• 【世界パン旅 Vol.6】ヨーロッパとアジアが融合!魅惑のベトナム風サンドウィッチ「バインミー」

ベトナム名物のサンドウィッチ「バインミー」は豪快にかぶりつくのが正解! お手軽でおいしくて、思わずあちこちで食べ比べしたくなります。幻想的なランタンが美しいホイアンの夜の景色とともにお楽しみください♪

 出典  Funmee!!編集部


シンチャオ!


ベトナムからこんにちは。世界を旅するライターののっち(@nocci_84)です。


アジアの多彩な食文化とヨーロッパの色がミックスされたこの不思議な国に魅せられ、思わず滞在をゆるゆると延ばしてしまい、気づけば2週間以上もこの国を旅していました。

ベトナムの京都・ホイアンへ、ふらり

 出典  Funmee!!編集部


わたしがこの旅で「絶対に行きたい」と思っていた場所。

それが「ベトナムの京都」の愛称で親しまれている、世界遺産の町「ホイアン」でした。

角をまがるたびに胸をドキドキさせるこの場所は、まるで永遠に続く迷路のよう。

 出典  Funmee!!編集部


そして夜になると町を彩るのは、あふれんばかりのランタン。

ゆらゆらと風に揺れる幻想的な風景は、夢の世界のような、1日限りのお祭りが運ぶ、独特の高揚感のようで。
不思議な場所に迷い込んでしまった錯覚に引き込まれて、いつまでもいつまでもその場に立ち尽くしてしまいます。

ローカル屋台は、新たな食文化への入り口

 出典  Funmee!!編集部


そんなホイアンの町をのらりくらりと歩き出すと、必ず遭遇するもの。

それは食べ物がぎっしりと並ぶ、ローカルの屋台です。

中を覗いては勇気が出ずに立ち去る……これを3回ほど繰り返したわたしに「大丈夫。綺麗だし、おいしいよ」と、のんびり声をかけてくれたのはちいさな屋台のおじさん。

「これは何?」

たずねてみると、返ってくるのは聞いたことのない料理名。

首をかしげるわたしにおじさんは、手をひらひらと宙をかき混ぜるように動かしながら笑うと、屋台の上に置かれていた棒のように長いフランスパンに切り込みを入れ始めました。

アジアとヨーロッパが仲良く混じり合う、特別なサンドウィッチ

 出典  Funmee!!編集部


「できたてだよ」
手渡されたのは、ホカホカ湯気が立ちのぼる大きなパン。

「バインミーだよ。バ、イ、ン、ミー」
聞き取れなくて名前をもう一度たずねると、おじさんは「思いっきりかじって」とジェスチャーしながら今度はゆっくりと発音してくれました。

酸っぱさと甘さと香辛料の香り。ハーブにお肉に、とろりとろけるチーズの食感。ひとくちパクリと頬張ると、口の中がまるでにぎやかな、お祭りさわぎのよう。

わたしはこのワクワクする食べ物、バインミーの大ファンになってしまいました。

トッピングはさまざま。自分好みの屋台を探して

 出典  Funmee!!編集部


パンがこんがり焼かれているもの、そうじゃないもの。お肉が入っているもの、香草が多めのもの。

バインミーに何を挟むかは、お店によってそれぞれ。

もっともおいしいバインミーを探す秘訣は、「とにかく自分の足で探すこと」。

屋台を覗けば、ベトナムの国民に愛されているこのパンに高確率で出会えます。たった150円程度なので、すこし欲張りですが違うお店で食べ比べもできちゃいます。

ちなみにわたしにとっての一番は、レバーのペーストがぎっしり詰まったバインミー。あまりにもおいしいから、3食全部このお店に通いつめてしまう日もありました。

 出典  Funmee!!編集部


「フランスパンを使用するのは、フランスの植民地だった時代の名残なんです」

そう教えてくれたのは、人気店として名高いバインミー屋さんのお姉さん。

ほっぺたがとろけてしまうほどおいしいこの食べ物が誕生した背景には、苦しい時代を生き抜いた人たちの姿がありました。

すこしだけ感慨深い気持ちを抱きながら、今日もわたしはバインミーを頬張るのでした。

 出典  Funmee!!編集部


バインミーはもちろん、ベトナムの他の町でも味わうことはできます。

でもほんわり光が灯るランタンに魅せられながら、夜のホイアンの町をゆるりと楽しんで食べることをわたしは強くおすすめします!

それでは、また!

今回紹介したパン:バインミー

 出典  Funmee!!編集部


ベトナムのサンドウィッチ。長さ20cmほどのフランスパンに、香草やパテ、野菜やチーズなどを挟むローカルフード。具材によって80円〜150円ほどで購入が可能。町中の屋台ワゴンにて購入できます。

【世界パン旅 Vol.5】モロッコの伝統パン「ホブズ」と行く、砂漠の旅

Funmee!!ライター
古性 のっち

予算100万円で世界一周中のフリーライター / バックパッカー。
無類の牛乳好き。各国の牛乳パックを収集してはバックパックに詰め込む日々。
世界中の美味しいパンを求めてさまよっています。朝はごはん派です。
Twitter - @nocci_84



予算100万円で世界一周中のフリーライター / バックパッカー。
無類の牛乳好き。各国の牛乳パックを収集してはバックパックに詰め込む日々。
世界中の美味しいパンを求めてさまよっています。朝はごはん派です。
Twitter - @nocci_84