味がこんなにかわる! コーヒードリッパーの奥深き世界
コーヒー
【趣味はコーヒー】︎

味がこんなにかわる! コーヒードリッパーの奥深き世界


オートマチックなコーヒーメーカーと違い、自分の好みの塩梅でコーヒーを淹れることができる。これがハンドドリップの醍醐味です。


そんなハンドドリップに欠かせないアイテムといえば、やはりドリッパーでしょう。コーヒーをドリップするための装置であり、コーヒー粉の受け皿として湯を適度に滞留させ、サーバーやカップにコーヒーを抽出するコーヒードリッパー。構造自体は単純なので、決して高価なものではありません。ところが、ドリッパー探しを始めてみると、驚くほどに多くのモデルが販売させていることに気づくはずです。


今回は、そんなコーヒードリッパーの基礎知識と、オススメのモデルを紹介します。


コーヒードリッパー選びで注目すべきポイントはこの3つ


コーヒードリッパーのバリエーションが豊富な理由は、メーカー各社が考えるコーヒーの美味しさが異なることに起因します。ドリッパーに注いた湯がドリッパーの中に留まる時間が長ければ長くなるほど、抽出するコーヒーは濃くなります。また、湯が粉に浸透する具合や、湯通り(湯が注いでからサーバーに落ちるまでの速度)により、味わいは異なるのがドリッパーの奥深さなのです。


こうした背景を踏まえた、コーヒードリッパー選びで注目すべきポイントは以下の3点です。


コーヒードリッパー選びのポイント1:穴


味わいに直結する抽出時間に大きく影響するのが、ドリッパー下部の”穴”です。穴の数が多ければ抽出時間は短くなり、また、穴が大きい場合も同様に抽出速度は速くなります。


3つの穴が並ぶカリタ式のドリッパー
 出典  Funmee!!編集部
3つの穴が並ぶカリタ式のドリッパー


コーヒードリッパーは、穴の数や穴の大きさの違いにより分類されていることを覚えておきましょう。それぞれの方式は代表的なモデルをリリースするメーカーの名前を冠しています。ここでは主要な4つの方式を紹介します。


・カリタ式/穴数:3つ、穴の径:小さい

・メリタ式/穴数:1つ、穴の径:小さい

・ハリオ式/穴数:1つ、穴の径:大きい

・コーノ式/穴数:1つ、穴の径:大きい


コーヒードリッパー選びのポイント2:形状


穴に続き、味に影響するのがドリッパーの形状です。大きくは「台形型」と「円錐型」に分けることができます。台形のものは広範囲に湯がコーヒー粉に触れるのに比べ、円錐は斜め一直線に湯が落ちていくことなります。また、「リブ」と呼ばれるドリッパーの内側にある溝の形状により、湯通りが変わるります。


円錐型で、リブは美しい螺旋のハリオ式
 出典  Funmee!!編集部
円錐型で、リブは美しい螺旋のハリオ式


各方式の代表的な形状の違いは以下の通りです。


・カリタ式/フォルム:台形型、リブ:直線

・メリタ式/フォルム:台形型、リブ:直線

・ハリオ式/フォルム:円錐型、リブ:螺旋

・コーノ式/フォルム:円錐型、リブ:直線


コーヒードリッパー選びのポイント3:材質


コーヒードリッパーは材質もさまざまです。代表的なものではプラスチック、陶器、金属製(銅製など)、ガラスが挙げられます。プラスチック製は軽量かつ破損しづらいため扱いやすく、また安価です。陶器は耐久性があり、金属製のものは熱伝導率に長け、ドリッパーが温まりやすいので美味しいコーヒーが淹れられるとされています。ガラス製は湯量や抽出具合が目視できるという利点があります。


熱伝導率では群を抜く銅製のハリオ式ドリッパー
 出典  Funmee!!編集部
熱伝導率では群を抜く銅製のハリオ式ドリッパー

まず試すべきはこの3つのコーヒードリッパーだ


ここまで解説してきたように、コーヒードリッパーの違いは湯通りや湯が粉と触れ合う具合による味わいの違いや、扱いやすさにあります。つまり、結論としては、ドリッパー選びに正解はなく、いくつかのモデルを試し好みのドリッパーを探ることが正攻法なのです。とはいえ、数多あるコーヒードリッパーをすべて試すことは現実的ではありません。


そこで今回は、本連載のコーヒー器具選びで頼りにてしている『二子玉川 蔦屋家電』のコンシェルジュ・磯野泰功さんに今、オススメのコーヒードリッパーをレコメンドしてもらいました。


磯野さんは機能とデザイン、使い勝手を総合的に評価する敏腕コンシェルジュです
 出典  Funmee!!編集部
磯野さんは機能とデザイン、使い勝手を総合的に評価する敏腕コンシェルジュです

カリタ(Kalita)「Karita Black TUBAMEドリッパー」

 出典  Funmee!!編集部


「カリタのコーヒードリッパーは名だたるバリスタが愛用している定番中の定番です。円錐型でリブのないこのコーヒードリッパーは、ウェーブフィルターを使います。ウェーブフィルターはその名の通り、波打っていますので、フィルターがドリッパーに触れる面積が少なく、湯通りが良いのが特徴です。そして、3つの小さな穴がバランス良く配置されており、安定した抽出が可能です。結果、雑味が出ずらいのです。そして、モデル名にあるTUBAMEからお気づきの方もいるかと思いますが、このコーヒードリッパーは金物の聖地、新潟県燕三条の地で職人さんが一点一点作っているため、品質としても折り紙つきなのです」(磯野さん)


カリタ(Kalita)「Karita Black TUBAMEドリッパー WDS185」 7,776円(二子玉川 蔦屋家電店頭価格)


ドリッパー底辺に3つの穴が等間隔に配されています
 出典  Funmee!!編集部
ドリッパー底辺に3つの穴が等間隔に配されています
湯通りの良さに定評のあるウェーブフィルター
 出典  Funmee!!編集部
湯通りの良さに定評のあるウェーブフィルター

ウィルファ(Wilfa)「プアオーバー」

 出典  Funmee!!編集部


「オススメのコーヒーメーカーでもご紹介したノルウェー発のブランド、ウィルファのコーヒードリッパーです。通常のドリッパーは、穴の大きさや穴の数、リブの形状で抽出速度をコントロールしていますが、このドリッパーはダイヤル操作で抽出速度を調整できます。サーバーやカップに乗せる皿状の台座を押さえながら、ドリッパー上部を回せば、抽出スピード変えられるのです。目盛りがついているので、迷うことなく好みの抽出スピードを選択できます」(磯野さん)


ウィルファ(Wilfa)「プアオーバー」 6,480円(二子玉川 蔦屋家電店頭価格)


リブはカリタ式やメリタ式に見られる直線タイプ
 出典  Funmee!!編集部
リブはカリタ式やメリタ式に見られる直線タイプ
フィルターは台形型を使います
 出典  Funmee!!編集部
フィルターは台形型を使います

コレス(cores)「ゴールドフィルター」

 出典  Funmee!!編集部


「このブランドもコーヒーメーカー選びで推薦しましたね。そうです、純金メッキのフィルターといえば、右に出る者がいないコレスです。コーヒーの風味を損なう酸化に対して強い純金メッキを施したフィルターを備えたドリッパーで、当然ながら、ペーパーフィルターなどをセットする必要もありません。これひとつで美味しいコーヒーを淹れることが可能なのです。純金メッキに目がとられえますが、湯の抜けが良い縦方向のスリットメッシュを採用するなど、細部にまで優れたドリッパーと言えます」(磯野さん)


コレス(cores)

左)「シングルカップ ゴールドフィルター」 3,024円

中)「ゴールドフィルター 5カップ」 3,240円

右)「ゴールドフィルター 10カップ」 3,780円(すべて二子玉川 蔦屋家電店頭価格)


  提供  二子玉川 蔦屋家電

■撮影協力

二子玉川 蔦屋家電

東京都世田谷区玉川1丁目14番1号二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット

TEL:03-5491-8550

営業:家電9:30〜21:00(音楽、文具は9:30〜22:30)、BOOK9:30〜22:30

休み:元日

https://store.tsite.jp/futakotamagawa/

1杯分に特化した純金メッキを施したフィルターで、1杯抽出が難しいとされるハンドドリップでも手軽に美味しくコーヒーが抽出できる。

===

文&写真:諸橋 宏(Hiroshi Morohashi)

コーヒー
コーヒー
2018年11月6日
Funmee!!ライター
Funmee!!ライター

RANKING

ランキング