釣り
まさに釣りの格闘技!? トップウォーター
【釣りに夢中!】︎

まさに釣りの格闘技!? トップウォーター


ルアーフィッシングのジャンルのひとつに「トップウォーター」と呼ばれるものがあります。その名の通り、水面でルアーを動かし魚を誘うスタイルで、狙った魚がルアーに食いつく瞬間は迫力満点です。また沈ませて動かすルアーとは異なり、全てが見える水面でルアーを動かし誘うため、よりルアーに「食いつかせた感」が味わえます。

 

そのようなドキドキや満足感を味わいたいために、「自分はトップウォーターしかやらない!」という釣り人もいるほどおもしろい釣りの特徴と、魚種別の楽しみ方を紹介します。

 


淡水も海も「トップウォーター」で釣りたい

トップウォータールアーのひとつ「ポッパー」にヒットしたブラックバス(写真のルアーはレイドジャパン・TWO SIDE)
 出典  Funmee!!編集部
トップウォータールアーのひとつ「ポッパー」にヒットしたブラックバス(写真のルアーはレイドジャパン・TWO SIDE)


水面でルアーを動かし魚を誘うトップウォーターの釣りは、淡水、海水問わずさまざまな魚がターゲットになります。

 

淡水ならブラックバスはもちろん、トラウト類やライギョなど。海ではシイラやブリ、ヒラマサといった大型の魚がずらり。これらの魚たちが、自分の操るルアーに目の前で食いつく姿を想像してみてください。それがトップウォーターの醍醐味のひとつなのです。



水面で小魚が跳ねる「ナブラ」状態はチャンス!


トップウォーターで狙う魚たちは小魚をエサとしているため、群れを水面まで追い込むことがあります。その際、水面という壁にぶち当たって行き場を失った小魚たちが、パニック状態に陥って水面でバシャバシャと暴れる「ナブラ」と呼ばれる状態になります。ナブラは、すぐ下に対象魚がいることを表しているので、まさにトップウォーターで釣れるチャンスです。すばやく竿を振り、ルアーをナブラの付近に届けましょう。



水面に小魚が追いつめられた状態の「ナブラ」。小魚は空からは鳥に狙われ、下からは大きな魚に狙われる。こんな状態に遭遇すれば、トップウォーターで狙うチャンス
 出典  Funmee!!編集部
水面に小魚が追いつめられた状態の「ナブラ」。小魚は空からは鳥に狙われ、下からは大きな魚に狙われる。こんな状態に遭遇すれば、トップウォーターで狙うチャンス

ルアーの大きさ、形など多種多様!


トップウォーターの釣りは、水面で動かすため、水面に浮かぶタイプのルアーを使います。それを釣り竿の穂先を動かし、水面で躍らせ、魚の興味を惹きつけ捕食させます。そして狙う魚により、いろいろな種類のトップウォータールアーがあります。そのなかで、いろいろな魚種に対応する代表的なものが「ポッパー」と「ペンシルプラグ」と呼ばれるタイプです。さらにブラックバス釣りなどではカエルを模したトップウォータールアーも使います。



水しぶきをあげて走る「ポッパー」

ルアーの頭部分のカップで水を掴み、ルアーを動かすと飛沫を上げてアピール(写真のルアーはフィッシャーマン社・クレイジースイマー)
 出典  Funmee!!編集部
ルアーの頭部分のカップで水を掴み、ルアーを動かすと飛沫を上げてアピール(写真のルアーはフィッシャーマン社・クレイジースイマー)


ポッパーは、ルアーの顔の部分に、「カップ」と呼ばれる凹みがあり、ルアーを竿先で動かすことで、カップが水をつかみ、水しぶきを上げて魚にアピールします。淡水で使用する小型のものから、大型魚狙いで使う重量100gを超す大型のものまであります。



竿先に呼応して左右に動く「ペンシルプラグ」

左右に動きアピールするペンシルプラグ(写真のルアーはフィッシャーマン社・⊿(デルタ)4)
 出典  Funmee!!編集部
左右に動きアピールするペンシルプラグ(写真のルアーはフィッシャーマン社・⊿(デルタ)4)


ペンシルプラグは、水面に浮くフローティングと沈むタイプのシンキングがあり、トップウォーターではフローティングタイプを使います。

 

リップと呼ばれるベロのようなものが付いておらず、常に浮いており、竿先を動かすことで左右にコントロールできます。竿先を細かくちょこちょこと動かせば細かく、大きく動かせば大きく右へ左へと動きます。ペンシルプラグの種類によって、より最適な操作法があります。



その他、カエルや虫など多彩な選択肢


トップウォーターのルアーは、カエルを模した「フロッグ」、虫を模したタイプ、魚が普段エサとして食べているものから大きくかけ離れている形状ながら、その動きと波動で魚を引き寄せるユニークな形状をしたものなど、様々な形状のものがあり、これらを使い分けて遊ぶこともできます。



カエル形状のルアー、フロッグ。水面でカエルの動きを演出する(写真のルアーはダイワ・スティーズフロッグ)
 提供  Daiwa
カエル形状のルアー、フロッグ。水面でカエルの動きを演出する(写真のルアーはダイワ・スティーズフロッグ)

対象魚別トップウォーターの遊び方

ブラックバス


食欲旺盛で、さまざまな生き物をエサとして捕食するブラックバスは、トップウォーターの種類も多彩です。スタンダードなのは、ペンシルプラグ、そしてポッパーです。広くフィールドを探るときに活躍します。またポッパーは1カ所をネチネチと探ることも可能です。

 

その他、フロッグも使います。ハリ掛かりしやすいように柔らかい素材で作られたこのルアーを、カエルが泳いでいるように泳がせたり、水草の上に投げ、あたかも水草から飛び込んだカエルを演出してブラックバスを誘います。フロッグにも飛沫を上げてアピールできるポッパータイプもあります。



「フロッグ」に食らいついたブラックバス。ブラックバス釣りには、フロッグの他さまざまなトップウォータールアーを使った釣り方があります(写真のルアーは、エバーグリーン・コンバットルアーズ・キッカーフロッグ)
 出典  Funmee!!編集部
「フロッグ」に食らいついたブラックバス。ブラックバス釣りには、フロッグの他さまざまなトップウォータールアーを使った釣り方があります(写真のルアーは、エバーグリーン・コンバットルアーズ・キッカーフロッグ)


さらにブラックバス釣りでは、セミを模写したトップウォータールアーを使うこともあります。木が生えている岸際に投げ、木から落ちたセミや虫を演出して誘います。このように水際の環境をみて、どういったルアーを選ぶといいか考えるのも楽しみのひとつです。

 


その他の淡水魚


日本国内のトップウォーターで狙える魚はトラウト類、ライギョなどがいます。トラウトには専用のトップウォータールアーが発売されています。またライギョはフロッグで狙うのが面白く、この釣りをメインに楽しんでいる釣り人もいます。



シイラ

身近な海で狙え、大型も狙えるシイラフィッシング。シーズン最盛期はトップウォータープラグに激しく食らいついてきます
 出典  Funmee!!編集部
身近な海で狙え、大型も狙えるシイラフィッシング。シーズン最盛期はトップウォータープラグに激しく食らいついてきます


海の世界にもトップウォーターで釣る魚は多くいます。そのなかで代表的な魚と言えるのが船から狙うシイラフィッシングでしょう。

 

シイラは夏場、水温の上昇とともに沿岸に姿を現し、トップウォータープラグに果敢に食らいついてきます。特に黒潮が影響しているエリアに多く生息し、相模湾、駿河湾では湾内の豊富な小魚によって居着くため、シイラを狙った遊漁船が盛んです。

 

ちなみにシイラ狙いでは、シーズン最初はシンキング系のペンシルプラグが活躍しますが、最盛期になるとフローティングペンシル、ポッパーがメインとになるくらい、トップウォーターゲームが楽しめます。シイラは、ルアーの捕食も派手で、引きも強く、サイズも1mを超すものもいるため、スポーツフィッシングとして人気が高いです。



シイラゲームでは、110mmほどから140mmほどのペンシルやポッパーを使用します
 出典  Funmee!!編集部
シイラゲームでは、110mmほどから140mmほどのペンシルやポッパーを使用します

青物(ブリ、ヒラマサなど)


日本の広い範囲に生息するブリ。ブリはワカシ→イナダ→ワラサ→ブリと成長する出世魚です(関東での呼び名)。そしてどのサイズでも船からトップウォーターで釣ることができます。狙う状況は、エサとなる小魚を水面付近まで追っていたり、興味を示しているとき。つまりナブラが出ていれば、ブリをトップウォーターで狙うチャンスです。



トップウォーターで誘い食ってきたヒラマサ(写真のルアーは、マングローブスタジオ・ボラドール フローティング170F)
 出典  Funmee!!編集部
トップウォーターで誘い食ってきたヒラマサ(写真のルアーは、マングローブスタジオ・ボラドール フローティング170F)


またヒラマサもトップウォーターで狙うことができます。ヒラマサを狙う場合は、アピール力のある大型のフローティングプラグを使用し、「誘い出し」というテクニックでプラグを動かしてヒラマサの興味を惹きます。誘い出しは、後方が沈み、直立に近い浮き方をするペンシルプラグを使用します。


釣るときは竿を大きく動かしてアクションを加えます。竿をホウキでゴミを大きく掃くような感じに動かすことで、ペンシルプラグが水面直下に潜りつつ、S字を描くような動きを出して誘うのです。釣れるヒラマサのサイズは小型から大型まで。20kg、30kgといった大型もこの方法でキャッチされています。



青物狙いの場合は、捕食されている小魚のサイズに合わせてルアーサイズをセレクト。アピール重視で大きいサイズを使用することもあります
 出典  Funmee!!編集部
青物狙いの場合は、捕食されている小魚のサイズに合わせてルアーサイズをセレクト。アピール重視で大きいサイズを使用することもあります

その他の海の魚


トップウォーターで狙える海の魚は、他にもたくさんあります。手頃なサイズの魚で言えば、メッキ(ロウニンアジなどヒラアジ系の幼魚)、クロダイ、シーバス(スズキ)、カツオ類などです。

 

大型の魚では、近年はキハダ(マグロ)狙いのトップウォーターゲームが人気で、夏場になると相模湾や駿河湾、遠州灘沖、三重県沖などで盛り上がっています。サイズは20kgから40kgまでが多く、それ以上のサイズもキャッチされています。



こんなサイズのキハダが、相模湾でトップウォータプラグにヒットします
 出典  Funmee!!編集部
こんなサイズのキハダが、相模湾でトップウォータプラグにヒットします


また究極のトップウォーターゲームといえば、GTと呼ばれるロウニンアジを狙ったゲーム。ロウニンアジは50kgを超える大型になり、さらにその引きの強さから、「いつかは釣りたい魚」のひとつとして挙げられ、ポッパー、ペンシルともに使用します。またクロマグロも、東北日本海側ではトップウォーターで狙える魚です。



ポッパーにヒットしたロウニンアジ
 出典  Funmee!!編集部
ポッパーにヒットしたロウニンアジ
ロウニンアジは引きが強く、スポーツフィッシングのターゲットとして世界的に人気。大きいものは50kg以上になります
 出典  Funmee!!編集部
ロウニンアジは引きが強く、スポーツフィッシングのターゲットとして世界的に人気。大きいものは50kg以上になります

「青物&真鯛」の特集を組み、ヒラマサやブリ、サワラ、真鯛などを、トップウォーターやその他さまざまなルアーを使って得られた釣果をレポート。

ブラックバス釣りを中心に、トップウォーターで釣るためのテクニックや遊び方、ルアー情報などを一冊に。目の前でルアーに食いつく瞬間のドキドキを楽しもう。


===

文・写真:大本英則(Hidenori Omoto)

写真:雑誌「バスワールド」、「ソルトワールド」(エイ出版社



釣り
釣り
2018年7月17日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング