動画のクオリティが劇的に変わる!最新スタビライザーカタログ2018
カメラ

動画のクオリティが劇的に変わる!最新スタビライザーカタログ2018


Go Proなどのアクションカメラの登場によって、さらに身近になった動画撮影。最近ではスマホの動画機能だって、ナカナカのもの。


ですが、実際撮影してみると、ガタガタ・プルプル震えた手ブレばかりが目立ってしまう……。


そこで最近話題なのが、“スタビライザー”。手ブレ知らずでプロのような動画に仕上がると評判なこのアイテムの、オススメ機種を紹介します!

 


滑らかな動画の必需品。フレーミングにも集中できる!

DJI「OSMO Mobile 2」は、さまざまなサイズのスマホに対応するスタビライザー
 提供 DJI JAPAN
DJI「OSMO Mobile 2」は、さまざまなサイズのスマホに対応するスタビライザー


スタビラーザーは、セットしたカメラを左右や上下に動かしても水平を保つ機能が備わっており、移動しながらでもスムーズに撮影できます。つまり、これを使うことで、手ブレを抑えられるだけでなく、動く被写体を追いながら、滑らかな映像に仕上げられるのです。



オススメは電動式スタビライザー

デジタル一眼レフカメラをセットした電動式スタビライザーFEIYU TECH「α1000」
 提供 GROW Corporation
デジタル一眼レフカメラをセットした電動式スタビライザーFEIYU TECH「α1000」


スタビライザーには、やじろべえの原理を使う「機械式」と、小型モーターや加速度センサーなどを搭載して水平を保つ「電動式」の2種があります。

 

機械式なら価格が安く、バッテリーが必要ない。電動式は手ブレを相当軽減できて軽いなど、それぞれメリットに違いはありますが、いま手に入れるなら電動式がよいでしょう。



FEIYU TECH「α1000」。スマホやアクションカメラ、コンデジから、デジタル一眼まで幅広いカメラへ対応する電動式スタビライザー
 提供 GROW Corporation
FEIYU TECH「α1000」。スマホやアクションカメラ、コンデジから、デジタル一眼まで幅広いカメラへ対応する電動式スタビライザー


「ジンバル」と呼ばれることも多い電動式スタビライザー。その多くは縦・横・水平の3つの回転軸に対応するモーターを備え、それぞれが働くことでカメラの水平を保つ仕組みです。

 

電動式スタビライザーにカメラをセットし、3つの回転軸の調整をしたのち、電源を入れると、モーターと加速度センサーの働きによってカメラの前後や左右方向の回転はできるけど、水平は保たれるようになります。



サンコー「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」。パン(水平・左右)、チルト(垂直・上下)、ロール(回転)の手ブレを電子制御でコントロール
 提供 サンコー
サンコー「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」。パン(水平・左右)、チルト(垂直・上下)、ロール(回転)の手ブレを電子制御でコントロール


モード設定によって、チルト方向(垂直・上下方向)の基準を真正面から上向きや下向きへ変更できる機能もあります。つまり、低い位置から見上げるような角度で固定しながら、大迫力のなめらかな動画も撮ることができるわけです。



GoProのために設計されたGoPro「Karma Grip」

GoPro「Karma Grip (Ver2.0)」。純正アクセサリーならではの安定性を持っています
 提供 タジマモーターコーポレーション
GoPro「Karma Grip (Ver2.0)」。純正アクセサリーならではの安定性を持っています


アクションカメラGoProを入手したら、併せて手に入れたいのが「Karma Grip」。2017年9月に発売された「HERO6 Black」や、「HERO5 Black」に最適化された電動式スタビライザーです(別売りのハーネスを使えば「HERO4」でも使用可能)。



さまざまなアクティビティシーンでスムーズな動画を撮影できます
 提供 タジマモーターコーポレーション
さまざまなアクティビティシーンでスムーズな動画を撮影できます


この製品は、ハンドルを握って撮影できるだけでなく、スタビライザー部分とハンドル部分を分離させ、多彩なアダプター類を使ってボディマウントすることもできます。



・驚きの滑らかさ、プロ品質の手ぶれフリーのビデオが誰でも簡単に。 ハイキングやサイクリング、公園での子供達との追いかけっこまで、驚きの安定度でシネマ品質のビデオを楽しもう。

・握る。装着する。使い方は自由自在。Karma Gripは、プロ品質の安定化機能を新たに搭載し、ハンドヘルド やボディマウントでも、GoProならではの美しい映像を収めることができます。

・HERO5 BlackとHERO4 Black & Silverに対応。HERO4シリーズで使用する際にはKarmaハーネス(別売)が必要です。(カメラ別売)。

スマホでなめらかな動画を撮れるスタビライザー3機種

Zhiyun tech「Smooth Q」

Zhiyun tech「Smooth Q」。縦向き、横向きの2方向で取り付けられる。約440gと軽量なことも魅力のひとつ
 提供 Zhiyun JAPAN
Zhiyun tech「Smooth Q」。縦向き、横向きの2方向で取り付けられる。約440gと軽量なことも魅力のひとつ


スマホ用スタビライザーとして設計され、簡単なセッティングを済ませばスムーズな動画を撮影できます。18,000円前後で購入でき、必要な機能は備えているので、十分楽しめる機体です。2018年4月下旬に日本国内で発売予定の次世代機「Smooth 4」にも大きな期待が持たれていますが、いますぐ使いたい方には「Smooth Q」も十分、魅力的な一台と言えるでしょう。



ブランド ZHIYUN

カラー 黒

サイズ Black Smooth Q

電池付属 いいえ

商品重量 1.09 Kg

梱包サイズ 37.9 x 16.3 x 7.7 cm

DJI「OSMO Mobile 2」

DJI「OSMO Mobile 2」。バッテリー駆動時間は最大15時間。スマホを充電しながら撮ることもでき、旅先で安心して撮影に臨めます
 提供 DJI JAPAN
DJI「OSMO Mobile 2」。バッテリー駆動時間は最大15時間。スマホを充電しながら撮ることもでき、旅先で安心して撮影に臨めます


ドローンで業界トップクラスの活躍を続けるDJIがその経験や技術を盛り込んだスタビライザー。

 

被写体を自動で追う「アクティブトラック」や、コマ送りで長時間撮影できる「タイムラプス」といった機能も搭載しています。本体に搭載されたズームスライダーを用いてスムーズなズームができるほか、スロー撮影機能もあり、多彩な撮影で自分だけの世界観を作り込めます。



・アクティブトラック機能で被写体の動きを自動追尾

・簡単操作でモーション・タイムラプス動画を撮影可能

・三脚なしでも可能な長時間露光の撮影

・パノラマ撮影機能搭載

FEIYU TECH「SPG plus」

FEIYU TECH「SPG plus」。両手でハンドルを握って撮影するので、フレーミングに集中して絵作りできます
 提供 GROW Corporation
FEIYU TECH「SPG plus」。両手でハンドルを握って撮影するので、フレーミングに集中して絵作りできます


スマホを使ってさらにじっくりと撮影を楽しみたい方には、FEIYU TECH「SPG plus」がオススメ。2本のハンドルを両手で握ることでさらに安定して撮影できるほか、床置きでのローアングル撮影にも簡単に対応できます。

 

1/4インチネジ穴が5つあり、ライトやマイク、三脚といったオプションを取り付けられることも魅力のひとつです。



・カラー ブラック

・電池付属 いいえ

・梱包サイズ 9 x 25 x 8 cm

コンデジやデジタル一眼レフで使えるスタビライザー3機種

サンコー「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」

サンコー「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」
 提供 サンコー
サンコー「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」


さまざまな企画商品を販売する日本ブランド・サンコーによる電動式スタビライザー。Sony αシリーズやOLYMPUS OM-Dシリーズなど、900gまでのカメラを搭載できます。また、カメラの追従を4つのモードから選べるので、イメージ通りに動かすことも可能です。

 

さらに、東京都秋葉原にふたつあるサンコー直営店舗で実機に触れることや、国内ブランドならではのサポート体制も整っているので、安心して使えます。



Zhiyun tech「Crane 2」

Zhiyun tech「Crane 2」。モータートルクを50%向上させ、大きなカメラも搭載できるように
 提供 Zhiyun JAPAN
Zhiyun tech「Crane 2」。モータートルクを50%向上させ、大きなカメラも搭載できるように


動画撮影でレンズ交換式デジタルカメラの豊富なレンズ群を活かしたいときに活用できるのがZhiyun tech「Crane 2」。最大3.2kgまで搭載できるため、ミラーレスやデジタル一眼などを載せることも可能です。

 

なお、キヤノン5D mark4やキヤノンEOS-1D Xといった機種ではダイヤルフォーカス機能にも対応しており、ハンドルのダイヤルを回すことでピントの位置を変更できます。



FEIYU TECH「α1000」

FEIYU TECH「α1000」。ハンドル部分は取り外せて、片手持ちと両手持ちを切り替えられ、いろいろな使い方に対応できます
 提供 GROW Corporation
FEIYU TECH「α1000」。ハンドル部分は取り外せて、片手持ちと両手持ちを切り替えられ、いろいろな使い方に対応できます


デジタル一眼レフやミラーレス一眼といった、ある程度重量のあるカメラを長時間撮影し続けることは意外と大変なものです。そこで、片手と両手のふたつの持ち手を切り替えられるFEIYU TECH「α1000」があれば、状況に応じてハンドルを使い分けながら撮影できます。

 

「α1000」は1,000gまでのカメラを搭載できますが、2,000gまで搭載できる「α2000」もラインナップしています。価格に差があるのでどんな機材で撮影したいかで選んでみては。



カメラ


===

文:住吉大助(Daisuke Sumiyoshi)



2018年3月26日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング