#29 モーリス マイナー(歴史&スペック編)
自動車
【趣味人ジドウシャ部】︎

#29 モーリス マイナー(歴史&スペック編)


クルマの新旧や機能だけでなく、趣味性の高いクルマ、さまざまな趣味への汎用性が高いクルマを紹介するこの連載。


今回紹介するのは、ミニを生み出したアレック・イシゴニスが設計を担当したイギリス・モーリス社のヒット作、マイナーです。



先進的な技術を盛り込んだ大衆車


戦後のイギリスで、労働者階級でも乗ることができる高品質で安価な自動車を製造すべく、開発されたのが、今回紹介するモーリス マイナーです。

 

設計を担当したのは、後にミニを設計し有名となるアレック・イシゴニス。開発期間が短いため、基本設計は戦前のモーリス エイトから流用したサイドバルブエンジンとFR機構としながらも、ボディは当時としては珍しいモノコック形状を採用し、ステアリングもラック&ピニオン方式を取り入れるなど、コストカットを行いながらも新技術が惜しみなく投入されました。



全長は3,760mmとイギリスの小型車としては一般的なサイズです
 出典  Funmee!!編集部
全長は3,760mmとイギリスの小型車としては一般的なサイズです


丸みのあるボディは、実はモノコック構造の強度を確保するための工夫でもあったといわれています。これは曲面パネルを多用したフォルクスワーゲン ビートルと同じ考え方で、軽量かつ最小限のパネルで効率よく強度を出すための構造でもありました。

 


丸みを帯びたグリルに、フェンダー上に飛び出したヘッドライトは、どこかミニを彷彿させますね
 出典  Funmee!!編集部
丸みを帯びたグリルに、フェンダー上に飛び出したヘッドライトは、どこかミニを彷彿させますね


1948年のデビュー当初は2ドアからスタートしたものの、1950年には4ドアも登場します。またコンバーチブルや、ピックアップ、トラベラーと呼ばれるステーションワゴンなど、徐々にバリエーションを追加していきます。

 

もっとも売れた4ドアサルーンは大人4人が乗車でき、後部にはトランクスペースも確保されています。つまり大衆のファミリーカーとして必要な条件をしっかりと満たしていたわけです。

 


ボディサイズのわりには、容量のあるトランクスペースを確保しています
 出典  Funmee!!編集部
ボディサイズのわりには、容量のあるトランクスペースを確保しています


またボディデザインも全体のシルエットはそのままに、数度のモデルチェンジを経て洗練されていきます。デビュー当初はフロントウインドーが平面ガラスの2枚構造で、ヘッドライトもグリル脇に備わっていました。ところがアメリカに輸出するためにはヘッドライトの位置が低すぎたため、1952年にフェンダーの上にヘッドライトを移動することとなります。フロントガラスも1956年に曲面ガラスに変更となります。

 

取材車両は1962年式で、新車当時にニュージーランドに輸出され、その後日本にやってきたという変わった経歴を持つ個体です。マイナーの中では比較的新しいモデルですが、すでに半世紀以上経過していることになりますね。




初期モデルはヘッドライトがグリル内に入る通称「ローライト」と呼ばれる独特のスタイルです
 提供  バンブーシュート
初期モデルはヘッドライトがグリル内に入る通称「ローライト」と呼ばれる独特のスタイルです

「維持しやすい」という人気モデルならではのメリット


マイナーは1971年までに全てのモデルの生産を終了します。総生産台数は160万台を超えるそうです。シンプルでタフな構造故に現存台数も多く、また愛らしいスタイルからイギリスだけでなく、世界中にファンが存在し、マイナーのカークラブも世界中に存在します。



イギリスのオーナーズクラブでは会報やデータブックなどを発行し、活動も盛んです
 出典  Funmee!!編集部
イギリスのオーナーズクラブでは会報やデータブックなどを発行し、活動も盛んです


「日本ではあまりポピュラーではありませんが、世界中にファンがいてオーナーズクラブもしっかりと組織されています。またパーツも比較的入手は容易なので、維持も他のビンテージカーと比べると比較的難しくないと思います」と話す、英国サルーンカー専門店・バンブーシュートの有山さん。ビンテージ英国車の入門用としても最適なモデルといえそうですね。



横須賀の住宅街にあるモーリス マイナーとイギリス紅茶の専門ショップ、バンブーシュート
 出典  Funmee!!編集部
横須賀の住宅街にあるモーリス マイナーとイギリス紅茶の専門ショップ、バンブーシュート

記事中、オーナーズクラブ誌の表紙にも登場している爽やかな一台。


■取材協力

バンブーシュート

 

モーリス マイナーをメインに英国サルーンカーと部品を扱うバンブーシュートは、横須賀の住宅街にある小さなお店。お店では北欧紅茶の専門店も併設。クルマ談義に華を咲かせながら紅茶を楽しむことができる珍しいお店だ。

 

神奈川県横須賀市岩戸3-38-3

TEL:046-884-9359

営業時間:11:30〜17:00

休み:水曜、日曜(要相談)

 

 

===

文&写真:勝村大輔(Daisuke Katsumura)



自動車
自動車
2018年5月8日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング