:365g



マウンテンハードウェア「Singletrack Race Vestpack」

 提供  マウンテンハードウェア


「ベストパック」という名の通り、ベストに大小のポケットを備えた構造のバックパックです。体に触れる部分には熱を逃がしやすいメッシュ素材、その他の生地にはストレッチ素材を採用し、伸縮性と通気性を両立。ボトルポケットの内側にジェル用スリーブを備えるなど、ランナーの使い勝手を考慮したオールマイティなモデルに仕上がっています。





マウンテンハードウェア「Singletrack Race Vestpack

サイズ:S/M、M/L

容量:5ℓ(S/M)

重量:258g(S/M)



ネイサン「Vapor Air7L」

 提供  ネイサン


ファンランからレースまで、あらゆるシーンに対応できるモデル。タフな化繊素材が使用され、重いものを入れても型崩れしにくいタフな生地で作られ、背面に備えたドローコードはレインウエアなどを収納するのに便利です。伸縮性のあるフロントストラップをスライダーで上下に調整できるのもうれしい。




ネイサン「VaporAir 7L

サイズ:XS(76~89㎝)、S/M(84~99cm)、L/XL(94~112㎝)

容量:7ℓ

重量:397g



パーゴワークス「RUSH 7」

 提供  パーゴワークス


日本のブランド「PAAGO WORKS(パーゴワークス)」が、全国のトレイルランナーの意見を取り入れて開発したモデル。マチのないデザインに関わらず、ストレッチ素材を使うことで収納性とフィット感の両立を実現しました。

厚みのある背面パッドも特徴的です。容量が12ℓのモデルもあり、それぞれ女性用サイズも展開。




パーゴワークス「RUSH 7

サイズ:フリー

容量:7ℓ

重量:330g



サロモン「SENSIBELT」

 提供  サロモン


ペットボトル1本を収納可能な、ウェストベルトタイプのバッグ。ベルト部分に伸縮性の高い素材を使用し、快適なフィット感を確保。メインとなるバックパックの+αとして使うと便利。




サロモン「SENSIBELT

サイズ:フリー

重量:132g



モンチュラ「TRAIL FUNCTION BELT」

 提供  MONTURA


超軽量なメッシュ素材を使用したランニングベルト。裏地に速乾性のある素材を使用し、快適な着け心地です。ちょっとした小物の収納に便利な伸縮性のある大小のポケットや視認性を高める光反射パッチが施されています。




モンチュラ「TRAIL FUNCTION BELT

サイズ:フリー

重量:40g




■監修

加藤淳一さん



 出典  Funmee!!編集部


トレイルランテストセンター代表。1979年山梨県生まれ。幼少期から陸上に親しみ、2007年頃よりトレイルランの世界へ。ハセツネ30kmの優勝をはじめ、数多くの大会で入賞する好成績を残しています。2013年、さまざまなギアをフィールドで試してから購入できる専門店トレイルランテストセンターを富士山の麓で開業。



 出典  Funmee!!編集部


山梨県富士吉田市上吉田2310

TEL:080-6544-6150

営業時間:10:00~17:30(3:00~10:00、17:30~21:00は事前の電話にて対応)

休み:火曜日、不定休(レース等による)




===

文:松元麻希(Maki Matsumoto)

メインカット:Adobe Stock



アウトドア
アウトドア
2018年8月13日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング