【10月の特集/コーヒー】#01 いま飲みたい東京のコーヒー「気になる!もっとも旬な店(前編)」


スターバックスが日本に第一号店をオープンしたあの日から、もう20年。

 

いまやコンビニでも手軽にドリップコーヒーが飲める時代になりました。いつから日本人は、こんなにコーヒーを愛するようになったのか?

 

コーヒーが大好きなおふたりに「いま飲むならここ!」というコーヒー店やコーヒー豆について語っていただきました。



座席がなくても飲みたくなる店が気になる!?

気軽に寄れるコーヒースタンド「SIDEWALK STAND」

散歩がてら気軽に立ち寄れる店。日本人だけでなく、外国人客も年々増加中!

 提供  SIDEWALK STAND

富田さんのお気に入りは、カフェラテ480円。「エスプレッソに濃厚なミルクが絶妙なバランスで混ざり合い、お互いの存在を主張していて絶品!」(富田)

 提供  SIDEWALK STAND


目黒川沿いに立つ一軒。コーヒーはもちろん、クラフトビールなどのアルコールもあり、夜カフェとしても利用できる。2017年6月には、2軒目となる井の頭店もオープン。



【店舗情報】

SIDEWALK SATAND(サイドウォーク・スタンド)

目黒区青葉台1-23-14

TEL:非公開

営業時間:9:00〜21:00

休み:無休




―― どんどん街なかにコーヒー店が増えていますが、最近の傾向で気になることはありますか?

 

富田:昔は喫茶店やカフェといえば、席数もそこそこあって、ゆったりくつろげる場所というイメージでしたが、最近の傾向は、テーブルのない小規模店舗やスタンドスタイルの店が増えたなあと感じますね。私のスクールのある中目黒にも「SIDEWALK STAND」(サイドウォーク・スタンド)というこじんまりした店があって、とても人気ですよ。




―― たしかに小規模だけど話題の店って多いですよね。

 

田中:週末には、座れないのに行列ができている店も多いですよね。世田谷区太子堂の「OBSCURA LABORATORY」(オブスキュラ・ラボラトリー)や、三田の「PASSAGE COFFEE」(パッセージ・コーヒー)も、小規模だけどいつもにぎわっている印象ですね。



世界中の農園を直接訪れ買いつける「OBSCURA LABORATORY」

こちらはラボラトリー。三軒茶屋駅の南側に着席OKなカフェもある

 提供  OBSCURA COFFEE ROASTERS

店舗のほか、自宅やオフィスでも焙煎したての豆を楽しめる「コーヒー定期便」も好評。詳しくはWEBサイトで確認

 提供  OBSCURA COFFEE ROASTERS


都内に複数店舗をもつ、OBSCURA COFFEE ROASTERS。「OBSCURA LABORATORY」は、焙煎したての新鮮なコーヒー豆の販売と、エスプレッソを主体とするドリンクが楽しめる。



【店舗情報】

OBSCURA LABORATORY(オブスキュラ・ラボラトリー)

世田谷区太子堂4-28-9

TEL:03-5432-9809

営業時間:9:00〜20:00

休み:毎月第3水曜



2017年オープンの注目株!「PASSAGE COFFEE」

大きな窓が、なんとも気持ちよさそうな店構え

 提供  PASSAGE COFFEE

「バリスタの佐々木さんは、エアロプレスの世界チャンピオン。金色に輝くエアロプレス型のトロフィーも要チェックです(笑)」(田中)

 提供  PASSAGE COFFEE


「Paul Bassett」(ポール・バセット)にいたヘッドバリスタ、佐々木修一さんが、2017年3月にオープンさせた。エアロプレスで淹れたやさしい味わいのコーヒーを楽しんで。

 


【店舗情報】

PASSAGE COFFEE(パッセージ・コーヒー)

港区芝5-14-16

TEL:03-6809-3353

営業時間:7:30〜19:00(土・日曜9:00~)

休み:無休




―― コーヒー片手に散歩する人が増えましたよね。

 

富田:テーブル席がない店舗でも人気があるということは、コーヒー店は“座って休む場所”から、コーヒーを“味わいに行く場所”になった、ということですよね。テイクアウトのみのスタンドスタイルが増えていることからも、いかに日本人の生活にコーヒー文化が入り込んでいるかがわかりますよね。



王道を知らずに最旬は語れない


―― ほかに“いま飲みたい”店はありますか?

 

田中:僕は、ここ数年でイマドキな浅煎りコーヒーにハマった口ですが、逆に老舗店にも行くようになりました。ハマるとどんどん飲み比べたくなって(笑)。軽井沢の名店「丸山珈琲」など地方で人気の店が、昨今のコーヒーブームのおかげで都心にも店舗を増やしてくれるのは、うれしいですよね。

 

富田:うちの生徒さんでも、当初はカフェを開業する予定で通っていたのですが、すっかりコーヒービジネスにハマって「丸山珈琲」の社員になった方がいましたね(笑)。セミナーやイベントも勢力的に開催していて、コーヒーファンを増やすことに貢献されています。



生産者の思いをカップに込める「丸山珈琲 西麻布店」

バーエリアにはスチームパンクとエスプレッソマシンが並ぶ

 提供  丸山珈琲

「高級感あふれる店内は、西麻布の街にぴったり。豆の味わいを尋ねると試飲させてくれることも」(田中)

 提供  丸山珈琲


軽井沢で26年続く名店の6店舗目。生産者や農園から直接買付ける事でも有名。シングルオリジンコーヒーのメニューが豊富。

 

 

【店舗情報】

丸山珈琲 西麻布店

港区西麻布3-13-3

TEL:03-6804-5040

営業時間:8:00〜21:00

休み:無休




――次回、 「気になる!もっとも旬な店」後編へ続きます!







■プロフィール

富田佐奈栄さん

カフェ開業・経営指導のスペシャリスト。カフェのビジネススクール「カフェズ・キッチン」の学園長として、多くの卒業生を輩出。2017年9月現在、卒業生の開業者数は320店舗を超える。経営面だけではなく、おいしいコーヒーを淹れるためのスキルなども指導。テレビや雑誌などのメディア出演も多数。

 

田中広志さん

会社員をしながら、コーヒーの焙煎から抽出までの研究を日々重ねているコーヒー趣味人。UCCコーヒーアカデミー認定コーヒープロフェッショナル、SCAJ認定コーヒーマイスター、SCAJ認定ジュニアカッパーなど数々の認定資格取得者でもある。

 

 

===

文:山田裕子(Yuko Yamada)

写真:斉藤純平(Jumpei Saito)

 


最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP