アウトドア
絶景! パラグライターで長野の空を舞え!!
【アウトドアを遊びつくせ!】︎

絶景! パラグライターで長野の空を舞え!!


南アルプスや北アルプス、中央アルプスなど名峰が連なり、その約8割を山々が占めるという長野県。広がるアウトドアフィールドを活かしたアクティビティの豊富さもその魅力のひとつです。


今回は長野で楽しめるアクティビティのなかで“空”をテーマに、アウトドアレジャーのポータルサイト「Goat」を運営するチャレンジ君こと山岸 惇さんに空の遊びを伺ってきました。




非日常の世界、スカイアクティビティ

日本各地にある空を飛べるエリアのなかで、長野は特に山岳フィールドに特徴があります
 提供  山岸 惇さん
日本各地にある空を飛べるエリアのなかで、長野は特に山岳フィールドに特徴があります


―― 長野の空のアクティビティのオススメは何ですか?


パラグライダーですね。


その日の風のコンディションと山の地形、太陽光により発生する熱上昇風を使って空の世界を楽しむスカイスポーツで、グライダーを操作することにより自由に空を飛ぶことができます。日本に限らず、世界中で広く楽しまれているんですよ!



テイクオフすると徐々に高度が上がっていきます
 提供  山岸 惇さん
テイクオフすると徐々に高度が上がっていきます


近年は道具の性能もとても高くなってきていて、パイロットになるためにスクールに通う人も増加中。空を飛ぶ夢が叶えられる素敵なアクティビティです。


僕が通っている白馬エリアではコンディションによっては上昇気流を乗り継いで北アルプスの稜線上を飛ぶことも。実際にそこまで高く行かなくても空から見る北アルプスの山並みは本当に素晴らしいです。毎週末、空を飛ぶことをライフワークとしている方もたくさんいます。



眼前には壮大なパノラマが広がります
 提供  山岸 惇さん
眼前には壮大なパノラマが広がります

誰でも気軽に飛べるタンデムフライト

インストラクター付きの観光用タンデムフライトならば誰でも空を飛べる
 提供  山岸 惇さん
インストラクター付きの観光用タンデムフライトならば誰でも空を飛べる


―― でもパラグライダーは初心者には敷居が高いように感じるのですが。


そう思っている人がとても多いんですが、実はそんなことはないんですよ。


インストラクターさんとふたり乗りする“タンデムフライト”なら、誰でもフライトできるのでおすすめです。駆け足くらいの運動ができれば、インストラクターさんと一緒に空を飛べるんです。さらにスクールに通ってライセンスを取ればひとりで自由に飛ぶことも。



 提供  山岸 惇さん
敷居が高そうに見えるタンデムフライトも、これを見ればどのような流れで楽しめるかわかります


―― まずはタンデムフライトできる場所を探せばいいわけですね。


スキー場の中腹から里まで10~15分のフライトを楽しめる観光客向けのタンデムフライトなら、アウトドアツアー感覚で気軽に楽しめます。リフトやゴンドラでテイクオフ場に上がり、注意事項や飛ぶまでの手順などレクチャーされたら、テイクオフ! プロのインストラクターが空へ連れてってくれます。


白馬から飛ぶと雄大な北アルプスの山々を空から眺めることができます。



コンディショによっては雲を見下ろすという体験も
 提供  山岸 惇さん
コンディショによっては雲を見下ろすという体験も

空を飛ぶ、格別なひととき


―― パラグライダーの魅力はどんなところにあると思いますか?


やはり「空を飛べる」ということ、そのひと言に尽きます。空を飛ぶことは本来、人に備わっていない能力。でもそれをパラグライダーという道具で可能にできてしまうんですから、これは素晴らしい冒険アイテムなんです。



最初は肉眼で確認できる距離にいても
 提供  山岸 惇さん
最初は肉眼で確認できる距離にいても
しばらくするとこんな上空まで飛んでいき……
 提供  山岸 惇さん
しばらくするとこんな上空まで飛んでいき……
地上2,000mを超える高度からの眺めはご覧の通り
 提供  山岸 惇さん
地上2,000mを超える高度からの眺めはご覧の通り


―― それほどまで上空から見下ろす景色は格別なんですね。


もちろんです。初めて観光フライトで飛ばせてもらったときもそうだったんですが、ほんとに感動します。知り合いの観光タンデムのインストラクターさんも体験した人は皆さんとても喜んでくれるとおっしゃっていました。まさに鳥目線で景観を楽しめますので。春には新緑の鮮やかな緑、秋は色とりどりの紅葉を空から見れるのはやはり特別な体験です。


このように、パラグライダーには観光で楽しむ要素もありますが、スカイスポーツという一面も持っています。ライセンスを取得してひとりで飛べるようになれば、どこから飛び立ち、どのように空中遊泳するか自由自在。見える景色や味わえる感動はさらに壮大なものになるでしょう。ハマってしまい冬も飛ぶというエキスパートもいるほどなんです。



晴れた日のフライトは本当に気持ちが良い
 提供  山岸 惇さん
晴れた日のフライトは本当に気持ちが良い


―― 「いつかやりたいなぁ」と思いつつ、まだ飛んだことがない人へアドバイスをお願いします。


皆さんにもまずは一歩踏み出して体験していただきたいです。パラグライダーのおもしろさは、そのときどきによって雲の流れ、山の色、空の色、どれをとってもまったく同じ状況はないのです。もちろんこれは他のアウトドアアクティビティにも言えることですが、大自然にはそれだけ人を夢中にさせてくれる魅力が詰まっていますよ。



空を飛んで見たいをいう人のための入門書。安全性や費用、楽しみ方から、その歴史や技能証まで網羅。全国のパラグライダースクールも紹介しているので、身近な空から飛んでみてはいかが。


■山岸さんおすすめの体感スポット/スクール


スカイブルー 八方尾根パラグライダースクール

長野県北安曇郡白馬村八方3901

(白馬八方尾根スキー&スノーボードスクール内)




■プロフィール

山岸 惇さん


長野のアウトドアの魅力を発信するアウトドアレジャーポータルサイトGoat」のプロデューサー兼カメラマン。チャレンジ君というあだ名が示すように、どんな環境にも自らが必ず現場に行き体感する姿勢で、日々美しい自然やアクティビティを写真や映像に収めています。



===

企画・編集協力:枻(エイ)出版社

文:吉田佳央(Yoshio Yoshida)

トップ写真提供:山岸 惇(Jun Yamagishi)



アウトドア
2018年8月1日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング