【編集長ジャック・酔狂な‟モノ”語り】#021 黄色の古いセブンチェア


どうも編集部のジャックです!

ここのところ、毎週水曜日に固定されつつある!? このコラム。

水曜日は「酔狂なモノの日」ということで何とか固定させたいと企んでいる50歳です。

 

さて、今日はセブンチェア。

デンマークの建築家・アルネ・ヤコブセンさんが設計した、ミッドセンチュリーデザインの名作ですね。

なんでセブンなのかとか、セブンの3年前にアリンコチェアがリリースされているとか、それ以外にも知る人ぞ知るグランプリチェアというのもあるとか、そういう蘊蓄は別の方に任せますが(あ、結構文字数を使ってます、汗)、

 

イスが好きになると、これはこれで“イス沼”ちゅうものにハマってしまって、家の人はわかってくれない系になるので要注意です。


とにもかくにも他の蒐集品と違って場所も取るし、そう何脚も持てません。ましてやイスを座らないで飾るだけで集めるなんてメンタリティは、なかなか理解されないしクルマ250台持ってるよりもヘンタイだと思います。あ、クルマ250台の人の話はココをご覧ください。

 

セブンチェアを最初に手に入れたのは、20年前。オークのナチュラルな色のものですが、そこそこヤレてきてイイ感じです。って、このコラムで紹介するものって、20年ぐらい前から持ってるものが、なかなかの数になってますが、自分の30歳ぐらいのころって、物欲レッドゾーンだったんでしょう。ふむ、いまの30歳にはわかるまい!

 

それもしっかり現役としてわが家にて活躍してますが、合板のしなりを利用したフィット感が大好きなのです。あまりに座りやすくて仕事机のイスとしても使ってたことがあるほど。ただ意外と女の人はこのしなりが苦手だという方も多いですね……。皆さんはどうです?

 

それで最近、ご縁があってこんな華やかな中古のセブンチェア君を手に入れました。いろいろ表面が欠けてたりするのですが、それも味。これから20年お世話になると思います。


 

 

 

セブンチェア カラードアッシュ ブラック(Fritz Hansen)

北欧家具の代名詞「セブンチェア」

デザインもさることながら、座り心地が最高なんです。

amazonで見る


===

文:ジャック・タカハシ



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP