70歳からOLまで。みんなの「エベレスト行きたい!」を叶える国際山岳ガイド・近藤謙司さん


標高8,848m、世界最高峰のエベレスト。遠い存在のように思えますが、あなたもエベレストに登頂できるんです。
今回はエベレストへのガイド登頂回数6回、80人もの一般人を8000m級に導いている国際山岳ガイド・近藤謙司さんにお話をうかがいます。

取材にお伺いした日は、2017年エベレスト隊が出発する直前でしたよ!

70歳からOLまで!今年も一般人がエベレストに挑戦する

 出典  Funmee!!編集部


ーー まさにエベレストツアーの直前なんですね。


4月9日に今年のエベレスト隊が出発するんですよ。2カ月くらいかけて、エベレストの手前にあるロブチェ・イースト(6,000m級)とエベレストとローツェにいきます。参加者は全員一般人です。



ーー 参加者のみなさんは、全員エベレストに挑戦するのでしょうか?


エベレスト登頂に挑戦する人もいれば、ベースキャンプに滞在するところまでの人もいます。本気で登山をする人も、トレッキングをしならがベースキャンプ滞在する人も、同じグループ、同じタイミングで同じ時を共有するのです。


日本の登山って、ハイキングやクライミングとかジャンルごとにグループ化されちゃって、ジャンルを超えた横のつながりがないんですよね。僕はジャンルを超えて山好きな人が集まって、時間を共有するのが究極の形だと思ってる。



 提供 近藤謙司さん


ーー どんな人が参加されるんですか?


70歳近い人から、OLさんや学生まで幅広く。OLさんはスキーがきっかけで登山にも興味をもってくれてたんです。ここ2年くらい雪山の勉強やトレー二ングを続けていて、ついにエベレスト登頂まできましたね。



ーー そんな短期間でエベレストに登れるようになるとは驚きです。


もちろん、エベレスト登頂に参加するための条件はありますよ。でも、その条件も講習会や実際のツアーでサポートしているので、できちゃうんですよね。「やるか」「やらないか」ただそれだけの違いなんです。



 出典  Funmee!!編集部


ーー エベレスト登頂に必要なものって何でしょうか?


圧倒的な体力、モチベーション、負けない気持ちの3つですね。自分の足で歩いてもらわないといけないので、歩ける能力だけは持っていてほしいです。あとは、何でも食べれられる、どこでも寝れる、ちょっとくらいお風呂はいらなくても大丈夫とか。トレーニングというよりは、考え方を変えるだけですよね。




登ったから変わるわけじゃない。エベレストに行くと決めた時点で、変わりはじめている


ーー たくさんの一般人をガイドとして導いてますが、みなさん登頂されて何か変わったりしますか?


エベレストに登頂したから変わるのではなくて、「エベレストに行こう」と決めたときから変わっているんだと思います。以前に比べて生き生きしているし、年齢に関係なく魅力的な人間になっていきますね。


 提供 近藤謙司さん


ーー 決めたときから、というのはすごく納得できますね。


30年くらい前までは、めんどうな登山のステップみたいなのがありましたよね。ハイキング、縦走、雪山、岩登り、アイスクライミングとレベルをあげて、やっと海外の山みたいな。これもひとつのスタイルだけど、だからといって「私はまだまだ」と思わなくていいんです。




きっかけは何でもいい、Noフェンスで山に入ってきてほしい

 出典  Funmee!!編集部


ーーなんだか私もエベレストにいきたくなってきました。


僕は「Noフェンス」と言ってるんだけど、自分がやりたいアウトドアを、登山とかスキーとかキャンプといったジャンルごとで考える必要はなくて、自由にやりたいことをやっていいと思うんです。「こういうルールだから」とか「お前にはまだ早い」とか、そういうのは誰かが勝手に作ったフェンスなんですよね。


登山にしても、始めるきっかけは何でもいい。スノーボードで行った雪山が楽しかったとか、音楽フェスでテントはってる人をみかけたとか。ルールがないところが、山や自然の楽しいところですから。




ラッキーの連続で今の僕がある、国際山岳ガイド・近藤謙司さんの原点


■プロフィール

(公社)日本山岳ガイド協会公認 国際山岳ガイド

山の日アンバサダー

株式会社アドベンチャーガイズ 代表取締役

近藤謙司さん


山岳ガイドの仕事をベースに、講演・出演・執筆・教育活動、自然や山岳スポーツを対象としたイベントの企画・運営・コーディネイトなどを手がける。日本人では数少ない国際山岳ガイドの資格を持ち、1998年、冒険と山岳ガイドの旅行会社アドベンチャーガイズを設立。ごく一般の人々を極限の自然へ案内する事に喜びを感じ、夢を実現化させる請負人。



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP