#03 クニイリツコ、ボートフィッシングに初挑戦!
マリンライフ
【ワタシ、‟ボートライフ” 始めます!】︎

#03 クニイリツコ、ボートフィッシングに初挑戦!


憧れてはいたけれど、遠い日の花火みたいな趣味と思っていた“ボート”という趣味に、イイ歳になった!? 元祖アクティブ女子が、挑戦します。


「ボートで遊ぶ」は、オカネモチの楽しみのようなものではなく、もっともっとカジュアルな体験になっていました。


4回連載で展開するボートライフ入門。ボートにも慣れてきた第3回目は、遂に念願のボートフィッシングです!



「ワタシ、‟ボートライフ” 始めます!」の連載一覧はこちら



ボート免許を取ったら、やっぱり釣り!

今回の相棒は、釣りほぼ初体験のホッシー(左)と、逆に釣りのために世界中を旅する!尾池くん。まさしくデコボコ3人組です
 出典  Funmee!!編集部
今回の相棒は、釣りほぼ初体験のホッシー(左)と、逆に釣りのために世界中を旅する!尾池くん。まさしくデコボコ3人組です


船の免許を取ったらやりたいこと……といえば、ボートフィッシング!


食いしん坊な私はキャッチ&リリースでなく、当然キャッチ&イート。釣り好きだった亡き父とたびたび家族で釣り旅行した。現在は兄が受け継ぎ、先日もクニイ家総勢7人でハゼ釣りへ。みんなで77匹釣り上げ、もちろん「イート」。


しかし周りに釣り上手がいるせいか甘ったれ末っ子気質の私は探求心がなく、経験はあってもほぼシロウト。


今回の記念すべき初ボートフィッシングにも、釣りに明るい尾池くんを呼んだ。彼は世界中の川で大物ばかり狙う自称“珍魚ハンター”。それからもうひとりの今回のボートの友、ホッシーは自称“インドア野郎”。そんなデコボコ3人組で向かったのは、ヤマハのSea-Styleが提携する湘南にある葉山マリーナだ。



ヨットや大型クルーザーが、多数格納されている葉山マリーナ。湘南に遊びに訪れた際には、よくこの前も通っていたけれど、まさか“キャプテン”として伺うことになるとは!
 出典  Funmee!!編集部
ヨットや大型クルーザーが、多数格納されている葉山マリーナ。湘南に遊びに訪れた際には、よくこの前も通っていたけれど、まさか“キャプテン”として伺うことになるとは!
「今日は何としても釣りたいの!」と意気込む3人組。天気も良くて、真冬でも絶好の釣り日和になりました
 出典  Funmee!!編集部
「今日は何としても釣りたいの!」と意気込む3人組。天気も良くて、真冬でも絶好の釣り日和になりました


マリーナには住んでいる世界が違い過ぎる豪華クルーザーが何艇も保管されていた。館内にカフェ、レストラン、ショップなどがあり、ここから湘南を巡る周遊船も出ていて旅の立ち寄りスポットといった感じだけど、私はマリーナ本来の利用をするよ。



今回狙うは…かわはぎですよー!

どうです、この景色! 富士山もクリアに見えて、本当に免許を取ってよかったーと思えた瞬間でした
 出典  Funmee!!編集部
どうです、この景色! 富士山もクリアに見えて、本当に免許を取ってよかったーと思えた瞬間でした


いざ出航! 湿気のない冬晴れ。富士山、江ノ島、稲村ヶ崎がよく見えた。ボートは今回で4回目。運転にも少し慣れた。ていうかこのたび借りたYF-21。いままでの船でもっとも小回りが利き操縦しやすかった。こういう感想が言えるのもレンタルのいいところ。


昨日風が強かったようでウネリが残っていた。自称インドア野郎のホッシーは早くも船酔いしている。東京湾で練習・操船してきたせいか、緑濃い葉山は空気が違った。漁業関係の船も多い。水面に浮かぶペットボトルは仕掛けの印。免許を取る時に勉強したなぁ。


沖に見える鳥居は磯から約700mの名島という無人島。その界隈は釣りのポイントで手こぎボートが何艇もいたけれど、その横をプレジャーボートで流すのは、ふふふ、ちょっとした優越感。引き波を立てないようゆっくり通過した。



 出典  Funmee!!編集部


魚群探知機と尾池くんの提案を照らし合わせてポイント探し。狙いはカワハギだ。尾池くんが言うに、初心者でも釣りやすい魚だとか。肝は“海のフォアグラ”と言われ、この時期とくに美味しいとか。


おもに定置網で捕れるので漁獲量が少なく、たしかにスーパーで見たことがない。ということは捕れたてのカワハギが味わえるのは釣り人の特権!


ガ然やる気になり、尾池くんのレクチャー通り、海底に重りが着いたらリールでひと巻きしたくらいの場所を、竿を上下に振って反応を待つ。スグ手応え。が、即エサを持って行かれる。なんでもカワハギ、「エサ取り名人」の異名も持つ。3つの針に付けたアサリがあっさり無くなっていた……。



船には魚群探知もついているのです。ほら、魚がすごいいる!!
 出典  Funmee!!編集部
船には魚群探知もついているのです。ほら、魚がすごいいる!!
それを見てはしゃぐ3人組。釣ってから、はしゃいでくださいよー
 出典  Funmee!!編集部
それを見てはしゃぐ3人組。釣ってから、はしゃいでくださいよー


尾池くんはさすがの腕前でカワハギを次々ゲット。私も紆余曲折しつつなんとかコツが掴めてきた。竿に伝わるピクピク、グーという感覚。釣れた魚をイケスに入れる快感。釣り、やっぱり楽しい~!



キター! かわはぎゲット!! これでお刺身食べられる~
 出典  Funmee!!編集部
キター! かわはぎゲット!! これでお刺身食べられる~
次々とかわはぎを釣り上げる尾池くんでしたが「フグまできちゃいました(笑)」
 出典  Funmee!!編集部
次々とかわはぎを釣り上げる尾池くんでしたが「フグまできちゃいました(笑)」


一方ホッシーは終始船酔いしていたが、そろそろマリーナに帰ろうという瀬戸際で、1匹釣り上げ大はしゃぎ。尾池くんいわくその魚は食べても美味しくないそうでリリース……。でも釣れてよかったネ(笑)。



「や、やったー!」。ボウズで終了かと思いきや、最後の最後に釣れました。ただし……食べてもあまり美味しくないトラギスという魚でありましたが(笑)
 出典  Funmee!!編集部
「や、やったー!」。ボウズで終了かと思いきや、最後の最後に釣れました。ただし……食べてもあまり美味しくないトラギスという魚でありましたが(笑)

 

お刺身と鍋で、いただきました!


マリーナ近く、釣った魚の持ち込みOKの「海人(あまと)市場」にクーラーボックス持参で向かった。地元民やよそから来た釣り人に重宝されている店とか。大きめのカワハギは刺身、小さいのは鍋にしてもらった。生姜と味噌で身を和えた肝合えの濃厚なおいしさに痺れた。



 出典  Funmee!!編集部
 出典  Funmee!!編集部
かわはぎをお刺身と鍋に仕立てていただく。とにかく絶品! 自分で釣った魚ですからね
 出典  Funmee!!編集部
かわはぎをお刺身と鍋に仕立てていただく。とにかく絶品! 自分で釣った魚ですからね


ホッシーはさっきとは別人のように元気に食べている。尾池くん、いつも海では乗り合いの釣り船に乗るそう。今回のようにガイド不在で仲間の誰かが操船するというのは初めとか。


「釣り船だとたしかに釣れるけど、“やらせてもらってる感”が強いんです。だから今日は楽しかった!」と、鍋をはふはふして言う。私もボートフィッシング、ハマった。



釣れた人から先に食べるルール、といわけで、しばしホッシーはオアズケ!?
 出典  Funmee!!編集部
釣れた人から先に食べるルール、といわけで、しばしホッシーはオアズケ!?


それと桜の季節は花見もしたいし、夏はキャンプ道具持参で無人島……。船を使ってどう遊ぶか、欲望はこんこんと湧き出る泉のよう……。絶対すべて叶えるよ! プリプリの刺身に目を細めながら誓うのであった。




ヤマハマリンクラブSea-Styleの詳細についてはこちら

https://sea-style.yamaha-motor.co.jp/system/



ボートにも慣れてきたクニイさん。“海のオンナ”になってきましたでしょうか?
 出典  Funmee!!編集部
ボートにも慣れてきたクニイさん。“海のオンナ”になってきましたでしょうか?


※「葉山マリーナ」の初回利用時には、予約の前に別途「安全レクチャー」という、安全にボートとマリーナを利用をするための講習の受講が必要です。




■プロフィール

クニイリツコ/国井律子

 

ハーレーダビッドソン専門誌「クラブ・ハーレー」にて連載していた「お湯・酒・鉄馬 三拍子紀行」で評判に。そしてその連載を文庫本化した『アタシはバイクで旅に出る。』(エイ出版社)は3冊合計で20万部を売り、旅好き、バイク好きにはカリスマ的な存在になった。オートバイ以外にも旅やクルマ、サーフィン、アウトドアなどのエッセイを多数執筆するエッセイスト。公式ブログは「別冊リツコング」



===

文:国井律子(Ritsuko Kunii)

写真:六本木泰彦


スタイリスト: 中村祐三

アシスタント: 星野竜也


衣装協力:

<ピークパフォーマンス>

RCTジャパン/03-6303-1039


<ソレル>

コロンビアスポーツウェアジャパン/0120-193-803


<チャムス>

チャムス表参道店/03-6418-4834



<ドクターデニム>

ザ センス/03-5579-2595


撮影協力:

葉山マリーナ / https://sea-style-m.yamaha-motor.co.jp/Marina/Info/detail/marinacd/J14-0120



マリンライフ
マリンライフ
2018年1月5日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング