山遊びの達人オススメ! 長野のトレランコース3選


10年前より長野県に移り住み、トレイルランをはじめとするアウトドアアクティビティを満喫している田中ゆうじんさんが、おすすめのトレイルランコースをセレクト。


「展望が良い」、「走りやすい」、「ハイカーが少ない」といったトレイルランナーにとって快適で楽しいコースを、長野県内のフィールドから厳選し、各コースの距離や標高差、時間の目安(※)なども掲載します。

 

※行動時間は田中ゆうじんさんの走行時間を基準に表記しています。



パノラマコースより王ヶ鼻と北アルプスを望む

パノラマコースより王ヶ鼻と北アルプスを望む

 提供  田中ゆうじんさん


長野県のちょうど中央に位置し、最高峰の王ヶ頭(2,034m)をはじめ、王ヶ鼻、茶臼山、牛伏山、鹿伏山、武石峰といった標高2,000m前後のピークを含めた一帯が「美ヶ原高原」と呼ばれています。広大なエリアで、90分から4時間まで、自由自在にコースをアレンジできるのが大きな特徴です。

 

メジャーなのは「百曲コース」で、三城牧場駐車場から登って行くのですが、シーズン中は混雑が必死。そこでトレイルランナーにおすすめなのが、桜清水キャンプ場内にある駐車場を起点に「八丁ダルミコース」と「木舟コース」を走るルートです。



王ヶ鼻山頂からは、北アルプスの穂高連峰を見渡すことができます

王ヶ鼻山頂からは、北アルプスの穂高連峰を見渡すことができます

 提供  田中ゆうじんさん


桜清水キャンプ場と王ヶ鼻との標高差は約600m。登りは八丁ダルミコースを通ります。わりと急な枝尾根を上がっていくと、標高1,700m付近からは山頂へと続く主尾根に合流。標高1,850mからは本格的な急登に。森林限界を超えた先に、王ヶ鼻があります。ここは、晴れれば富士山や日本アルプスの3,000m峰のほとんどの山を望める絶景ポイント。夏は、レンゲツツジやニッコウキスゲなどの高山植物を楽しむこともできます。

 

王ヶ鼻から王ヶ頭までは走れば約5分。王ヶ頭のピークのすぐ近くに王ヶ頭ホテルがあり、日帰りでも食事やトイレ(チップが必要)、お土産購入などに利用することができて便利です。王ヶ頭からは木舟コースで下山します。石や岩と砂地が混ざった片斜面のルートには注意が必要ですが、高度が下がるにつれてダブルトラックの森のトレイルになっていくので、トレイルランにはもってこい。鳥のさえずりを聞きながら、静かな森のトレイルを楽しみましょう。



王ヶ頭ホテルでは、珈琲、ホットミルク、スポンジケーキ、シチューなど、軽食からランチまでメニューが充実

王ヶ頭ホテルでは、珈琲、ホットミルク、スポンジケーキ、シチューなど、軽食からランチまでメニューが充実

 出典  Funmee!!編集部

美ヶ原高原コース:桜清水キャンプ場駐車場~王ヶ頭~桜清水キャンプ場駐車場

桜清水キャンプ場から「八丁ダルミコース」を登り王ヶ鼻へ。王ヶ頭からは、「木舟コース」を通って桜清水キャンプ場へ下ります

桜清水キャンプ場から「八丁ダルミコース」を登り王ヶ鼻へ。王ヶ頭からは、「木舟コース」を通って桜清水キャンプ場へ下ります

 出典  Funmee!!編集部


距離/標高差:5.9km/654m

行動時間:(往路)1時間・(復路)30分 計1時間30分

トイレ:桜清水キャンプ場、王ヶ頭ホテル

※桜清水キャンプ場は許可が必要。王ヶ頭ホテルはチップが必要。

駐車場:桜清水キャンプ場



大滝山山頂から北側のポイントより、北アルプスの穂高方面を眺めた景色

大滝山山頂から北側のポイントより、北アルプスの穂高方面を眺めた景色

 提供  田中ゆうじんさん


登山のハイシーズンでも静かな北アルプスを楽しめる、穴場トレイルがこちら。三郷スカイラインの終点にある「展望台」に車を停めて、そこから3kmほどは林道を進みます。そして、冷沢分岐から登山開始。大滝山山頂から延びる主尾根をひたすら登ります。

 

途中、樹林に囲まれた鍋冠山の山頂があり、その先は大滝山に向かってゆるやかな尾根を西に進んでいきます。広い森の登山道がとても心地良く、木立の合間からは見える大滝山の山頂や常念山脈の主峰・常念岳を望める絶景が素晴らしい。ここは、歩いてよし! 走ってよし! の森閑とした極上の尾根道なのです。



大滝山の手前には前山である鍋冠山があります。このエリアはクマの出没率が高いとされていますので、クマ鈴を携行するなどクマ対策は入念に

大滝山の手前には前山である鍋冠山があります。このエリアはクマの出没率が高いとされていますので、クマ鈴を携行するなどクマ対策は入念に

 提供  田中ゆうじんさん


勾配が急になってくると、いよいよ森林限界。そしてすぐ、常念山脈の主稜線にたどり着けます。稜線に出た瞬間に目の前にひろがる槍・穂高連峰の景色は圧巻! 稜線に出てほどなくしてある蝶ヶ岳との分岐からは、およそ5分で大滝山山頂(北峰)へ。山頂からは、北アルプス南部や松本平の街越しに美ヶ原や浅間山、八ケ岳を見渡せます。

 

南峰へ進むと大滝山荘という山小屋がひっそりと佇んでいます。休憩などにぜひ利用してみてください。下山は、来た道を下ります。登ってくる登山者に細心の注意をしつつ、快適なトレイルランを楽しみましょう!



大滝山コース:展望台~大滝山(北峰)~展望台

駐車場とトイレのある展望台からスタート。鍋冠山を経由して大滝山北峰を目指し、同じ道を折り返して展望台へ戻ります

駐車場とトイレのある展望台からスタート。鍋冠山を経由して大滝山北峰を目指し、同じ道を折り返して展望台へ戻ります

 出典  Funmee!!編集部


距離/標高差:9.7km/1,174m

行動時間:(往路)2時間30分・(復路)1時間30分 計4時間

トイレ:展望台

駐車場:展望台



晴れた日に常念岳の山頂で西側を向くと、遠くに鋭くそびえる槍ヶ岳を見ることができます

晴れた日に常念岳の山頂で西側を向くと、遠くに鋭くそびえる槍ヶ岳を見ることができます

 提供  田中ゆうじんさん


「日本百名山」にも選出されている常念岳の山頂まで標高差約1,500mをピストンで登って降りる健脚向けコースです。登山口は一ノ沢登山口と三股登山口の2カ所あります。ここで紹介するのは、蝶ヶ岳へもアクセスできる三股登山口から入り、前常念岳を経由して山頂を目指すコース。

 

登山口に入ってすぐに蝶ヶ岳ルートとの分岐があり、さっそく急登が待ち受けています。眺望のない標高差約800mをひたすら登り、常念岳南東尾根とのジャンクションの台地までがんばりましょう。2,170mの台地にでたら一息。ここからはいよいよ尾根道で気分も高まります。



前常念岳からのテトラポットのような岩稜帯は、北アルプス常念山脈の主稜線へとダイレクトにつながる天空のプロムナード

前常念岳からのテトラポットのような岩稜帯は、北アルプス常念山脈の主稜線へとダイレクトにつながる天空のプロムナード

 提供  田中ゆうじんさん


続いて、前常念岳までの標高差500mを登ります。勾配が緩やかなところでは走り、ときおり現れる急登では歩きながら高度を上げていくと、やがて木立のあいだから空が迫ってくる感覚をおぼえるはず。ハシゴを登ると一気に視界が開け、森林限界の岩稜帯に出ます。前常念岳まではゴーロの岩稜帯が続くので体力を消耗しますが、ここが頑張りどころです。

 

常念山脈の主稜線にぶつかると、目の前に圧巻の槍ヶ岳が出現! 標高差約50mをひと踏ん張りしたら、山頂に到着です。常念岳山頂からは、晴れれば槍・穂高はもちろん、北アルプス北部の白馬や剣方面、八ヶ岳や南アルプス方面、富士山までを一望! 景色と達成感を充分に堪能したら、すれ違う登山者に配慮しながら、落石に細心の注意をして下山しましょう。



常念岳コース:三股駐車場~常念岳~三股駐車場

常念岳登山でもっともメジャーな一ノ沢登山口ではなく、三股登山口から出発。前常念岳を経由して常念岳山頂へピストンでアクセスするコースです

常念岳登山でもっともメジャーな一ノ沢登山口ではなく、三股登山口から出発。前常念岳を経由して常念岳山頂へピストンでアクセスするコースです

 出典  Funmee!!編集部


距離/標高差:5.3km/1,538m

行動時間:(往路)2時間30分・(復路)1時間15分 計3時間4分

トイレ:三股駐車場、三股登山口

駐車場:三股駐車場

※シーズン時はその手前約500mのところに約30台使用可能な駐車場あり。



『入門&ガイド トレイルランニング』(山と渓谷社)

技術書とガイドブックが一体化!

トレイルランニングに必要な装備や用具だけでなく、ランニング技術や登山技術、トレーニング方法や全国のコースガイドも収録。

これを持っていれば安心の一冊です。

amazonで見る 楽天市場で見る


■プロフィール

田中ゆうじんさん

 

東京都出身、長野県在住。本業を別にもちながら、トレイルランや山スキーなど、アクティブなアウトドアを楽しんでいる。「美ヶ原トレイルラン&ウォーク」コースディレクター。「YAMANOVA」主宰。

 

 

===

文・写真:松元麻希(Maki Matsumoto)

写真:杉村 航(Wataru Sugimura)



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP