【編集長ジャック・酔狂な“モノ”語り】#011 ちょっと旧い、アラビア数字のカルティエ・ロードスター


どうも編集長のジャックです!

先だってこのコラムで書いたロレックスの記事が、ものすごい多くの方に読んでいただけたみたい。


皆さん、時計お好きですねぇ。ということで再びウォッチネタを。アンティークと呼ぶには早いけれど、現行品でない時計って、妙に魅力的だったりします。


僕はウォッチマニアではないし、とびきりの高級時計にも興味はありません(って言いながらパティックフリップのノーチラスには憧れてたりもします、爆)が、このカルティエにはひと目惚れ。



ポートランドに出張に出掛けた際、宿泊していた部屋のソファ横に置いてあったハードカバーの図鑑みたいな本に載っていて、それでこの時計の存在を知りました。


いまカルティエといえば「タンク」が大流行中でしょうか。もちろんタンクも格好いい。ちょっと前のクオーツだったら、中古でヒト桁万円で買えたりしますし。



でも僕は男っぽいロードスターの方が好みです。しかも定番のローマ数字ではなく、僕の持ってるのはアラビア数字の文字盤のもの。このイナタイ感じがたまりませんでした。


件のオイスターデイトは社会人10年目の記念でしたが、これは20年目かな。もちろん中古。購入したいと思った時にはアラビア数字の文字盤は廃盤になっていたし、新品では買えないってことにソソられました。そもそも新品だったら手が出なかったけれど(笑)。


これをしていると、いまでも文字盤を見るたびに「ウフッ」と心の中でニヤけてしまう自分がいます。




===

文:ジャック・タカハシ



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP