【編集長レポート】BOSE の新発想スピーカーを体験してきた!

どうも編集長のジャックです!

 

高性能スピーカーでお馴染みのBOSEはご存知ですよね?


BOSEといえば若かりし頃から、洗練されたカフェやお洒落な美容室といった高感度な場所には必ず設置されていたし、ポルシェのオプションサウンドシステムを担当していたりと、“スノッブな音を響かせてくれる”の代名詞。


BOSEのあるところでは、常にいい音が流れていて、高級時計やハイクラスな一眼レフ同様に、いつかはBOSEを手に入れたい……と、いつも甘酸っぱい想いに駆られるブランドなのですが、そのベースがあるからこそ、革新的なアイテムをリリースして僕らを事あるごとに驚かせてもくれます。例えばここ最近ではヘッドホンの潮流を変えてしまったノイズキャンセリングとかね。


そこにきて、またしても「こんなのほしかった!」なスピーカーをリリース。その招待イベントにお邪魔してきました。

肩に掛かっているのが、イイ仕事してくれる最新スピーカーなのであります

肩に掛かっているのが、イイ仕事してくれる最新スピーカーなのであります

 出典  Funmee!!編集部

それがコレ!「BOSE SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER」。肩に掛けてブルートゥースを介して使うウェアラブルスピーカーなのです。まずはディテールをレクチャーしてもらいつつ、その音を初体験。肩にかけて普通に自分で聞こえる音量にすると、まず周囲の人に「ねぇ、音、そっちにも聞こえる?」って、聞きたくなるのがこのスピーカーの“あるある”でしょうか(笑)。

 

ですが自分が存分に満喫できる音量にしても、周囲には最低限しか音が漏れません。僕もイヤホンも使いますが、このスピーカーの方がいいのでは? というシチュエーションがいろいろありそう。つまり「音を楽しむ環境にいながら、周囲の音にも気を配れる状況」に最適なスピーカーだわ、というのが第一印象です。

スタッフの方にまずはレクチャーしてもらいました。電話の着信にも対応できるし、Bluetoothでの連携もカンタン。スマホに入れたアプリで音質の変更もできます

スタッフの方にまずはレクチャーしてもらいました。電話の着信にも対応できるし、Bluetoothでの連携もカンタン。スマホに入れたアプリで音質の変更もできます

 出典  Funmee!!編集部

BOSEさんもこのスピーカーを発表するにあたって、そういう状況に最適なのは折り込み済みで、会場では「こんな際に使うといいのでは?」な提案ブースを用意してくれていました。

SCENE #1  ワーキングスペースで集中する際に

もちろんPCからの音源もBluetoothで連携できます

もちろんPCからの音源もBluetoothで連携できます

 出典  Funmee!!編集部

特にPCで原稿を書いていたりすると、周囲の雑音に邪魔されず、自分の世界にこもって!? お気に入りの音楽をBGMに作業を進めたかったりしますが、そこは仕事場ですからいろいろとコミュニケーションも取らないといけませんよね。そんな時こそ、このスピーカーの真骨頂でありますね。

SCENE #2  キッチンで腕をふるいながら

料理を作るより邪魔して飲んでる方が圧倒的に多いのですが……

料理を作るより邪魔して飲んでる方が圧倒的に多いのですが……

 出典  Funmee!!編集部

料理作ったりするの? なんて突っ込みはヤメテね。確かに一番得意のなのは、たこ焼きだったりしますが(爆)、キッチンに立った時、リビングにいる隣人の邪魔をしないようにとか、部屋全体で大きな音が出せない時に、素敵なBGMとともにフライパンを振るうのは楽しいかも。これなら宅急便の来訪や電話の着信にもしっかり気づけます。

SCENE #3  リビングでくつろぎながら

自分だけでいい音を楽しむ贅沢を、存分に堪能できます

自分だけでいい音を楽しむ贅沢を、存分に堪能できます

 出典  Funmee!!編集部

実は僕が一番試したいのは、このシチュエーションです! 編集者という仕事柄、帰宅も遅く、家人も寝ていることも多くて。ですが、自宅に戻ってからベッドに入る時間って、クールダウンとしてとても大事。読みかけの小説を読む際のBGMや録画してあったTV番組を再生する際に、寝ている人を気にしないでいい音を楽しめるのって、本当にありがたい!

 

しかも流石BOSE、スマホにダウンロードしたアプリで細かい音質や機能の設定も可能なのです。

このスピーカーを使い出したら、こういう感じに多々なりそうです

このスピーカーを使い出したら、こういう感じに多々なりそうです

 出典  Funmee!!編集部

ただし、心地よい音と共に読書なんてシチュエーションになったら、すぐにうたた寝しちゃいそうですけれどね。


とまれ、音が生活の一部になっている人にはもちろんのこと、そうでなかった人も、このスピーカーが日々の暮らしをさらに豊かにしてくれるスパイスとなってくれそう。さて、貴方ならどんなシチュエーションで使いますか?



======

文:ジャック・タカハシ

写真:鈴木規仁


Sponsored by ボーズ合同会社



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP