【ザ・使い込んでる部】#17 “すきま時間”を魅力的に変える編み物!「近畿編針」の竹製輪針 


使い続けるのには理由がある。愛し続けられるのには想いがある。そんな趣味にまつわるこだわりの“私物”を紹介する「ザ・使い込んでる部」。

 

今回は、モデルでBREAD LAB主宰でもある入江葵さんが登場。大好きなパン屋さんで見つけた「ニットカフェ」に参加したことから、編み物の魅力にハマったそうです。



偶然出合ったニットカフェがきっかけ

編み途中の靴下と「輪針」。毛糸の靴下は温かく、冷え知らずに

 出典  Funmee!!編集部


中学校の家庭科の授業で編み物を習ってから、自分でも編み物を始めました。欲しかったマフラーを似せて作ってみたりしたのですが、出来上がってみるとどこか欲しいものとは違ってて。自分で作ったものが、日常で使えないと面白くなくなって、一度はやめていたんです。



輪針を使ってひと針ひと針編み上げていく入江さん

 出典  Funmee!!編集部


ところが昨年のある日、東京、代々木上原にあるお気に入りのパン屋さん「カタネベーカリー」にお邪魔したら、ニットカフェの告知を見つけて。

 

「編み物を再開したい!」とニットカフェに参加したら、中学生のころとはまったく違う「輪針」に出合いました。これで編むと帽子や靴下など筒状のものも簡単に編むことができるんですよ。パンを買いに行ったはずが、すっかり編み物の楽しさにハマってしまって(笑)



「à côté」のスタッフと相談しながら、道具を購入するという入江さん

 出典  Funmee!!編集部


「カタネベーカリー」さんは、隣で雑貨を販売する「à côté」も経営していて、編み針や毛糸なども売っています。そこで「近畿編針」の竹製輪針など道具を購入してニットカフェに参加しました。



一緒に楽しむ人がいるからこそ、創作意欲が湧く

自分で編んだから、サイズぴったりなニット帽がお似合い!

 出典  Funmee!!編集部


一番最初に編んだのは、ダイダイ色の毛糸で作ったマフラーで、次に今日も被っているニット帽に取り掛かりました。ニット帽を作っている時、熱中しすぎて力が入ってしまい編み棒を2本も折ってしまいました(笑)

 

ひとりでYouTubeや本などを参考に編んでいると、分からなくなったり、行き詰まったりするものですが、ニットカフェに参加すればマダムのトモコさんが親切に教えてくれるのでどんどん創作意欲も湧いてきて、来られる時は毎週のように参加しています。



編み物仲間ができるのもニットカフェの醍醐味

 出典  Funmee!!編集部


ニットカフェは1回のお値段も1,000円ととってもお手頃。この金額で「カタネベーカリー」の美味しいお菓子と飲み物が付いてくることもモチベーションアップにつながっています(笑)



毛糸が変わるだけで、気分転換になるという

 出典  Funmee!!編集部


いまは去年から編み始めているマフラーと靴下、ニット帽、セーターなどを同時進行で作っています。ひとつのものだけずっと編んでいると、飽きてしまうので、色々目先を変えながら編み進めているところです。



無駄な待ち時間が、有意義なひとときに変わった

どこへいくときも複数の編み物セットをかばんの中に忍ばせている

 出典  Funmee!!編集部


編み物を始めてから変わったことは、待ち時間がとっても有意義な時間になったことですね。人との待ち合わせでも遅れるという連絡が来ると、いまは「やったー」という気分に(笑)。


仕事でも待ち時間が多いのでその間でチクチク進めようと楽しみにさえなりました。飛行機や電車などの移動も私にとっては大切な編み時間です。

 

目標は、いま取り掛かっているセーターを最後まで仕上げること! セーターはまだ未知の世界なので、どうなるのか不安ですが頑張ります。そしてゆくゆくは、自分で履く靴下は全部自分で手編みしたものにしたいなって思っています。

 

自分にぴったりのサイズのニットアイテムって本当に使い勝手がよくって、あったかいんですよ!




■プロフィール

入江葵さん

 

青山パン祭りから生まれた、パンの楽しみ方をさまざまな形で伝えるBREAD LAB主宰。現在はパンにまつわるセミナー、ワークショップの講師、書籍や・ウェブ媒体での執筆などを行っている。著書に『CRAFT BAKERIES -THE STORY OF ARTISAN BREAD- パンの探求 小麦の冒険 発酵の不思議 EDITION 2015』(メディアサーフコミュニケーションズ株式会社刊)がある。

 

■撮影協力

カタネベーカリー

東京都渋谷区西原1-7-5

TEL:03-3466-9834

営業時間:7:00~18:30

休み:月曜、第1・第3・第5日曜

 

à côté

東京都渋谷区西原1-7-5

TEL:03-6873-7623

営業時間:10:00~19:00

休み:日、月曜

 

 

===

文:千葉泰江(Yasue Chiba)

写真:篠田麦也(Bakuya Shinoda)



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP