釣り
フライリール、どう選ぶ?
【釣りに夢中!】︎

フライリール、どう選ぶ?


フライフィッシングは、糸の重さを使って、毛バリを狙ったところに投げます。そのため、フライリールはその他の釣法で用いるスピニングリールやベイトキャスティングリールといったリールとは違った構造や姿をしています。

 

そこで今回は、フライで使うリールがどういったものなのかと、おすすめのフライリールを紹介します。



シンプルだから面白い! フライリールとは


渓流でフライフィッシングをする場合、投げるたびにリールを巻くわけではありません。魚が潜んでいそうなポイント(大抵10mくらい先)との距離をはかって竿を振り、フライを1mほど自然に流し終えたらラインを手繰り寄せて次の場所を狙う。つまり片手で竿を振り、もう片方の手でラインを回収するといった動作を繰り返すわけです。



渓流でのフライフィッシング。右手で竿を持ち、左手でラインを手繰っています。リールの設置位置も他の釣りとは違うことも特徴のひとつです
 出典  Funmee!!編集部
渓流でのフライフィッシング。右手で竿を持ち、左手でラインを手繰っています。リールの設置位置も他の釣りとは違うことも特徴のひとつです


では、いつリールを使うのかというと、移動するときです。ひとつのスポットで数回フライを流して反応がないときに、リールを使って糸を巻いてから移動するのです。そのため「糸を収めておくだけの場所」と言われることも。ほかの釣りで使うリールも同じじゃないの? と思う読者もいることでしょうが、スピニングリールやベイトキャスティングリールといったリールには、効率的に釣るためのさまざまな機能が満載されていることに比べると、フライリールはとても単純なものです。



ハーディ「マーキス LWT」。ごくベーシックなフライリールになります
 提供  ピュア・フィッシング・ジャパン
ハーディ「マーキス LWT」。ごくベーシックなフライリールになります


例えば渓流でのフライフィッシングは「ドラグ」機能(※)を使う機会がほとんどないので、フライリールの多くは構造がよりシンプルなラチェットドラグを備えている程度です。また、フライリールはハンドルノブと本体が一体になっています。そのためハンドルを1回巻けば、糸を収めるスプールも1回転します。このこともフライリールならではの特徴といえます。

 

※ドラグ:かかった魚がラインの強度を超える引きをしてきたとき、ラインが切れる前にリールからラインが出る仕組みのこと。ドラグがあることでギリギリのファイトをできます。



フライリールはターゲットによって使い分ける

福岡県・春日原にあるトラウトと海の大物に強いショップ、カスケットのスタッフコーヘイさんが北海道で釣ったイトウ
 提供  カスケット
福岡県・春日原にあるトラウトと海の大物に強いショップ、カスケットのスタッフコーヘイさんが北海道で釣ったイトウ


日本のフライフィッシングの大半は渓流で10mくらいまでのフライラインを投げ続けるスタイルになりますが、上の写真のような大物を狙うこともできます。イトウを釣り上げた例ですが、国内の淡水魚としては、もっとも大きなターゲットになるでしょう。これほどの大物となると渓流とは異なる性能を持ったリールが必要になります。

 

近年は自然の渓流を利用し、禁漁期間に大型のトラウトを放流した釣り場(長野・犀川や山形・寒河江川、栃木・箒川など、通年楽しめる河川もあります)が多くなってきました。その際にはターゲットが大きくなるので、フライリールのドラグ機能を使ったリールファイトが必要になるので、リール選びも変わってきます。



渓流で使うフライリールはコレ!


フライフィッシングの魅力は、釣果を競うだけではありません。むしろその美しいひとときにこそ魅力があります。優雅にたゆたう渓流で竿を振る。そういった自然のなかに身を置く時間を味わうために必要な道具こそフライリールなのです。

 

フライリールは「糸を収納するだけ」の道具ですが、それにもかかわらずいくつかのタイプがあり、それぞれ異なる表情をしています。自分好みの顔をしたリールを選び、大切な時間を愉しむためにも、タイプ別におすすめのリールを紹介します。



インスプールタイプ

ハーディ「ライトウエイト」
 提供  ピュア・フィッシング・ジャパン
ハーディ「ライトウエイト」


渓流のフライリールの定番、ハーディの「ライトウエイト」シリーズ。スプールがフレームの中に入っているインスプールタイプ。万一、リールを何かにぶつけたときに、フレームがあることでスプールの変形を防いでくれます。




ハーディ「ライトウエイト」フライウェイト(※)

 

自重:76g

外径:63mm

標準糸巻き量:DT2+27m / WF3+30m

※フライウェイトのほかに、フェザーウェイト、LRHライトウェイト、プリンセスの3モデルあり



アウトスプールタイプ

ダイワ「ロッホモアA」100A
 提供  Daiwa
ダイワ「ロッホモアA」100A

非常にコストパフォーマンスが高いことで人気のダイワのロッホモアA。大物がヒットしてラインを引っ張られたときに、手のひらをスプールのエッジに押し当てて、スプールの回転を制御することも可能なアウトスプールタイプ。


ダイワ「ロッホモアA」100A

 

自重:120g

標準糸巻き量:DT2F+22yds(20lb.バッキング)、DT3F+11yds(20lb.バッキング)、WF3F+22yds(20lb.バッキング)、WF4F+22yds(20lb.バッキング)



ラージアーバー

ダイワ「ロッホモアSLA3/4」
 提供  Daiwa
ダイワ「ロッホモアSLA3/4」


近年、主流になっている「ラージアーバー」。スプールの口径が大きく、スプール幅も広いことが特徴で、いままでのフラリリールより若干外径が大きくなります。口径が大きいことでフライラインに巻きグセがつきにくく、巻き取りスピードも早くなります。




ダイワ「ロッホモアSLA3/4」

 

自重:115g

標準糸巻き量:DT3F+55yds(20lb.バッキング)、DT4F+40yds(20lb.バッキング)、WF4F+75yds(20lb.バッキング



ハンドメイドリール

やまめ工房「YA29-8910sp」
 提供  やまめ工房
やまめ工房「YA29-8910sp」


工業化された最新のリールにない味わいを求めるならば「ハンドメイドリール」もおすすめです。やまめ工房のYA29はアルミ無垢材から削り出しつくられた一台です。工房で一つひとつ作られた作品のようなフライリールは、まさに相棒のような存在感を持ってくれるので、フライフィッシング愛好家のなかには好んで使う人も多いです。




やまめ工房「YA29-8910sp」

 

適合フライライン:8、9、10DT

自重:290g

サイズ:110φ



オートマチックリール

フルーガー「オートマティック Pflueger Automatic 1195」
 提供  ピュア・フィッシング・ジャパン
フルーガー「オートマティック Pflueger Automatic 1195」


効率性を求めて作られたのが「オートマチックリール」です。このフライリールはコード付きの掃除機のように、出したフライラインを一瞬にして巻き込むことができます。それによって、フライラインを回収する時間を短縮するというわけです。




フルーガー「オートマティック Pflueger Automatic 1195」

 

自重:9.0oz

直径:2-7/8in

スプール幅:7/8"in



じつは増えている渓流以外のフライフィッシング


日本のフライフィッシングは、国土の地形的な特徴からか大半が渓流で楽しむスタイルです。しかし世界に目を向けると、じつは渓流以外で大物を狙うようなフライフィッシングを楽しむ人が昔からいて、近頃国内でも少しずつ増えてきています。

 

そういった大物狙いで使うフライリールは、渓流で使うものより大きかったり、ハンドルにひと工夫が加えられていたり、少し異なる特徴をもっています。



大物狙い向けフライリール

ティボーリール「ビリー・ペイト・シリーズ・リール」
 提供  BLUE DUN
ティボーリール「ビリー・ペイト・シリーズ・リール」


フロリダやコスタリカに生息する「ターポン」やそのほか巨大な魚を海で釣るときに使う定番のフライリールです。アンチリバース機構を備え、魚に引っ張られてスプールが回転してもハンドルは静止したままなので、いざ魚がかかった時に安心して使えます。




ティボーリール「ビリー・ペイト・シリーズ・リール」

 

自重:369g

外寸:95 x 51mm

標準糸巻き量:WF12F + 300yards



遠投に最適化したモデル

東陽工業「JET STREAM OSPREY XZ-3」
 提供  東陽工業
東陽工業「JET STREAM OSPREY XZ-3」


スプールを90度回転させてスピニングリールのようにラインを放出できます。そのため湖沼や海のような広いフィールドで遠投するときに役立ちます。放出時までラインをスプールに収めておけるので、ラインを地面や水面に垂らすことなく操れ、ラインのトラブル回避と手返しのよさで一歩先を行きます。




東陽工業 「JET STREAM OSPREY XZ-3」


自重:191g

外径:93mm

内径:56mm




===

文:竹本福男 (Fukuo Takemoto)

メイン写真提供:ピュア・フィッシング・ジャパン



釣り
釣り
2018年7月13日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング