【燻製ビギナー向け】下準備なし!10分でできる燻製料理で、春キャンプを楽しもう


アウトドア料理といえば、BBQや煮込み料理が定番ですが、今回はいつもと違う料理もしてみたい。そんな時は、独特の風味が魅力的な「燻製料理」はいかがでしょうか。

「燻製すると、普段食べている味から劇的な変化をとげるんです」と教えてくださったのは、200種類以上の燻製メニューを作成し、出版も手掛けた燻製ブロガー「燻製道士」さん。

今回は、初心者でも簡単に楽しめる燻製レシピやポイントを教えてもらいました!

煙の準備。初心者にはまずはサクラのチップがおすすめ!

 出典  Funmee!!編集部


使用したスモーカーは、APELUCAの「テーブルトップスモーカー」。

燻製道士さんが商品開発にも携わったというこちらは、コンパクトで持ち運びやすく、燻製をする際に「こうなってたら便利だな」という機能が実現されたスモーカーとのこと。

このスモーカーを使って、燻製作りを始めていきます!

 出典  Funmee!!編集部


まず、スモーカーにスモークチップを一握り(約6g)入れます。

チップは、ウィスキー、リンゴ、クルミなどいくつか種類がありますが、今回使用したのは最もポピュラーなサクラチップ。桜の木の香りがしっかりと食材につきます。

 出典  Funmee!!編集部


チップを入れたらフタを密閉し、煙が出るまで強火でスモーカーを熱します。

意外においしい!野菜やドライフルーツも燻製料理に

燻製料理というと、たまごやチーズを思い浮かべる方が多いかもしれません。


しかし、今回燻製道士さんが用意したのは「プチトマト」と「イチジク」。


水分の少ない食べ物や、表面が乾いているものは基本的になんでも燻製できます。今回用意したプチトマトとイチジクは、食材の表面を乾かし、スモーカーにいれて10分間、いぶすだけで出来上がりです!」


甘みが増す!燻製トマト

 出典  Funmee!!編集部


煙が出たら、表面を乾燥させたプチトマトをスモーカーにセット。

そのままフタをして10分間いぶします。

 出典  Funmee!!編集部


火を通さなくても食べられる食材は、煙が消えない程度の中火で。

煙が充満しすぎると味が強くなってしまうので、取っ手近くの穴を開けて煙を逃がしながらいぶしていきます。

コンパクトなスモーカーは早く煙が回り、すぐ食材に香りがつけられるそうです。

 出典  Funmee!!編集部


5分程経ったら一度フタを外し、食材の表面についている水滴をキッチンペーパーで拭きます。


燻製は水分が大敵。水分と煙が融合すると、酸っぱくなったり、えぐみが出てしまうので、きちんと水分を取ることがポイントです」と、燻製道士さんからアドバイスをいただきました。



 出典  Funmee!!編集部


再びフタをして、待つこと5分。

 出典  Funmee!!編集部


燻製トマトの完成です!


……でも、見た目はあまり変わらないかも? 本当にこれで完成なのか、燻製道士さんに聞いてみました。


「色の強い食材はあまり変わらないんです。でも、きちんと煙は染みてますよ。燻製は色ではなく、香りが大事。このスモーカーで10分いぶせば十分ですので、いぶしすぎに注意が必要です」


 出典  Funmee!!編集部

お皿にとって食べてみると、トマトの甘みに加え、燻製の風味が口の中で一気に広がるのを実感! 10分でもしっかり香りが定着していました。


できたてももちろんですが、少し冷まして食べると燻製の味が引き立つとのこと。


燻製道士さんいわく、黒ビールの香ばしさと相性抜群だそうです。


おしゃれな気持ちになれる!燻製イチジク

 出典  Funmee!!編集部


次はイチジクに挑戦です! 

イチジクはそれぞれ離して、網に並べます。

 出典  Funmee!!編集部


同じ要領でいぶすと……

 出典  Funmee!!編集部


燻製イチジクの完成! 少し熟れたような見た目が食欲をそそります。

食べてみると、おしゃれなバーで出てきそうな上品な味。ウィスキーやシャンパンのおともにぴったりです!

お花見にピッタリ!大人気ベーコンとカマンベールチーズの燻製


「次は定番のベーコンとチーズです。こちらも市販のものを使うと10分で作れます」と言って取り出されたのは、スーパーでよく見かけるブロックベーコン。

 出典  Funmee!!編集部

 出典  Funmee!!編集部


煙がしっかり付くよう、半分に切って表面積を広げます。

 出典  Funmee!!編集部


こちらでも、表面の水分をしっかりとることを忘れずに!

 出典  Funmee!!編集部


今回はサクラチップに加え、ローズマリーを2本入れました。

「チップの代わりにほうじ茶を入れることもあります。ほうじ茶でタラコをいぶし、お茶漬けにしたり、リンゴチップと紅茶でクッキーを燻製するなど、食材に合わせて香りを選ぶようになると、もう燻製マスターですね」と、燻製の楽しみ方もさまざまなようです。

 出典  Funmee!!編集部


ベーコンは火にかけると油が多く出てくるので、チップに油が落ちないようアルミホイルをかぶせます。

アルミホイルは軽く乗せるように入れるだけでOKです。

準備を整え、10分間いぶすと……。

 出典  Funmee!!編集部


ピンク色だったベーコンがとてもきれいなきつね色に変身!

 出典  Funmee!!編集部


サクラチップと、ローズマリーのスッキリした香りがベーコンとよく合い、とってもジューシーな仕上がりに。

食べる手が止まらなくなるおいしさです。

 出典  Funmee!!編集部


最後は市販のカマンベールチーズを使った、燻製チーズフォンデュ。

 出典  Funmee!!編集部


パンとパプリカはチーズにつけて食べやすいように、一口サイズで切っておきます。

 出典  Funmee!!編集部


スモーカーに入れ10分経ったら、チーズの表面をナイフで丸く切っていくと……

 出典  Funmee!!編集部


中からとろけるようなチーズが顔を出しました!

 出典  Funmee!!編集部


トロトロのチーズにパプリカ、パンをつけて、燻製チーズフォンデュの完成です!

燻製されたチーズがパプリカのフレッシュさとよく合います。


できたてをそのままいただくと、普段のチーズフォンデュとは違った風味がより強く楽しめました。

表面のチーズもパリパリしていて香ばしく、ひとつのチーズでふたつの食感が味わえて、贅沢なひと時。

こちらは白ワインのおともにピッタリだそうです。

「お酒をおいしく飲みたい!」から始まった燻製づくり

 出典  Funmee!!編集部


もともと「山登り」と「お酒」が大好きだった燻製道士さん。


仕事の都合で全然山に登れなくなってしまった時期に、「お酒のおつまみを」と思って作り始めたのが燻製だったそうです。


いぶすだけで、どんな食べ物でもお酒に合う味に大変身するんです。そこまで高い食べ物を使っていないのに、高級感のあるおつまみになるのも、燻製づくりがやみつきになってしまう理由のひとつです」と、燻製の魅力を語っていただきました。


また、燻製料理がどんなお酒に合うか尋ねると、「香りのよいお酒」とのこと。


「燻製料理には、ウィスキーのような香りの良いお酒と一緒に楽しんでみてください。中でも、スコットランドのアイラ島で生産される『アイラ・モルト』は、燻製と香りが似ており相性抜群です。燻製は木のチップを使っているため、他のお酒でも木の樽を使って作られているものは、香りの共通項があって、深みが増しますよ」


春になると、お花見、バーベキュー、キャンプなど、外でお酒を飲む機会も多くなるはず。


普段のおつまみにプラスして、燻製料理で少しお洒落なアルコールタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。


■プロフィール

燻製道士さん

日夜おいしい燻製のことに想いを馳せ、「燻製仙人」になるべく、簡単燻製作りの道を求道する士、すなわち「燻製道士」。 

時折、おいしい燻製作りの“修行”と称し、燻製料理のあるバーやレストランに突入している。

燻製とウイスキーやワインのマリアージュをこよなく愛する、しがない燻製男。

著書に、「男の手作り燻製」(世界文化社)、「手作り燻製ハンドブック」(世界文化社)、「燻製の基本」(枻出版)などがある。


▼燻製記

http://kunsei.livedoor.biz/


▼燻製入門

http://smoked-cooking.info/




最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP