【僕のサン=サーンス II】#01 音の学び舎、国立音楽大学に突撃!(校舎見学編)


いつの日かの憧れを叶えようとする大人の本気は、年始から混線迷走!?

始めたばかりのチェロで名曲『白鳥』を弾きたい思いだけで突き進む連載企画『僕のサン=サーンス』。

 

お待たせしました。いよいよ第2シーズンの幕開けです。

2018年は、一般人には未知の部分が多い音大の見学会からスタート。

我が師アキコ先生の母校、国立音楽大学を訪ねました。



ケヤキ並木と新1号館。国立音大、イケてます

ケヤキ並木と新1号館。国立音大、イケてます

 出典  Funmee!!編集部


アキコ先生(以下アキコ):キャ~、ぜんぜん変わってるぅ!

トナオ:校舎が違っているってこと? ちなみにアキコ先生が通っていたのは何年前ですか?

アキコ:え~と、十ウン年前。噂には聞いていたけれど、こんなにピカピカに生まれ変わったとは……。

 

野崎:本日ご案内させていただく国立音楽大学 広報センターの野崎です。2011年にレッスン棟の新1号館が竣工したことで、キャンパスも様変わりしたと思います。

トナオ:敷地全体に清潔感が漂ってますな。しかも女の子が憧れそうなザ・キャンパスのイメージ。

 

野崎:ちなみに現在は、約1,600人の学生中、女子が8割を占めます。

トナオ:お、憧れるような、怖いような……。

野崎:では、新しい国立のシンボルでもある新1号館をご案内しましょう。



こちらキャンパスマップ。まずは2011年に建った新1号館へ

こちらキャンパスマップ。まずは2011年に建った新1号館へ

 提供  国立音楽大学

 

建物中央の吹き抜けから仰ぎ見る天井の高さと言ったら……(左からアキコ先生。国立音大の野崎さん。トナオ)

建物中央の吹き抜けから仰ぎ見る天井の高さと言ったら……(左からアキコ先生。国立音大の野崎さん。トナオ)

 出典  Funmee!!編集部


トナオ:うへぇ~。まるで大型コンサートホールみたいな建物だなあ。

野崎:2011年に完成した新1号館は、ピアノの鍵盤をイメージした階段状の外観を特徴とする校舎です。コンサートホールのようだとおっしゃっていただきましたが、実際には108室のレッスン室や大小のアンサンブル室、オーケストラスタジオなど、最高水準の音響空間を備えたうえで、教育設備として充実した造りになっています。

 

キコ:私、さっきからずっと違和感を覚えているんだけど、校舎の外や校舎内の廊下で楽器を弾く学生が全然いないの。

トナオ:確かに。音大と言えばあちこちからいろんな音が響いてくるものと思っていましたよ。

野崎:アキコ先生が在学中はそんな光景が普通でしたが、演奏の質を向上させるため練習室のみで練習する方針に変りました。また、近隣に住宅が増えてきたという事情もあります。

キコ:あらま、本当に様変わり。

トナオ:そりゃ十ウン年も経てばねぇ。



アキコ先生曰く、至るところで練習する学生がいなくなったとは言え、廊下にさり気なく管楽器は非日常的光景ですよね

アキコ先生曰く、至るところで練習する学生がいなくなったとは言え、廊下にさり気なく管楽器は非日常的光景ですよね

 出典  Funmee!!編集部

 

ツインピアノの統合練習室。「あんまり弾けないのよぉ」とアキコ先生。そんなこたぁありませんでしょ

ツインピアノの統合練習室。「あんまり弾けないのよぉ」とアキコ先生。そんなこたぁありませんでしょ

 出典  Funmee!!編集部


キコ:お、ここは昔と場所が変っていない。でも、私はあまり来なかったなあ。

野崎:S.P.C.と呼ばれる統合練習館です。2台のグランドピアノが入る大きな部屋を含め、約90室の個人練習場所です。

トナオ:ここに籠ったらすぐにチェロが上達しそうだ。

キコ:でも、私と違って大学の先生は厳しいよぉ。

トナオ:ゾクッ。しかしアキコ先生はなぜ個人練習室にこなかったの? チェロ専門だったからピアノがある部屋には用がなかった?

キコ:授業以外はチェロ研究室という場所か廊下で弾いていましたからね。

トナオ:そもそもアキコ先生が属していた学科って何?

キコ:器楽学科。で、合ってます?

野崎:はい。学科再編がされて現在は、演奏・創作学科と音楽文化教育学科の2学科があります。もともと器楽学科は、演奏・創作学科のなかに入りましたね。



図書館の宇田川さん(左)の案内にて、世界音楽大事典からサン=サーンスの記述を繰る素人さん

図書館の宇田川さん(左)の案内にて、世界音楽大事典からサン=サーンスの記述を繰る素人さん

 出典  Funmee!!編集部


野崎:もうひとつお見せしたいのが、2016年11月にリノベーションした4号館の図書館です。図書館は一般公開されていませんが、今日は特別にご案内させていただきます。

キコ:明るくなったなあ。って、また昔とくらべちゃった。

野崎:原書の英語版やドイツ語版、日本語版がそろった世界音楽大事典などの蔵書が40万冊。その内の14万冊は楽譜です。楽譜を含め、音楽大学の蔵書数では東洋一とも言われています。蔵書はオンラインで検索して書庫から取り出します。

トナオ:楽譜だけで14万冊って、やっぱりスゴいな音大。



音楽に関する文献、40万冊を収蔵

音楽に関する文献、40万冊を収蔵

 出典  Funmee!!編集部

何種類もある『白鳥』の楽譜をピックアップしてもらいました。「こんなにあっても音符が読めないですけどね」と言って失笑を買う素人さん

何種類もある『白鳥』の楽譜をピックアップしてもらいました。「こんなにあっても音符が読めないですけどね」と言って失笑を買う素人さん

 出典  Funmee!!編集部

 

これまた特別ご招待の学食。メニュー豊富! いちばん楽しみにしていたのは……

これまた特別ご招待の学食。メニュー豊富! いちばん楽しみにしていたのは……

 出典  Funmee!!編集部


キコ:やっぱり学食行きたいでしょ。場所は昔と同じ5号館のままなんだ。唐揚げはぜひ食べてください!

トナオ:アキコ先生、盛り上がってきた。それにしてもお昼前後は大盛況ですね。

野崎:学生はもちろん、教職員も利用しますから。私は先にいただいてしまったので、ソフトクリームにしておきます。

キコ:かわい~い。



昼時は大混雑。女子学生が目立ちます

昼時は大混雑。女子学生が目立ちます

 出典  Funmee!!編集部

当時から楽しみだったというアキコ先生リコメンドの唐揚げは1個70円。カレーの中サイズが290円

当時から楽しみだったというアキコ先生リコメンドの唐揚げは1個70円。カレーの中サイズが290円

 出典  Funmee!!編集部

僕は厨房の方のオススメで、中盛りでもボリューミーな中華雑炊340円&タケノコの土佐煮80円と野菜コロッケ70円。計490円。安っ!

僕は厨房の方のオススメで、中盛りでもボリューミーな中華雑炊340円&タケノコの土佐煮80円と野菜コロッケ70円。計490円。安っ!

 出典  Funmee!!編集部


トナオ:ところで国立音楽大学のオススメって何でしょう?

キコ:自分で巻き取るソフトクリームが美味しい。

トナオ:アキコ先生は唐揚げに集中してください。

野崎:新1号館などの設備の良さはもちろんですが、学校全体の雰囲気としては、教員も学生も切磋琢磨しながら共に勉強していこうとする姿勢ではないでしょうか。そこに垣根を感じません。たとえば作曲専修の学生のために他の専修の学生が演奏を手伝うことも自然に行われています。お互いに刺激を受け合っている姿は清々しいですね。

キコ:う、このカレーの酸味が利いている味わい、変ってない。うれしい!

トナオ:そんな清々しさは卒業生にも刻まれたままなんですね。アキコ先生、よかったね。

キコ:え、何の話?



卒業から十ウン年の時を一気に飛び越えたカレーの味に泣くアキコ先生なのでした

卒業から十ウン年の時を一気に飛び越えたカレーの味に泣くアキコ先生なのでした

 出典  Funmee!!編集部

著名な作曲家の初版楽譜や自筆譜を壁に施した新1号館。次回は、国立音大の現役チェロ学生に会います!

著名な作曲家の初版楽譜や自筆譜を壁に施した新1号館。次回は、国立音大の現役チェロ学生に会います!

 出典  Funmee!!編集部


===

文:田村十七男(Tonao Tamura)

写真:伊藤博幸(Hiroyuki Ito)

取材協力:国立音楽大学



■注記

本記事は国立音楽大学の許諾を得たうえで取材・撮影を行っています。学生や大学関係者を除き、無断での立ち入りはご遠慮いただいております。



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP