奥深きDIY工具のセカイVol.2 〜可能性が広がる! 驚愕のマルチツール〜

脱ビギナーに最適なマルチツール

『カリフォルニア工務店』の空間プロデューサー・山下真生さんにDIYが楽しくなるアイテムをうかがうこの企画。

前回ご紹介した基本の7つ道具のあとに揃えたいのは、 “マルチツール”。DIYがもっと楽しくなるこの魔法のアイテムの魅力を教えてもらいました。


「日常的にDIYを楽しみたいけど、いきなりプロ用の工具はハードルが高い、という方にオススメなのが、このマルチツールです」と、紹介いただいたのは1910年にアメリカで創業した老舗の電動工具メーカー・BLACK+DECKER(ブラック・アンド・デッカー)社のマルチツール。


一見するとコンパクトなインパクトドライバーですが、DIYの基本作業がこの1台でできる驚きのツールだそうです。


 出典  Funmee!!編集部


「基本セットの『18Vリチウム マルチツールベーシック』とオプションつきの『18Vリチウム マルチツールプラス』があります。これだけで「穴を空ける」「ネジを締める」「切る」「磨く」ができるだけでなく、本体はそのまま、ヘッドを交換するだけで様々な作業ができます。さらに別売りのヘッドもあり、用途にあわせて使えます。
一つひとつ個別に揃えるとボリュームも大きくなりますが、これならケース付きで場所を取らず、持ち運びにも便利」

ちなみに、これほど多くのヘッドオプションがそろうのは、同社のマルチツールくらいだとか。

「手頃な価格も魅力的!自宅でDIYを楽しむならば、これだけで十分ですよ」

基本から応用まで、一つあればDIYで大活躍!

まず、「穴を開ける」、「ネジを締める」の「インパクトドライバー」(マルチツールプラスに付属)。

 出典  Funmee!!編集部


「一般的な、回転するだけのドリルドライバーとは異なり、叩きながらネジを回転させて打ち込んで行くので、木材はもちろんコンクリートにも一番強いです。ネジを留める時の締め付けの強さは10段階で設定できるので、材質に適した締め付けができます」


そして、木材から金属類まで自在に切れるという「ジグソー」。(マルチツールベーシックに付属)。

 出典  Funmee!!編集部


「ヘッドを『ジグソー』に変えれば曲線も切れてかなり便利。刃を金工用に変えると金属板も切断できて別売りの『はさみヘッド』は0.5mm厚の鉄板でもカット可能。『丸ノコ』であれば木材を手早く直線に切れますよ」

なお、別売りの「振動ドリル」であれば、コンクリートにさえ穴を開けられるとか!

さらに「磨く」から「空気を入れる」までバリエーション豊かな機能がすごいんです!

 出典  Funmee!!編集部


「木材を磨いて仕上げる『サンダー』や、サッカーボールや自転車、浮き輪などに空気を入れる『エアーポンプ』(写真)など、DIY以外にも使えるものも別売りでそろっています。
マルチツールはビギナーの方のネクストステップの工具としてオススメですね」

DIYにはファッションの感性も大事


BLACK+DECKER社のマルチツールがもうひとつDIY好きの心を捉えるのは、そのデザイン性の高さ!
黒とオレンジのカラーリングは、ついつい手にしたくなる魅力がありますよね。

「マルチツールにこだわった後は、腰袋やウェアなど身に付けるアイテムにも気を配ると、よりDIYが楽しくなりますよ」と山下さん。

 出典  Funmee!!編集部


「これは、Heritage Leatherというアメリカのレザーブランドの腰袋。マルチツールやハンマーなど色々なものが装着できて便利なのはもちろん、革製なので使い込むごとに味わいが出てエイジングが楽しめます」

 出典  Funmee!!編集部


山下さんの私物の腰袋は経年変化で渋い風合いに。
ちなみにこちらのワークシャツは、『カリフォルニア工務店』とアメリカンデニムブランド『Lee』のコラボアイテム(現在完売)。

「腰袋やウェアは、ホームセンターで色々売っていますが、自分好みのファッション感覚で選ぶと愛着が出て、よりDIYがワクワクするものになります。工具もそうですが、まずお店に行って触れてみて直感的に選んでみてください。」

DIYの工具は、特性を理解して機能で選ぶことが大切。ただ、「ワクワクする」という要素もモチベーションをあげるために、大事なポイントなんです。

さあ、自己満足の世界を大いに肯定して、DIYを楽しみましょう!

こちらもおすすめ!【奥深きDIY工具のセカイVol.1 〜機能性と遊び心でそろえる“基本の7つ道具”〜】

■ プロフィール
カリフォルニア工務店
山下真生さん

サーフィンやバイク、車など、アメリカ西海岸テイストを中心とした様々なカルチャーを取り入れたライフスタイルを提案する空間プロデューサー。住宅デザインの他、店舗設計やリノベーション、イベント空間プロデュース、アパレルブランドとコラボレーションした商品開発も行う。

■ 住所

東京都目黒区中根1-24-1

http://www.cal-co.jp







企画・編集協力:枻(エイ)出版社

文:藤谷良介(Ryosuke Fujitani)

写真:宮田幸司(Koji Miyata)