【趣味人ジドウシャ部】#01 ジープ・グランドワゴニア(スペック編)


趣味を満喫するために、カッコいいクルマで外に出たいもの。自分の“好き”を堪能するために、やはりクルマのチョイスはかなりプライオリティが高いのです。


クルマの新旧や機能だけではなく、相棒としたいクルマこそ、シュミジンの選ぶべき一台。そんな未来の愛車候補を独断と偏見で紹介するのが「趣味人ジドウシャ部」。


第1回目は、1962年から1991年まで製造されていた「ジープ・グランドワゴニア」。約30年の間、基本設計に大きな変更を受けることなく、3つのメーカーから販売されたアメリカンSUVです。



三度、会社は変われど貫かれたスタイル

6人乗りのゆったりとした室内空間

 出典  Funmee!!編集部


「ジープ・グランドワゴニア(以下、ワゴニア)」はジープを製造したことで知られるウィリス・モータースによって、それまでの「ジープ・ステーションワゴン」に替わって開発されました。ワゴニアを発表したころのウィリス・モータースはカイザー社の子会社で、またカイザー社は1963年からカイザー=ジープ社に社名変更したので、初代ワゴニアはこのカイザー=ジープのクルマとしてデビューしました。

ルーフラックなどのメッキパーツも60年代を思わせるようなレトロデザイン

 出典  Funmee!!編集部


その後、1970年にカイザー=ジープ社はAMC(アメリカン・モーターズ・コーポレーション)に買収され、ワゴニアはAMCから販売されることとなりました。

そして1973年には、ワゴニアの2ドアモデルが「チェロキー」として発売されます。このチェロキーが1983年にモノコックボディのいわゆる「XJチェロキー」にモデルチェンジされ、ワゴニアとは別の独立したモデルとなったことで、ワゴニアの名称も「グランドワゴニア」へと変更されました。

AMCが1987年にクライスラーに買収され、1989年にジープの製造権が移行したことで、ワゴニアは1991年に製造が終了されるまでの最後の2年間はクライスラーから販売されました。今回撮影したのは1989年製の車両です。

ラグジュアリーSUVの先駆けとなったクルマ「ワゴニア」


「ワゴニアの魅力は、まずは何と言っても“旧きよきアメリカ”を感じさせるスタイリングでしょうね」と語るのは、ワゴニア専門ショップ「アトニック」の代表・押野さん。サイドとリアに貼られているウッドパネルがノスタルジックな印象を際立たせています。

ウッドパネルがいい味出してます

 出典  Funmee!!編集部


クルマの前に立つと「でっかいなぁ」と思うのですが、それは迫力のある顔つきのせい。ボディサイズは全長4,800mm×全幅1,900mm×全高1,800mmと、今どきのフルサイズSUVより若干コンパクトなぐらいなのです。角張ったボディは見切りがよいので、取り回しも苦になりません。

ワゴニアの角ばった顔つき。ヘッドライトは1978年に丸目から角目に。今のクルマには見られない凛々しさを感じる

 出典  Funmee!!編集部


シートは電動で前後位置を調整でき、窓もパワーウインドウ。もちろんエアコンも完備しています。驚くべきことに、オートマチックトランスミッション、パワステやパワーブレーキも含め、こうした快適装備が1960年代半ばからすでに採用されていたということ。


4ドアのワゴンボディに4WDという組み合わせ自体、このクルマが元祖なのですが、同時に“ラグジュアリーSUV”というジャンルの先駆者でもあるのです。イギリスのレンジローバーが登場したのが1970年ですから、いかに時代を先取りしていたかがわかりますね。


ワイルドな中にもエレガントさを感じさせるワゴニアのエクステリアですが、インテリアは輪をかけて上品な雰囲気。アメ車ならではのベンチシートをはじめ、内装はレザーやモケットがふんだんに使われています。



ドアのレザーだけでなく、ウインドウ開閉スイッチのパネルなどにもウッドがあしらわれています

 出典  Funmee!!編集部


■取材・撮影協力

アトニック

ワゴニアの中古車専門ショップとしてリニューアルした1996年以降、多くのワゴニアファンやアメ車ファンに愛されてきた。現地で直接買い付けてきた車両たちは、エンジンや内装・外装など1カ月以上かけて納車整備をしており、クライスラー時代の程度の良い車両を中心に60年代の歴代モデルまで幅広くそろう。レストアやカスタムも可。


東京都町田市つくし野2-30-5

TEL:042-788-6660

営業時間:10:30〜20:00(月曜〜土曜)、11:00〜19:00(日曜、祝日)

休み:無休



===

文:和田達彦(Tatsuhiko Wada)

写真:銭田豊裕(Toyohiro Zenita)


最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP