マリンライフ
【いつか、夫婦でボート免許】ボート体験会でキャプテンになってみた!

【いつか、夫婦でボート免許】ボート体験会でキャプテンになってみた!


大海原を、自分の操縦する船で自由に走り回るマリンライフに憧れる……。Funmee!!の「いつかキャンペーン」で、ボート免許取得企画に申し込んでくれたご夫妻が、ついにボートにチャレンジしました!


快晴&微風と絶好のクルージング日和にして、おりしも横浜開港祭当日というラッキーな偶然にも恵まれた、去る6月2日。横浜ベイサイドマリーナのヤマハボート横浜店にて開催された体験会の模様をレポートいたします。


「“いつか”を叶えようキャンペーン・体験レポート」の連載一覧はこちら



体験しなくちゃわからない! 大海原へ繰り出そう


穏やかな波に澄み切った青空という絶好のコンディションで開催されたボート試乗体験。

今回乗船するヤマハのプレジャーボート「爽海号」は、23フィートの8人乗りモデルです。



いまやボートもシェアの時代。こちらのボートもヤマハの「Sea-Style/シースタイル」に入会すれば借りられるように。しかも、月会費3,240円!
 出典  Funmee!!編集部
いまやボートもシェアの時代。こちらのボートもヤマハの「Sea-Style/シースタイル」に入会すれば借りられるように。しかも、月会費3,240円!


そもそもヤマハのボート体験会、ボート免許(小型船舶操縦士)の取得ノウハウを知るだけではありません。憧れのボートで海に出て、実際にボート運転も体験できるという、ぐっと夢に近づく充実の内容です。


もちろんボートは免許取得後にヤマハの「Sea-Style/シースタイル」に入会すれば、実際に借りることができるクラブ艇。


GPS魚群探査機やトイレなど装備も充実で、こんなリッチなボートのキャプテンになれるんだ!と思うと、免許取得後のマリンライフに、ぐっと実感がわきます。



ボート免許は、クルマやバイクよりずっとカンタン


この日ご参加いただいた阿部夫妻は、なんとおふたりとも休日にサーキットを攻めるほどのクルマ好き。


旦那さんの趣味に引っ張られるかたちで、お次はバイクの大型免許を奥様に促したものの、「バランスが取りづらい」とあえなく却下され、ならばと今回の体験会に参加したとか。



いつかボート免許を、と思っていたご夫婦。旦那さんだけでなく奥さんも免許取得に興味があって参加したアクティブなおふたりです
 出典  Funmee!!編集部
いつかボート免許を、と思っていたご夫婦。旦那さんだけでなく奥さんも免許取得に興味があって参加したアクティブなおふたりです


もっともクルマの免許は約1カ月、バイクなら約2週間ほど教習所に通う必要があるものの、小型船舶ならたった3日という短期間。しかも、ヤマハボート免許教室が提供する「スマ免」なら、PCやタブレットで学科講習が受講できるので、実質2日で2級免許が取得可能。働く社会人には、ある意味最も取りやすい免許とも言えるのではないでしょうか?


まあまあ、それはさておき、とりあえず乗っちゃってから考えましょう。乗ってみないとわからないこともあるハズですから。


というワケで、出港です!



横浜港をGO! はじめてのボート運転

 出典  Funmee!!編集部


普段は陸から眺めるマリーナも船上からだとひと味もふた味も違うもんなんですね。なんでしょう、このサクセス感⁉


今回は日本最大のマリーナ、ベイサイドマリーナから横浜名所のひとつ大桟橋までの約20㎞をクルージング。

片道およそ30分のコースを往復します。



豪艇がずらりと並ぶ日本最大のマリーナ、ベイサイドマリーナ抜けて横浜港を目指します
 出典  Funmee!!編集部
豪艇がずらりと並ぶ日本最大のマリーナ、ベイサイドマリーナ抜けて横浜港を目指します


沖に出てしばらくすると、熟練のインストラクターに促され、まずは旦那さんが運転にトライ。


普段乗っているクルマと異なり、アクセルがフットペダルではなく、右側にある手動レバーのため、スピードの調整が難しそうに感じたものの、御本人曰く「ハンドルの微妙な加減が難しい。クルマのように真っ直ぐ走ることがまず至難の業でした」。



ボートの全長は7.9m。ハンドルがすぐに効くわりに船首の向け方がムズカシイ・・・
 出典  Funmee!!編集部
ボートの全長は7.9m。ハンドルがすぐに効くわりに船首の向け方がムズカシイ・・・


とはいえ、さすがはサーキットを攻めるほどの運転好き。

5分もしないうちに同乗した編集部員もインストラクターの方が運転してるような錯覚を起こすほどに快適なクルージング。


ちなみに「船はクルマと違い、全世界で右側通行が義務付けられています」とインストラクターさん。他船とすれ違う際は十分な距離を取り、右側を走行するのが原則だそう。



ボートにはGPS付き魚群探知も。「これはたぶんアジ。いっぱいいますよー」などインストラクターの声も、緊張の運転体験中にて魚のことまで気が回らないご様子です
 出典  Funmee!!編集部
ボートにはGPS付き魚群探知も。「これはたぶんアジ。いっぱいいますよー」などインストラクターの声も、緊張の運転体験中にて魚のことまで気が回らないご様子です

海から陸を、眺める快感!

ベイブリッジを海からアプローチ。横浜港ならではのフォトジェニックポイントです
 出典  Funmee!!編集部
ベイブリッジを海からアプローチ。横浜港ならではのフォトジェニックポイントです


体験会の折り返し地点、大桟橋には、同日が横浜港の開港記念日とあって、海上自衛隊のイージス艦「いずも」の姿も!ボートならば、混雑などなく目的のロケーションに近づくことが可能なことに気づきます。


遊びにきた家族連れや観光客でごった返す横浜港を湾内から見渡す、この優越感もまたクルージングならでは。



イージス艦や大桟橋の観光客が、こちらのボートに「おーい」と手を振ってくれて夫婦もお応え。ちょっと嬉しい
 出典  Funmee!!編集部
イージス艦や大桟橋の観光客が、こちらのボートに「おーい」と手を振ってくれて夫婦もお応え。ちょっと嬉しい

充実の体験会が終わって。キャプテンを目指すのは、なんと……!


ベイサイドマリーナ沖までの帰路は奥様が運転を体験し、無事体験会は幕を閉じました。


体験運転にも大満足の旦那さんは、なんと「運転は嫁に任せて、僕はボートからの景色を楽しみたい(笑)」とのこと。いっぽう、奥様は免許取得に興味津々。下船後、スマ免の仕組みや実技の内容を真剣にきいていました。


このまま順調にいけば、阿部夫婦が「いつかボート免許を!」を叶え、憧れのマリンライフを楽しむ日は遠くなさそうです!


夫婦でクルージングをしたい・・・いや、しよう! 夢がぐんと近くなった体験会でした
 出典  Funmee!!編集部
夫婦でクルージングをしたい・・・いや、しよう! 夢がぐんと近くなった体験会でした





▼スマ免とは

スマ免は、パソコンやタブレットで学科講習を受講して2級ボート免許取得を目指す、ヤマハボート免許の人気コース。

過去問や暗記対策、試験シミュレーションで学科試験合格をサポート! 好きな時間に、好きな場所で学習出来るサービスです。


2級スマ免コースについてはこちら


===

文:白水健寛(Takehiro Hakusui)

写真:今井暖(Dan Imai)


撮影協力:

横浜ベイサイドマリーナ / https://www.ybmarina.com/

ヤマハマリンクラブ・シースタイル / https://sea-style.yamaha-motor.co.jp/


Sponsored by ヤマハ発動機株式会社





2018年6月25日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング