長野の自然を堪能する、アナタの知らない外アソビ
アウトドア
【アウトドアを遊びつくせ!】︎

長野の自然を堪能する、アナタの知らない外アソビ


山や空、川や湖などさまざまなアクティビティが身近にある長野県。その魅力を発信するアウトドアレジャーサイト「Goat」の山岸惇さんに、長野で満喫する自然遊びを教えてもらってきた本企画。


最終回は、さらに深く自然の美しさを体感できる4つのアクティビティを教えていただきました。



“不自由”をおもしろくするキャンプ

キャンプする場所が街から離れれば離れるほど、自然との距離は近づきます
 提供  山岸 惇さん
キャンプする場所が街から離れれば離れるほど、自然との距離は近づきます


―― これまで3回に分けてさまざまなアクティビティを教えていただきましたが、さらに深く自然と戯れられる遊びを教えてもらえませんか。


やはり大自然のアクティビティといえば、まずキャンプですね。


どんなアウトドアも不自由さを楽しむ側面をもっていますが、キャンプはその代名詞と言えます。もちろん最近は設備が充実しているキャンプサイトも多いですけど、便利さから離れたキャンプをあえて楽しむことをオススメします。


そういったキャンプサイトを選び、寝床や水、食料など、生きるために必要なモノを自分で準備する割合が大きければ大きいほど、感動的な景色に出会え、すばらしい時間を過ごせるんですよ。



さらにキャンプで使うハイスペックな道具たちも冒険心をくすぐります。道具を揃え、探求した結果、昔はできなかったことができるようにレベルアップしていく。まるでドラクエのようです(笑)



思わず息を呑む、天体観測

志賀高原の横手山から見た満天の星空。フィッシュアイレンズを使って撮影
 提供  山岸 惇さん
志賀高原の横手山から見た満天の星空。フィッシュアイレンズを使って撮影


―― いろいろな装備や技術を身につけレベルを上げた結果、どんなことを得ましたか。


様々な経験ができましたが、一番は満天の星空ですね。稜線や山頂といった標高の高いところへ行くと、まわりに背の高い木々もなく、見渡す限り星が広がります。なかにはクルマでもアクセスできる天体観測スポットもありますし、イベントやツアーも開催されているので、ぜひアクティビティのひとつとして体験していただきたいです。



―― 確かに、自然を深く味わうのにぴったりと言えそうです。これから楽しみたい人のためにも、山岸さんがこれまで最高にいい星空と出会えた天体観測ポイントを教えてください。


まずオススメは志賀高原。標高2,307mの横手山からの眺めです(上の写真)。ここは星空の撮影ツアーでも訪れられるので、山登りせずとも行けて、比較的アクセスしやすいです。


そして北アルプス白馬岳の2,932mの山頂もオススメ。ここまで登るのは本当に大変ですが、山並みと星空のコラボレーションが本当に美しいです。



白馬岳の山頂から。山並みと星空がコラボレーションしたかのような眺め
 提供  山岸 惇さん
白馬岳の山頂から。山並みと星空がコラボレーションしたかのような眺め
北アルプスの稜線から岐阜県側を望む
 提供  山岸 惇さん
北アルプスの稜線から岐阜県側を望む


天体観測に行ったら、ぜひ写真撮影やタイムラプス動画の撮影にも挑戦してみましょう。


とくにタイムラプスは時間を圧縮したような動画を撮ることができるので、星の動きがよくわかり、とてもおもしろいですよ。撮影に時間はかかりますが、現場で見る星空とはひと味違う感覚を体験できます。



 提供  山岸 惇さん
浅間山をテーマに星空から昇る太陽まで、さまざまな絶景を撮り集めたムービー

心身ともにリフレッシュ! ソラヨガ

朝日差す湖畔を包む静寂のなか、瞑想を楽しむ。写真は野尻湖でのヨガ体験
 提供  山岸 惇さん
朝日差す湖畔を包む静寂のなか、瞑想を楽しむ。写真は野尻湖でのヨガ体験


―― 今度は朝に楽しめるアクティビティを教えてください。


野外でヨガを楽しむ「ソラヨガ」がオススメ。特に湖畔で日が昇る早朝に開かれるソラヨガは、心身ともにリフレッシュでき、すごく気持ちいいんです。


じつはヨガという言葉には、サンスクリット語で繋がるとか、融合するといった意味があります。青空のもと、静けさ漂う早朝の湖畔で行うヨガは、自分と自然との繋がりを感じられて、気持ちをリセットするのにもちょうど良いですよ。



インストラクターの指導のもと、湖畔で仲間たちとヨガを楽しむのもオススメです
 提供  山岸 惇さん
インストラクターの指導のもと、湖畔で仲間たちとヨガを楽しむのもオススメです


人が体調を崩す原因のひとつにバイオリズムの狂いがあるといわれます。朝日の光を浴びて体内時計をリセットしましょう。



湖に桟橋があれば、その上でヨガをするのもオススメ。たゆたう水音や、ひんやりとした水辺の空気が心地いい
 提供  山岸 惇さん
湖に桟橋があれば、その上でヨガをするのもオススメ。たゆたう水音や、ひんやりとした水辺の空気が心地いい

自然の香りも味わうモーニングコーヒー

大自然のなかで飲むコーヒーは格別の味わい
 提供  山岸 惇さん
大自然のなかで飲むコーヒーは格別の味わい


―― 野外の開放的な雰囲気のなか、ひとりでも、仲間や家族とも楽しめるのがいいですね。


一緒に楽しめるという意味では、ヨガ同様にオススメしたいのが、モーニングコーヒーです。ソラヨガの後、キャンプの朝、そのほかいろいろなシチュエーションで、朝、その場にいる人数分のコーヒーをドリップ。たったそれだけなんですが、早朝と自然というふたつが揃うと、いつもの一杯が特別なものになります。



朝日が登る湖畔という環境が、コーヒーをより一層おいしくしてくれます
 提供  山岸 惇さん
朝日が登る湖畔という環境が、コーヒーをより一層おいしくしてくれます

天体観測を始めたいけど、何から手をつければ……という初心者のための実践ガイド。天文学者テレンス・ディキンソンが執筆し、1983年の初版刊行以来、世界中のアマチュア天文家から愛され続けた名著を、日本の天文学者・渡部潤一が監訳し、2012年に発行した一冊です。


■山岸さんおすすめの体感スポット/スクール


・ソラヨガ

スタジオユーキー

長野県長野市三輪


・モーニングコーヒー

FORET COFFEE

長野県信濃町にあるコーヒー焙煎所。長野市内のライフスタイルショップ4D studioにてカフェ運営とコーヒー豆販売も行なっています。





■プロフィール

山岸 惇さん


長野のアウトドアの魅力を発信するアウトドアレジャーポータルサイトGoat」のプロデューサー兼カメラマン。チャレンジ君というあだ名が示すように、どんな環境にも自らが必ず現場に行き体感する姿勢で、日々美しい自然やアクティビティを写真や映像に収めています。



===

企画・編集協力:枻(エイ)出版社

文:吉田佳央(Yoshio Yoshida)

トップ写真提供:山岸 惇(Jun Yamagishi)



アウトドア
2018年8月17日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング