「山×秘湯」で、登山の楽しさは倍増します!(前編)


山を歩かないとたどり着けない、山のなかにある秘湯。また、登山口近辺にも、魅力的な温泉はたくさんあります。

 

そこで、山と温泉を楽しむ4人だけの小さな山岳会「岳泉会」会長の木下綾乃さんに、山&温泉の楽しみ方を教えてもらいました! 前編では登山初心者でも訪れやすいふたつの湯を紹介します。



「雲上の湯」のある場所は谷になっていて、周囲がゴロゴロした岩に囲まれているのもワイルド!

「雲上の湯」のある場所は谷になっていて、周囲がゴロゴロした岩に囲まれているのもワイルド!

 写真提供  岳泉会


長野県から山梨県にまたがる八ヶ岳は、登山初心者からクライマーまで、四季を通じてさまざまな楽しみ方ができる山域です。なかでも本沢温泉のある北八ヶ岳、通称「きたやつ」は、針葉樹林やコケ、湖、草原などの広がる穏やかな山並みが特徴で、登山者だけでなく観光客の姿も見られます。



のどかな樹林帯をのんびり歩いていく

のどかな樹林帯をのんびり歩いていく

 写真提供  岳泉会


「このとき、岳泉会としては2〜3回目の山行だったんですが、八ヶ岳は山小屋がみんなかわいくて感動しました!」と木下さん。



途中で立ち寄った、『しらびそ小屋』のかわいい看板。この山小屋は食が充実していることでも有名だ

途中で立ち寄った、『しらびそ小屋』のかわいい看板。この山小屋は食が充実していることでも有名だ

 写真提供  岳泉会


稲子湯の登山口から歩くこと約3時間40分で、日本一標高の高い野天風呂「雲上の湯」のある本沢温泉に到着! 野天風呂とは泉質の違う、落ち着いた雰囲気の内湯もあり、温泉好きにはたまらない。

 

「山小屋で中に水着を着ていって、野天風呂の近くで服を脱いで入るスタイルです。水着を着ているとはいえ脱衣所もない混浴なので、ちょっと勇気がいりましたが、すごくいい経験ができました!」



標高約2,110mの本沢温泉に到着!

標高約2,110mの本沢温泉に到着!

 写真提供  岳泉会


本沢温泉

 

長野県南佐久郡南牧村海尻 国定公園内

TEL:090-3140-7312

営業期間:通年

料金:日帰り入浴 野天風呂雲上の湯700円、内風呂800円、1泊2食8,700円〜、素泊まり6,000円〜



鳩待峠から約3時間半歩いた場所にある『温泉小屋』。この山小屋風の別館と、新築の本館がある

鳩待峠から約3時間半歩いた場所にある『温泉小屋』。この山小屋風の別館と、新築の本館がある

 写真提供  岳泉会


「山登りをしているのに登りが苦手なので(笑)、平坦な道が続く尾瀬には行きたかったんです。新宿からバスと乗合タクシーで鳩待峠に到着したら、そこは隔離された別世界でした」

 

尾瀬ヶ原は日本有数の高層湿原で、湿原特有のミズバショウやミズゴケといった植物も見られ、登山者だけでなく観光客も多数訪れます。至仏山と燧ケ岳というふたつの百名山もありますが、山に登らず木道を歩いていくだけでも、さまざまな景色を楽しめます。



湿原の木道を歩いていると、なんと虹が! 山小屋の人も「あんまり見たことがない」という希少な光景に出会って、感激

湿原の木道を歩いていると、なんと虹が! 山小屋の人も「あんまり見たことがない」という希少な光景に出会って、感激

 写真提供  岳泉会

尾瀬の湿原では、そこかしこで美しい風景に出合う。「疲れたときとかに、ぼんやり尾瀬の景色を思い出しちゃいます」と木下さん

尾瀬の湿原では、そこかしこで美しい風景に出合う。「疲れたときとかに、ぼんやり尾瀬の景色を思い出しちゃいます」と木下さん

 写真提供  岳泉会


鳩待峠から平坦な木道を歩くこと約3時間半で、尾瀬ヶ原の北側にある山小屋「温泉小屋」に到着。この辺りの「赤田代」という地名の通り、敷地内に鉄分を含んだ赤っぽい冷泉が沸き、それを加熱した温泉に入ることができます。ただし、山小屋のため石けん類は使えないので注意。

 

「温泉小屋のオーナーさんは、山と温泉にめちゃくちゃ詳しくて、お酒好きで面白いんです! こぢんまりとした内風呂だけど、大自然のなかにこんなお風呂があるだけでもありがたいですよね」



物資はヘリコプターでの荷揚げや歩荷さんに頼るしかない湿地のなかに、こんな温泉が!

物資はヘリコプターでの荷揚げや歩荷さんに頼るしかない湿地のなかに、こんな温泉が!

 写真提供  岳泉会


温泉小屋


福島県南会津郡桧枝岐村字ひうちヶ岳1

TEL:080-6601-3394

※予約は3/1より上記電話にて受付開始

営業期間:5月下旬〜8月下旬、9月中旬〜10月中旬(年によって異なる)

料金:ホームページにて確認




「私はとにかく体力がなくて、特に登りがきついので、自分が歩けるルートで計画を立てているんです。出発の日の朝はあんまり早起きしたくないので(笑)、初日の歩行は3時間程度。それに、ごほうびとしての温泉も必要! 味のある山小屋や旅館、旅情を盛り上げる電車移動やおいしいものも行程に盛り込んで、欲張りな山歩きをのんびり楽しんでいますよ」と「岳泉会」会長の木下綾乃さん。

 

「温泉は好きだけど、登山は自分には無理」という人も、ぜひ挑戦してみてください!



登山を始めて7年ほど、本業はイラストレーターの木下さん

登山を始めて7年ほど、本業はイラストレーターの木下さん

 出典  Funmee!!編集部


■プロフィール

木下綾乃さん

 

書籍や雑貨などの分野で活躍するイラストレーター。イラストレーターの落合恵さん、料理創作ユニット「Goma」の中村亮子さん、ソフトウェアエンジニアの元永二朗さんとともに、山と温泉を楽しむ「岳泉会」を結成。その名付け親にして、会長。2017年、『岳泉会のよくばり温泉マウンテン』(パイ インターナショナル)を刊行。おすすめの山と温泉に加えて、山のお弁当やおやつ、山道具、服装などについても紹介している。

 

 

■注意

※登山をするときは、しっかりとした装備で入山しましょう。単独行は避け、登山届と山岳保険加入も忘れずに行いましょう。

※夏季以外、山によってはアイゼンなどの雪山装備が必要になります。また、晩春から夏季は熱中症対策も忘れずに行いましょう。



===

文:山賀沙耶 (Saya Yamaga)

写真:岡崎健志(Kenji Okazaki)



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP