バイク
憧れのオトコバイク!「カワサキZシリーズ」

憧れのオトコバイク!「カワサキZシリーズ」


国内外を問わずヴィンテージバイクの価値が見直されているいま、過去の名作バイクをモチーフにした最新モデルが各社からリリースされています。


なかでも’70年代に日本で生まれたバイク、とりわけ世界中から支持を集めたカワサキのZシリーズに、改めて注目が集まっています。


そこで、過去の名作から最新モデルまで、Zシリーズの歴史や特徴を紹介します。




紆余曲折を経てデビューした初代Zのエンジン


日本のバイク史を遡れば、戦後の’50年代には100社以上のメーカーがバイクを製造、販売していました。その後統合や消滅を繰り返し、いまでは残ったメーカーはわずかひと握り。

 

’60年代の2ストロークのモデルを中心に、徐々に日本製のバイクが世界でも評価され始めますが、やはり日本のバイクのアイデンティティが世界を驚かせたのは、’70年代の4気筒エンジンを搭載したスポーツモデルでしょう。その“日本の4気筒”を世界に轟かせるきっかけとなったモデルは、HONDA CB750FourとKAWASAKI 900FourZ1に他なりません。

 

カワサキは’60年代マッハ系3気筒シリーズの成功で、2ストロークバイクの印象が強かったのですが、4ストローク大排気量バイクの時代が来ることを見越して着手したDOHC750cc 4気筒エンジン(※1)の開発によって、世界最速マシンを目指していました。

 

※1 DOHC:エンジンの吸気弁機構形式のひとつ。エンジンのカムシャフトがふたつあり、吸気側と排気側で別々になっているため、カムシャフトへの負担が減って、バルブ角度などを比較的自由にデザインでき、高い出力も引き出せます。



アメリカでもヨーロッパでも2気筒のOHVエンジンが多いなかカワサキはDOHC4気筒エンジンで世界最速を目指しました(写真は1972年のKZ900Aに搭載されたエンジン)
 提供  カワサキモータースジャパン
アメリカでもヨーロッパでも2気筒のOHVエンジンが多いなかカワサキはDOHC4気筒エンジンで世界最速を目指しました(写真は1972年のKZ900Aに搭載されたエンジン)


1968年のモーターショーでHONDA CB750Fourがデビュー。カワサキの新しいエンジンがほぼ完成し、発表も間近となったタイミングでしたが、CBがSOHCエンジン(※2)だったことを除いて、似通ったコンセプトで作られていたため、カワサキは開発途中のエンジンを検討し直すことになりました。

 

※2 SOHC:DOHCがカムシャフトをふたつ備えるのに対し、SOHCはひとつのみ。エンジン自体をコンパクトにでき、燃費も優れているとされています。



4ストローク大排気量時代を築いたZ1

900Four Z1。HONDA CB750Fourの影響を受けて、プロジェクトを練り直し、約1年後に完成した900ccDOHCエンジンを搭載。写真は特に希少な初年度の1972年式のヨーロッパ輸出用
 提供  カワサキモータースジャパン
900Four Z1。HONDA CB750Fourの影響を受けて、プロジェクトを練り直し、約1年後に完成した900ccDOHCエンジンを搭載。写真は特に希少な初年度の1972年式のヨーロッパ輸出用


世界で初めて900ccDOHCエンジンを搭載した900Four Z1。Zの名はフラッグシップを意味し、背水の陣でカワサキの威信をかけることからアルファベットの最後の文字を付けられたそうです。

 

それまでのロードバイクのイメージを一新するほどに流麗で美しく仕上がったZ1は発売してすぐにアメリカやヨーロッパで好評を博し、カワサキ Zの名を世界に轟かせました。エンジンは開発当時、大排気量4気筒のイメージから“NEWYORK STEAK”と言うニックネームが付けられたそうです。

 

当初、海外輸出のみの販売だったため、いまでは逆輸入車のヴィンテージとして人気があります。



Z1を日本向けにモディファイした750RS(通称Z2)

KAWASAKI 750RS
 提供  カワサキモータースジャパン
KAWASAKI 750RS


世界をターゲットに開発されたZ1には排気量900ccのエンジンが搭載されていましたが、当時は国内メーカーの自主規制によって、日本で販売できるバイクの最大排気量は750ccでした。そこでZ1登場から1年後の1973年、国内販売モデル用として750RS、通称Z2(ゼッツー)がデビューし、日本でも人気を爆発させます。

 

その当時、海外向けに輸出されていたZ1を輸入して乗ることはハードルが高かったため、日本では実質Z2がカワサキのフラッグシップとなりました。程度の良い車体の残存数が極めて少ないこともあり、いまではZ1以上のプレミア価値が付けられています。



Z1-Rはカフェレーサーをイメージ

KAWASAKI Z1-R
 提供  カワサキモータースジャパン
KAWASAKI Z1-R


’70年代後半になるとZ1ライバル車が続々と登場してきたため、カワサキは次なるフラッグシップとしてZ1-RとZ1000 Mk-2を投入。直線基調の斬新なデザインが硬派なカワサキの硬派なイメージを生み出しました。

 

Z1-Rはカフェレーサーをイメージしたカウルを装着し、前後18インチホイールを履いたスポーティなスタイリング。カウルをフレームではなく、フォークにマウントするためハンドリングのクセが強く、当時は不人気でしたが、その独自性の高いスタイリングはいまでもファンから根強く支持されています。



角Zの代名詞といえばZ1000Mk-2

KAWASAKI KZ1000Mk-2
 提供  カワサキモータースジャパン
KAWASAKI KZ1000Mk-2


全てが直線的なラインでシルエットを描くZ1000Mk-2系のデザインは角Zという愛称が付けられました。写真は北米向けに販売されたKZ1000Mk-2。1976年以降は車名がZから始まればヨーロッパ仕様、KZから始まれば北米仕様と区別されています。



航空機のノウハウを取り入れたGPZ

KAWASAKI GPZ1100
 提供  カワサキモータースジャパン
KAWASAKI GPZ1100


カワサキは航空機の開発にも携わっていたため、そのノウハウを利用し空気抵抗を減らすために大きなカウルを装備したGPZ1100。インジェクションを採用し、約120馬力を誇るZ1系エンジン最強の空冷4気筒モデルとして、いまでもヴィンテージがもつ味わいを楽しみながら、本格的な走行性能を追求するライダーに人気が高い一台です。



Z1をイメージした最新モデルが登場!

KAWASAKI Z900RS
 提供  カワサキモータースジャパン
KAWASAKI Z900RS


「ヴィンテージのZシリーズは気になるけど、旧いバイクに乗るのはちょっと不安……」という人も少なくないでしょう。確かに、ヴィンテージは車体によってコンディションがそれぞれ異なるし、フルレストアするにはそれなりに費用もかかります。

 

そこで、現行モデルのZは、スタイリングはZ1をモチーフとしながらも、性能は現代的に仕上がっています。安心感のある走りは絶対に押さえておきたいけど、古いZのスタイルも楽しみたいという人にオススメです。



KAWASAKI Z900RS
 提供  カワサキモータースジャパン
KAWASAKI Z900RS


ティアドロップタンクやテールカウルなど、外装のスタイリングには当時のZ1面影を強く残しながらも、走りの性能は現代の最新技術で磨き上げられたZ900RS。街乗りからロングツーリングまで幅広いシーンに対応し、現代的なスペックとレトロな雰囲気を同時に楽しめます。



巻頭特集で最新のカワサキZシリーズ「Z900RS」を大特集。インプレッションやカスタムなど、Zの系譜をどのように受け継いだのか解剖し、解説しています。


===

文:金原悠太(Yuta Kinpara)



2018年7月13日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング