掛川城/細部に込められた戦国・江戸の息吹(ディテール編)
マニア
【空から城を見てみる!】︎

掛川城/細部に込められた戦国・江戸の息吹(ディテール編)


凛と建つ姿は“貴族的”とも称される掛川城。「東海の名城」と讃えられるその威容には、基礎を築いた山内一豊はじめ、各所に歴代城主の思いが込められています。


空からディテールを見下ろし、それらの思いにグッと迫ってみましょう!



日本初の木造再建天守閣

 出典  Funmee!!編集部
整然と並ぶ石垣、美しい瓦葺き、純白の漆喰壁。天守閣は山内一豊により創建。1994年、当時の姿にできるだけ近づけるように木造で再建されました


江戸時代後期、安政の東海大地震により天守閣が倒壊してしまった掛川城。そのまま明治維新を迎え、廃城となってしまいます。


しかし1994年、市民の強い願いもあってついに天守閣を再建。山内一豊が掛川城をもとに築いたといわれる高知城を参考とし、木造で再建するという日本初の試みでした。

こうして築城当時の姿を彷彿とさせる天守閣が復活したのです。



秀吉の大阪城と京都聚楽第にならった

 出典  Funmee!!編集部
入り口の付け櫓と東西の張り出し部によって、小ぶりながらも堂々としたたたずまいの天守閣


山内一豊が天守閣をつくった当時、日本全国を見渡しても天守閣を持つ城はまだ少なかったのです。そこで一豊は、敬愛する豊臣秀吉が築いた城をモデルに掛川城天守閣を建てたといわれています。


とくに漆喰の白壁が眩しい外容は秀吉が暮らした京都聚楽第、城下町を見下ろす望楼の黒い手すり等は豊臣政権の中枢であった大阪城を手本にしたと考えられています。



 出典  Funmee!!編集部
天守閣の裾野にそびえる四足門


天守閣への入り口となる四足門も、江戸時代の絵図をもとに木造で再建。本丸への人の出入りを見張るに相応しい重厚なつくりです。門前の階段を上り、四足門越しに見えてくる天守閣は、厳格さをさらに増したように感じられます。


四足門をはじめとした城の近辺に点在する門も見所のひとつです。約200m離れた市街地に仁王立ちしているのが大手門。表玄関らしく、そこから眺める城が一番美しいというファンもいるほど。また隣接する袋井市の油山寺に移築された大手二の門は、江戸初期に建造された当時の堂々たる姿が現存する国の重要文化財となっています。



江戸の趣を伝える太鼓櫓

 出典  Funmee!!編集部
江戸時代、この櫓に大太鼓が備えられ掛川庶民に時刻を知らせました


天守閣の前に市街地を見下ろすようにせり出している太鼓櫓も、江戸末期の姿がそのまま残る貴重な建物。かつては大太鼓(市の文化財。現在は二の丸御殿内に展示)が置かれ、城下に時を知らせていました。

 

江戸時代の時刻は、夜と昼の時間をそれぞれ6等分した「一刻」が基準になっていました。一刻の長さは、季節によって変わります。そのため時を知らせる城の太鼓の役目は、とても重要でした。じつは太鼓櫓も天守閣と同じく安政の大地震で倒壊したのですが、すぐに再建されました。



天守閣を超える御殿の規模に驚く

 出典  Funmee!!編集部
後半、右側に見えてくる巨大な建物が二の丸御殿。天守閣(左側)よりも広い!


掛川城全体を見下ろしてみると、驚くのが二の丸御殿の規模。地上から見上げると一番目立つ天守閣よりも、じつは面積がはるかに大きいことがわかります。さすが城主の住まいであり、政治の中心です。


瓦葺きの屋根が複雑に組み合わさった御殿は「書院造り」と呼ばれる建築様式で、襖で仕切られた広々とした畳の間がいくつも連なっています。総建坪は、なんと287坪! 天守閣の建坪が92.3坪なので、じつに3倍以上もあるのです。


かつては学校、役場、農協、消防署と転用され続けたという二の丸御殿。この荘厳な建物が職場だったら……と夢想するだけで心躍るものがあります。



詳細な城データのほか、100名城マップや、歴史、城の見方など充実の特集をまとめた公式ガイドブック。B5判、オールカラー。豊富なデータと美しい写真をもとに次に訪れる城を決めよう。切り離して持ち運べる「スタンプ帳」付。


■プロフィール

掛川城


静岡県掛川市掛川1138-24

TEL:0537-22-1146(掛川城公園管理事務所)

入館料(天守閣・御殿):大人(高校生以上)410円、小中学生150円

開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

休み:年中無休



■注記

関係各所への許可をとり、撮影しています。



===

文:依田賢吾(Kengo Yoda)

撮影:山本大介(Daisuke Yamamoto)

撮影協力:ピークス 映像部

取材協力:掛川市、掛川城公園



マニア
2018年6月6日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング