伊藤和也さん & 1972 XR750 @BLUE SKY HEAVEN
バイク
【二輪ラヴァーズの愛車自慢】︎

伊藤和也さん & 1972 XR750 @BLUE SKY HEAVEN


本格的ツーリングシーズンを迎えた5月19、20日の2日間、ハーレーダビッドソンの日本最大級オフィシャルイベント「ブルースカイヘブン」が開催されました。

 

富士スピードウェイにて盛大に行われたミュージック&キャンプ・フェスに編集部が潜入して、参加ライダーの“相棒”を見せていただきました。



1972年のレギュレーションで’90年代に制作されたレーサーXR750
 出典  Funmee!!編集部
1972年のレギュレーションで’90年代に制作されたレーサーXR750


イベント1日目にサーキットで催された「BSH VINTAGE H-D RACING EXHIRITION」に参加していた伊藤和也さんは、原宿を拠点に展開する人気シルバージュエリーブランド、ファーストアローズのオーナーデザイナー。愛車はハーレーのレーシングモデルXR750で、来場者の注目を集めていました。



アルミ製シリンダーとヘッドを採用した748cc空冷Vツインエンジンをナイトレーシング製フレームに搭載しています
 出典  Funmee!!編集部
アルミ製シリンダーとヘッドを採用した748cc空冷Vツインエンジンをナイトレーシング製フレームに搭載しています


XR750はアメリカのダートトラックレースシーンには欠かせない伝説的名車。アメリカのアマチュアレーサーから手に入れた一台をカスタムショップ「ホットドック」でモディファイやメンテナンスをしています。



JBパワーのケイヒン製FCR39キャブレターを44mm径のアダプターを装着して2基がけしています
 出典  Funmee!!編集部
JBパワーのケイヒン製FCR39キャブレターを44mm径のアダプターを装着して2基がけしています


オーナーの伊藤さんはレースファンとしても知られており、サイドバルブエンジンのレーサー1948年式WRも所有。2018年はハーレーの旧車レース「A.V.C.C.(American Vintage Motorcycle Competition Clubman Roadrace)」にも参戦中です。



2本出しのアップスイープマフラーは、ホットドックでワンオフ(特注)製作したオリジナルです
 出典  Funmee!!編集部
2本出しのアップスイープマフラーは、ホットドックでワンオフ(特注)製作したオリジナルです
レーシングチーム「Hardly Driveable」のTシャツを着用。伊藤さんのシルバーブランド、ファーストアローズはバイク乗りにも人気です
 出典  Funmee!!編集部
レーシングチーム「Hardly Driveable」のTシャツを着用。伊藤さんのシルバーブランド、ファーストアローズはバイク乗りにも人気です


===

文:守田二草(Tsugusa Morita)

写真:澤田 聖司 (Seiji Sawada)

取材協力:ハーレーダビッドソン ジャパン




バイク
2018年7月3日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング