ロードバイク
街乗りから旅まで楽しめる ミニベロも見逃せない
ロードバイクが気になる!

街乗りから旅まで楽しめる ミニベロも見逃せない


昨今の自転車ブームの影響もあって、街を見回せばカッコ良かったりおしゃれな自転車に乗っている人をよく見かけるようになりました。そんななかでもひときわ車輪が小さくカラフルで可愛い自転車「ミニベロ」を目にすることも多いですよね。


ミニベロとはタイヤサイズが20インチ以下の自転車の呼称です。他にも小径自転車とかミニサイクルとも呼ばれています。ミニベロの魅力やおすすめのモデルを見てみましょう。




ポタリング、通勤、旅、輪行に!幅広く楽しめるのがミニベロ!


自転車に乗る目的は人それぞれです。ロードバイクで疾走感を味わうのも良し、マウンテンバイクで自然と一体になるのも良し。


そんななか、ライフスタイルに自転車を取り入れてみたという人におすすめなのが、このミニベロなのです。


スポーツ志向の高いロードバイクやマウンテンバイクと違って、ポタリング(自転車散歩)や通勤、旅、輪行(自転車をたたんで公共交通機関で移動すること)など、それぞれの用途に特化して設計されているので、より自分のスタイルにあった一台を見つけることができます。




 提供  株式会社アキボウ

ミニベロ = 折りたたみ自転車では「ない」のです!


よくある間違いなのですが、ミニベロはすべてが折りたたみ自転車というわけではありません。ミニベロのなかには折りたたみできる機構の付いているものが多いのも事実ですが、あくまでミニベロはタイヤサイズが小さいものに関しての呼称です。


折りたたみ機構は便利ですが、その分、構造上・安全上の問題で重量が重く価格も高くなってしまいます。自分に必要な機能をよく考えて選ぶことが重要です。




 提供  OX bikes

ミニベロのメリット・デメリットは?

ミニベロのメリット


デザインで選べる


ミニベロは快適さやライフスタイルに合わせた用途を見据えて設計されています。自転車自体のデザインも個性あふれるものが多く、それも魅力のひとつとなっています。毎日のように愛用したい自転車なら、性能だけではなくデザイン性も自分の好みにあったものを選びたいですよね。




機動性がいい


タイヤが小さいことで、全体的にホイールベース(前輪と後輪の距離)が比較的短めの設計のものが多く、小回りが利くのもポイント。駐輪場や細い路地、方向転換するときに取り回しが楽になります。モールトンやブロンプトンのようにホイールベースの長いものは、スピードが出たときの安定性が高くなるよう設計されています。いつかは愛車と旅に出てみたいと思っているなら、このホイールベースが長いタイプのミニベロを選ぶといいでしょう。




ミニベロだってよく走る


ミニベロを愛用していると「そんなに車輪が小さいと、いくら漕いでも進まないんでしょ?」とよく質問されます。でもそれは大きな間違い。ペダルひと漕ぎによって進む距離は実はタイヤではなくギア比によって決まるもの。ちゃんとミニベロの特性を理解し適切なギア比を設定している自転車なら、長距離だってスイスイ走ることができるのです。そのためにはきちんとしたブランドのミニベロを選ぶことが大切です。




加速性にも優れる


タイヤが小さいと漕ぎ出し時の抵抗が少なく、加速性に優れているのもメリットのひとつです。都心で信号が多くストップアンドゴーばかりのシチュエーションでは、ミニベロの方が向いているかもしれません。かわりにタイヤが大きい方が高速巡航性が高くなります。だからレースなどのスピードを競うシーンでは、ロードバイクで使用される700Cという大きなタイヤサイズが採用されるようになったのです。




 提供  株式会社アキボウ

ミニベロのデメリット


ウィークポイントは路面の荒れ


タイヤが小さいことで、段差や溝などにはより注意が必要になります。踏切内の線路の溝にもハマりやすいので十分注意してくださいね。




ゆとりを持った運転を


ロードバイクなどに比べると、ハンドリングが安定しにくいという点もミニベロの問題点です。急ハンドルを切るようなことがないよう、ゆとりを持って乗るようにしましょう。ミニベロに限りませんが、スマートフォンを操作しながらやイヤホンで音楽を聞きながらの運転は、危険なだけではなく道路交通法でも違反になります。素敵な自転車に乗って、スマートなサイクリストを目指してください。





購入は信頼できる専門店で


可愛らしい見た目のミニベロは雑貨店などでも手に入りますが、なかにはその構造や強度・剛性に対して疑問のあるブランドも見られます。命を乗せて走るのだから、信頼のおける自転車店で購入することをおすすめします。





おすすめのミニベロはこちら



ミニベロといっても、ブランドごとに様々なコンセプトで作られています。自分のイメージにあったミニベロを探し出すのも、楽しみのひとつといえます。


おすすめのミニベロのなかから、自分のライフスタイルにあったミニベロを探し出して、生活に彩りを加えてみてください。




ブロンプトン M6L

 提供  ブロンプトン


1986年にイギリスで創業してから、ブロンプトン1車種のみを作り続けているブランド。ハンドル形状と変速の種類、フレームカラーの組み合わせによって1万通りを超える組み合わせがありますが、40年以上大きな変更なく作り続けられてきました。折りたたみの速さ、コンパクトさもさることながら、自転車に取り付けるバッグなどのバリエーションも多く、日常のお買い物からツーリングまで幅広く楽しめます。




ブロンプトン M6L


メーカー希望小売価格:¥190,000(税抜)

変速段数:6スピード

タイヤサイズ:16インチ 

重量:12.2kg 




アレックス モールトン TSR-9 FX

 提供  モールトン バイシクル


1962年に技術者のアレックス・モールトン博士によってイギリスで創立された、ミニベロの王者・モールトン。


独特なトラス形状から生み出される高い剛性と長めに設計されたホイールベースによって、ミニベロでも快適に走ることができると証明した歴史的なブランドです。そのブランドヒストリーやフレーム構造の美しさからコアなファンも多く、お値段的にも王者といって間違いないミニベロです。





アレックス モールトン TSR-9 FX


メーカー希望小売価格:¥259,200(税抜)

変則段数:9スピード

タイヤサイズ:20インチ 

重量:11.6kg 




ダホン K3

 提供  株式会社アキボウ
 提供  株式会社アキボウ


アメリカで折りたたみ自転車のみを作り続けるブランド、ダホン。つねに色々な折りたたみの機構に挑戦し続けています。手頃な値段からラグジュアリーなモデルまで、幅広くラインナップされているのもこのブランドの魅力のひとつで、2018年6月リリース予定の最新コンパクトフォールディングバイクがK3です。折りたためばスーツケースにも入ってしまうほどコンパクトなボディは7.8kgという軽さを実現。また外装3段仕様となっているため、小さなホイールサイズでも多くの場面での活躍も期待できます。

 

街乗り用のフラットバーハンドルモデルから乗り始め、よりスポーティに走りたくなったらドロップハンドルモデルのダッシュアルテナに乗り換える、といった楽しみ方もできます。




ダホン K3


メーカー希望小売価格:¥82,000(税抜)

変速段数:3スピード

タイヤサイズ:14インチ

本体重量:7.8kg(ペダル、スタンド除く)




ビアンキ ミニベロ7

 提供  ビアンキ


イタリアの老舗バイクブランド、ビアンキ。ロードバイクからMTB、街乗り用の自転車など、幅広いラインナップを揃えています。もちろんミニベロも人気。世界中のプロチームにも自転車を供給しているブランドのミニベロ、ミニベロ7はアップライトなゆったりとしたフォームになるよう設計されています。マッドガードが装着されているので、通勤などの日常的な利用にも安心です。





ビアンキ ミニベロ7


メーカー希望小売価格:¥62,000(税抜)

変速段数:7スピード

タイヤサイズ:20インチ 

重量:―




ジャイアント IDIOM 1

 提供  ジャイアント


20インチの安定した走行性能と軽量のアルミフレームによって、よりしなやかかつ快適に走れます。エアロ形状のフレームはモダンで、スポーティな印象を醸してくれることにも注目です。台湾大手メーカーだからこそ可能なハイコストパフォーマンスで、通勤などの街乗りから、ミニベロロードバイクなどまで幅広いシチュエーションで活躍してくれます。上位モデルにはドロップハンドルバージョンもあり、好みによって選べます。





ジャイアント IDIOM 1


メーカー希望小売価格:¥75,000(税抜)

変速段数:18スピード

タイヤサイズ:20インチ 

重量:9.7kg




タイレル FX

 提供  タイレル
 提供  タイレル


香川県で創業した人気のスタイリッシュなミニベロ中心のブランド。なかでもタイレルの特徴的なスラント形状のフレームを維持しつつ開発された、折りたたみ自転車バージョンのFXは革新的モデル。20インチというミニベロでは大きめのホイールサイズにも関わらず、かなり小さく折りたためます。折りたたみの利便性も重要だけど、しっかりと走りたい人という向きな一台です。





タイレル FX


メーカー希望小売価格:¥185,000~(税抜)(パーツのグレードによって)

変速段数:10スピード

タイヤサイズ:20インチ 

重量:9.5kg 




ブルーノ ミニベロ 20 ロード ドロップ

 提供  ブルーノ


ブルーノはスタイリッシュなスイスデザインで人気のブランド。ミニベロ 20 ロードはブルーノのミニベロのなかでは定番のミドルクラスモデル。快適に自転車で旅ができるよう、長時間自転車に乗っていても疲れづらい設計なので初心者にも乗りやすく安心です。旅自転車の定番、イギリスのブルックスの革サドルが標準装備になっているなど、ノーマルでもクオリティが高いアッセンブルとなっています。





ブルーノ ミニベロ 20 ロード ドロップ


メーカー希望小売価格:¥86,000(税抜)

変速段数:16スピード

タイヤサイズ:20インチ 

重量:10.2kg 




OX bikes PECO

 提供  OX
 提供  OX


12インチという極小サイズのタイヤ径を採用しているOX bikes PECO。ディスクブレーキを装着し、内装式の4段変速を採用することで、しっかりとした走行性能を保持しています。簡単に折りたためるフレームのカラーは、基本の5色の他に、オプションで約70色のなかから選べるので、より自分のライフスタイルにあったイメージにすることが可能です。


今回紹介したミニベロのなかでは一番小さいタイヤサイズですが、前後サスペンションも備え、しっかりとした走行性能をもつ魅力的なミニベロです。





OX bikes PECO


メーカー希望小売価格:¥168,000(税抜)

変速段数:4スピード

タイヤサイズ:12インチ 

重量:12.2kg 




5リンクス2 165

 提供  5リンクス2
 提供  5リンクス2


あらゆる交通機関に積載しやすく、より早く便利に楽しく移動できることをコンセプトに開発された5リンクス。日本生まれの日本育ちのこのブランドは、ユニークなルックスと折りたたみスタイルをもち、折りたたみ後には車輪を転がして移動できる構造をもっています。そのため担ぐことなく楽に移動できます。多くの人に乗りやすいようアップライトの乗車姿勢へ設計され、スポーツバイク初心者でも安心して乗れます。





5リンクス2 165


メーカー希望小売価格:¥113,400(税抜)

変速段数:5スピード

タイヤサイズ:16インチ 

重量:10.3kg 




ストライダ EVO16

 提供  ストライダ
 提供  ストライダ


イギリスのマーク・サンダース氏によってデザインされたストライダは、ユニークなトライアングルフレームで唯一無二のインパクト! 一見するとおもちゃのようにも見えますが、耐久性と走行性は世界で高く評価され、そのデザイン性と簡単な折りたたみ構造にたくさんのファンがいます。乗車姿勢が独特なので好みが分かれるところですが、街を走れば注目されること間違いなしの一台です。





ストライダ EVO16


メーカー希望小売価格:¥145,000(税抜)

変速段数:3スピード

タイヤサイズ:16インチ 

重量:12kg 



ツーリングの達人特集では、ミニベロを相棒に日本全国を巡る人たちもフィーチャー。

ミニベロならではの輪行の楽しみ方や持ち物のノウハウも参考になる。

ミニベロの可能性に気づかされると同時に、一緒に旅に出たくなる一冊。


===

文:蟹 由香

メイン写真提供:株式会社アキボウ


ロードバイク
ロードバイク
2018年6月1日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング