フライフィッシングで自然を満喫!都心のアウトドア基地から始める外あそび


東京のど真ん中、水道橋にありながら、アウトドア料理や燻製などを楽しめるカフェ&バー「BASE CAMP」。


オーナーのA-sukeさんは、釣りやキャンプ、狩猟などさまざまなアクティビティを嗜む“外あそびの達人”と言っても過言ではありません。なかでも幼少期に身近にあったフライフィッシングは、今でも熱中していることのひとつで、その情熱はBASE CAMPで「毛ばりカフェ」と銘打ったワークショップを開催するほどです。そんなA-sukeさんに、フライフィッシングの魅力を聞きました。



父から影響を受けたフライフィッシング

自身が経営するカフェ&バー「BASE CAMP」の店内にて

 出典  Funmee!!編集部


―― さまざまある釣りのなかでもフライフィッシングって敷居が高いイメージがありますが、釣りはフライで始められたのですか。

 

はい。父がフライフィッシングをしていたので、幼いころから連れて行ってもらっていたんです。父は魚を集合住宅で燻製にするような人でして、その影響を受けていますね。

 

ただ学生時代は、フライフィッシングよりMTBとかスノーボードとかアクロバティックなスポーツばっかりやっていました。その後、社会人になってフライフィッシングの面白さを再発見して、今度はちゃんとやってみようかなと始めました。

 


―― 毛針(毛鉤)って自作する人が多いようですが、A-sukeさんも自作されるんですよね。

 

もちろんです。既製品を買ってもいいんですけど、やっぱり自分で作り、状況に応じてセレクトしたフライがハマったときの感動には代えがたいので、自分の毛針で釣りたいんですよね。

 


―― フライフィッシングはやったことのない人にとって釣り上げるのが難しそうな印象があります。

 

毛針をうまく狙ったところに投げられるようになるまでは難しいかもしれません。とくにフィールドの環境によって状況が大きく変化することと、一度でもミスをすると狙っていた魚はその後毛針に見向きもしなくなるため、判断力とそれを釣果につなげる技術も必要です。その難しさが面白さにつながります。



毛針作りが伝えるフライフィッシングの魅力


―― 毛針といい、カフェといい、手作りされることが好きなんですね。

 

はい。僕はカフェバーを経営していますが、もともとはプロダクトデザイナーだったんです。美術大学を卒業してデザイン事務所に勤務していました。なのでそもそも、何かを作ることがすごく好きなんです。



A-sukeさんが普段使っている毛針

 出典  Funmee!!編集部


―― プロダクトデザイナーからカフェバーを?

 

デザイン業はすごく楽しかったのですが、オフィスに籠ってデスクワークを続けるにつれ、「人が喜ぶ顔を直接見たい」と思い始めたんです。でも僕がデザイン以外で人を喜ばせることってなんだろう? と考えました。


当時も少ない休みの日に知人や友人を集めては強行軍でスノーボードやアウトドアへ行くことが多かったので、ときどき「外遊びを始めたい」という相談を受けていたんです。そこでアウトドアに興味がある人や楽しんでいる人が気軽に立ち寄れるたまり場のような場所を作りたいなって。外ごはんを楽しみながら、やりたいことをおしゃべりする。そんな感じで気軽に訪れて、アクティビティを身近に感じて一歩踏み出すきっかけになってもらえたらいいなと。


―― それで、毛針作りのワークショップなども開催されているのですね。

 

はい。フライフィッシングをやってみたいけどきっかけがない、という人を対象に、気軽に参加してもらいたくて、月に一度だけ「毛ばりカフェ」というワークショップをお店で開催しています。ワークショップで毛針作りの面白さを見出したら、近所にあるフライフィッシング専門店「Hermit(ハーミット)」さんに足を運べばさらにフライフィッシングの世界が身近に感じるかもしれません。



毛針で使う羽毛を使って、帽子につけるアクセサリーも販売

 出典  Funmee!!編集部



狩猟で得た鳥の羽を毛針にも利用

愛車のジムニーと、自ら狩ったキジ

 出典  Funmee!!編集部


―― 釣りだけでなく、狩猟もされるそうですね。

 

はい。狩猟はもともと、自分の手でお肉を手に入れたい、ということから始めた趣味なのですが、羽は毛針の材料として利用しています。

 

毛針って虫を模して作るんですけど、左右均等に作るとバランスよくきれいに飛ぶんです。そこで素材に使う鳥の羽根のバランスが大切になってくるんです。じつは鳥の羽根って左右で同じ位置にあるものがほぼ同じつくりをしています。人の爪も左右同じ指はとても似た形をしてるでしょ。あれと同様に鳥も左右同じ位置の羽根が線対称で同じカタチなんです。だから、ひとつの鳥から左右対称の位置の羽根を取ると、いい毛針を作れるんですよ。

 

そういうわけで、自分の手で狩った生き物は、できる限り無駄なく使うようにしています。



キジの羽は、それぞれ部位によって模様や色に特徴があり、毛針の材料として最適だ

 出典  Funmee!!編集部


―― 狩猟がつながるのも、フライフィッシングの魅力のひとつなのでしょうか。


狩猟とフライフィッシングをつなげている人はかなり少ないと思いますが、自然の中でのアクティビティがつながるというところや、人と自然をつなげてくれるところが魅力的ですね。


渓流に立ち、自分の作った毛針で魚とやり取りする。そういう場に身を置くだけでも自分が自然の循環のなかの一部であることを感じられるんですよ。

 

店は都会の真ん中にありますが、訪れた皆さんのアウトドアライフの入り口となれるよう日々営業しています。そしてこの店を基地として、外あそびにどんどんチャレンジして欲しいなと思っています。




▪プロフィール

A-sukeさん

プロダクトデザイナーを経てアウトドアカフェ&バー「BASE CAMP」をオープン。飲食店経営のほか、アウトドア料理、ダッチオーブン料理、燻製などの監修といった食に関わる仕事や、アウトドアグッズの企画、デザイン提案など多岐にわたって活躍している。

得意とするアクティビティはフライフィッシング、狩猟のほか、MTB、スノーボード、オートバイなど。



BASE CAMP

千代田区三崎町2-22-8 梨本ビル1F

営業時間:11:30~24:00(L.O.)

休み:土曜、日曜、祝日




===

文:井上綾乃(Ayano Inoue)

写真:岡崎健二(Kenji Okazaki)



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP