#04 太平洋クラブ・黒田浩嵩さんの場合
ゴルフ
【11月の特集/お洒落ゴルファーを探せ!】︎

#04 太平洋クラブ・黒田浩嵩さんの場合


ゴルフはユニフォームのないスポーツゆえ、腕前と同様にそのファッションや道具にもヌカリなく。それを実践するお洒落ゴルファーのウエアや道具を調査しました。



第4回は、シングルハンデのお父上の影響で小学校3年でゴルフを始め、大学時代までずっとゴルフ部。それが腰を痛めたことからアパレル業界へ。ビームスゴルフの立ち上げに参加した後に現職、太平洋クラブ成田コースのショップでバイイング&セレクトを担当する黒田さんです。




―― 現在の仕事について教えてください。

 

「太平洋クラブ 成田コースの中にあるゴルフ専門セレクトショップのディレクションを担当しています。メンバーさんをはじめ、感度の高いゴルファーの方々が多いコースなので、1点ものや知る人ぞ知るブランドを中心にセレクトしています。メーカーさんとコラボして企画を立てることも。ゴルフとアパレル、自分のこれまでの人生のほとんどは、この2つで構成されていますから、今の仕事は楽しくて仕方ありませんね(笑)」



シューズはNIKE、ケースはビームスゴルフ

 出典  Funmee!!編集部
 出典  Funmee!!編集部


ナイキのコース クラシックは発売と同時に購入。スパイクレスなので、軽くて楽なのがいいんです。家からそのまま履いてきちゃうことも。シューズケースはビームスゴルフ。ボストンバッグの取っ手に引っ掛けられるので便利です。



イタリアンレザーを使ったレザレクションのキャディバッグ

 出典  Funmee!!編集部


パーヴォ―というスタンドモデルを愛用。カラーリングが豊富なブランドですが、僕が選んだのはグレー×ホワイト。別売りもしているパターキャッチャーは、ショップでもギフト用に購入される方が多い人気商品です。




―― ゴルフファッションへのこだわりは?

 

「ビームス出身ということもありますが、やはりベースはアメカジです。ゴルフブランドではないメーカーのアイテムも、機能さえきちんとしていれば積極的に取り入れるようにしています。たとえば今日のこのブルゾンもブルックス・ブラザーズのもの。普段の私服としても活躍していますが、ラウンドで着てもまったく遜色がないんです。パンツもロッククライミング用のウエアを作っているロックス製。ストレッチが抜群に効いていて、動きやすい。いま注目しているのは、元RLXのデザイナーが立ち上げたグレイソンというブランド。ゴルフではめずらしく、NY発ということで気になっています」



300ヤードも夢じゃないPXGのドライバー

 出典  Funmee!!編集部


流行りに乗ったわけではなく、PXGのドライバーは本当にスゴイんです(笑)。強い球が出るので、ブレずに飛ぶ! 思いっきり振れば300ヤード飛びますよ。アイアンはクラブからは撤退してしまいましたが、ナイキのVR PROが現役です。



キラーパターは2ボール ブレード

 出典  Funmee!!編集部


さんざん浮気しましたが、グリップをレザーのマスターグリップに替えたら、しっくり来て。復活愛を育んでいる最中です(笑)



異素材ミックスのヘッドカバー

 出典  Funmee!!編集部


ニールグ&コーのサンプルアイテムなんですが、表地はスエット、裏地がフリースなんです。アメカジ好きのツボに刺さります(笑)



G-FOREの迷彩グローブ

 出典  Funmee!!編集部

 

好きなテーストとは違うのですが、インスタなどで見せるブランドの世界観が抜群にカッコよくって。グローブだけワンポイントで愛用中。

 


ゴルフ
ゴルフ


===

文:一寸木芳枝(Yoshie Chokki)

写真:良綱(Yoshituna)/PEACE MONKEY



ゴルフ
ゴルフ
2017年11月27日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング