カメラ
「いいね!」と言われる“構図”を知ろう!
【カッコいい写真・カメラと撮影のキホン】︎

「いいね!」と言われる“構図”を知ろう!


目の前に広がる写真に収めたい景色や被写体。


この素晴らしさを伝えたい! そう思っても、どう撮ろうかと迷ってしまうことはないですか?


カメラは決まったフレームの中でしかその場面を残すことはできませんが、ちょっとした工夫でグッと魅力的で上手い写真を撮影することができます。


ここで重要となるのが「構図」という考え方、テクニックなのです。



キーワードは“構図”


1枚の写真に収めることができる景色は、肉眼での印象とは違い、フレーム内に限られます。ですが、フレームの中での被写体の配置や、空間の使い方を意識することで、奥行きやインパクト、安定感などを出すことができるのです。

 

「なんだかイマイチだなぁ……」。撮影した写真に満足いかないことが多いならば、まずは構図の基本パターンを勉強してみることをオススメします。

 

周囲にアッと言わせる写真が撮れるようになりますよ。





おさえておくべき10大構図とは?


この記事の最初の写真をご覧ください。

女性が気持ち良さそうに、空を見上げるこの写真は、「黄金比」と呼ばれる構図で撮影されたものです。

誰が見ても安定して見える、”お決まり”の配置やフレーミング、それが構図なのです。


構図には様々なパターンがありますが、まずは、基本中の基本であり、初心者におすすめの構図を10パターンご紹介します。



1.日の丸構図


写真の真ん中に被写体を配置した構図が「日の丸構図」です。



 出典  Funmee!!編集部
 出典  Funmee!!編集部


実はこの構図、意識して撮影する人もいますが、被写体にレンズを向けてピントを合わせてそのままシャッターを押すと撮れてしまう構図でもあるため、一番よく目にするパターンだとも言えます。

 

被写体のインパクトが強いときは何を写したいのかはっきりして安定感が得られますが、一方で、単調でつまらない印象も否めません。

 

日の丸構図の攻略法は、中央に配したピントがあっている被写体以外、つまり背景を大胆にボカすことです。こうすることで被写体がより引き立ち、写真としての強さも生まれるのです。




2.アルファベット構図


景色の中でS字やC字を探し、フレームの中におさめる構図がアルファベット構図です(それぞれをS字構図、C字構図とも呼びます)。




 出典  Funmee!!編集部
 出典  Funmee!!編集部


ランチョンマットに置かれた皿たちがS字を描いているのがお分かりいただけるかと思います。これが典型的なアルファベット構図、S字構図です。被写体の置き方、フレーミングにより、なだらかなカーブを描くように写真に収めることで、遠近法や奥行きが生まれつつ、全体的にやわらかな印象を与えてくれます。

 

このアルファベット構図は様々なシーンで活用できます。

たとえば雑多な街並み。カメラを構えながら、ファインダー越しにアルファベットラインを見つけられれば、街並みを上手く撮影することができます。


流れる川や海岸線といった曲線が際立つ風景や、人物撮影、特に女性モデルさんのポージングや、車やバイク、料理の写真にも使える便利な構図です。



3.サンドイッチ構図


流れる川や海岸線といった曲線が際立つ風景や、人物撮影、特に女性モデルさんのポージングや、車やバイク、料理の写真にも使える便利な構図です。



 出典  Funmee!!編集部
 出典  Funmee!!編集部


両脇を挟み込みことで自然と見せたいものへ視線を誘導します。

並木道であれば両脇の樹木を、ビル群であればビル自体を利用してその隙間の先に被写体を、細い路地ならば民家を“パン”として活用し、サンドイッチすることができるでしょう。



4.放射構図


奥行や広がりを持たせたければ、放射構図がうってつけです。奥に向かって線が集まる点を収束点といいますが、その収束点を写真の中に作り出す構図です。



 出典  Funmee!!編集部
 出典  Funmee!!編集部


放射線構図には迫力があり、被写体に視線を引きつける効果があります。

シーンでいえば、プラットホームや線路を走る鉄道のモチーフに良く合います。



5.三角構図


そのままズバリ、ですが、メインのモチーフを三角形に配置する構図です。



 出典  Funmee!!編集部
 出典  Funmee!!編集部


ただし、底辺が大き過ぎるとフレームに入りきらず何を伝えたいのかぼやけてしまう恐れがあります。逆に底辺が小さ過ぎると迫力に欠けてしまいます。

 

バランス良く底辺を決めること、それが三角構図の攻略法なのです。




6.対角線構図


ファインダーの隅から対角線上に線を引き、その線に沿って被写体を配置する構図です。



 出典  Funmee!!編集部
 出典  Funmee!!編集部


フレームの対角を線で結ぶことで見えてくる対角線を意識してみましょう。

その対角線に沿うように被写体を収めるテクニックです。


景色や均等に並んでいる被写体で奥行きを表現したいときにオススメの構図で、この後に触れる三分割法や四分割法と組み合わせるとより良い写真が撮れます。



7.シンメトリー構図(二分割法)


均等に切った対称の位置に被写体を配置する構図です。



 出典  Funmee!!編集部
 出典  Funmee!!編集部


「日の丸構図」でもお伝えしましたが、簡単そうな構図ほど主題をどう表現するか分からなくなるものです。つまり単純な構図ほど悩ましいのです。


ここで紹介するシンメトリー構図では、水平を意識することが肝要です。水平に撮影することができれば、対称であるがゆえの安定感が生まれます。

 

また、造形や光と陰など、違った被写体を混在させると魅力的で面白くなる構図であることも知っておきましょう!



8.トンネル構図


中間調(シャドーでもハイライトでもない明るさ)で周囲を囲い、メインの被写体にピントを合わせる構図です。



 出典  Funmee!!編集部
 出典  Funmee!!編集部

奥の被写体や明るさが目立ちやすいため、メインの被写体がより印象的になります。

そして、この構図では広角レンズを用いると遠近感が強調されるのが特徴的です。



9.三分割法


これはカメラ初心者がまず知っておきたい構図のひとつです。

フレームの中を縦横それぞれ均等に3つに分割し、それぞれの交差する点上に被写体を配置するテクニック。

 

ちなみに、区切る縦横の線を「分割線」、縦横の線が交わる点を「分割点」と呼びます。

 出典  Funmee!!編集部
 出典  Funmee!!編集部


風景、スナップ、ポートレートなどあらゆる場面で使えるオールマイティな構図です。


三分割法を意識して撮影するだけで、何気ない景色も収まりが良く、センスある写真になりますのでぜひ使いこなしてみてください。



10.四分割法


流れる川や海岸線といった曲線が際立つ風景や、人物撮影、特に女性モデルさんのポージングや、車やバイク、料理の写真にも使える便利な構図です。



 出典  Funmee!!編集部
 出典  Funmee!!編集部


三分割法よりも外側に被写体を配置するのでその分スペースが生まれ、写真の表現が広がります。四分割法は、三分割法に慣れてきたらトライしてもらいたい構図です。



いざ、構図を駆使して「いいね!」を狙ってみよう!


それではここまで紹介した構図を実際に使って写真を撮ってみましょう。



日の丸構図で撮影
 出典  Funmee!!編集部
日の丸構図で撮影
三分割法で撮影
 出典  Funmee!!編集部
三分割法で撮影


いかがでしょうか。

同じ赤ちゃんの写真でも、こうして見比べてみると日の丸構図が単調に見えるのではないでしょうか。日の丸構図も決して悪い写真ではありませんが、三分割法で撮影すると、赤ちゃんの息遣いまでが伝わるような印象が得られます。

 

もし、日の丸構図で撮るならば、さらに被写体に寄ってみることをおすすめします。きっと赤ちゃんのかわいらしさがフォーカスされることでしょう。

 

このように、同じ被写体でも構図次第で印象は様変わりします。

構図を勉強したら、同じ構図で引いたり、寄ったり、またはしゃがんでのローアングルや、高い位置からの撮影などを試してみましょう。構図の面白さにハマるはずです!



シーンに相応しい構図を知るのも定石だ!


どの構図を選べば良いかわからない。そんな悩みを解決してくれるのは、シーンに適した王道の構図を知っておくことです。


鉄道なら? ビル群なら? 代表的なシーンにおける鉄板の構図を知っておけば、1枚目のシャッターに悩むこともなくなるでしょう。正攻法で攻めたうえで、違う構図を試してみる。これが構図を楽しむ秘訣なのです。



 出典  Funmee!!編集部
 出典  Funmee!!編集部


鉄道写真の王道は放射構図です。写真のように奥行きとダイナミックさが強調されるのがお分かりになるでしょう。車体の横に収束点を作ると迫力ある写真になります。

 

続いてはこのビル群の写真をご覧ください。

 出典  Funmee!!編集部
 出典  Funmee!!編集部


起用したのは三角構図です。

高い建物を安定感を持たせつつ、奥行きを出して撮りたい時に有効な構図です。

 

高い建物のてっぺんや部屋の一番奥の壁など、頂点となる部分を見つけ、ラインが末広がるようにフレームの中に収めれば、どっしりとした安定感のある写真に仕上がり、見栄えが良くなります。



まずはとにかく試しまくろう!


今回紹介した構図をすべて意識して撮影をするのは大変ですよね。

でも、心配ご無用。プロのカメラマンであっても、はじめはひとつかふたつの構図を意識するところからスタートしているものです。

 

いまのデジカメであればモニターにガイド(グリッド)を表示させる機能が付いることも多いですから、まずはグリッドを頼りに三分割法からトライしてみてはどうでしょう。

 

写真上達のコツは、とにかく試してみること。

様々な構図にトライすれば、自ずと写真撮影の幅は広がるのです!



初心者におすすめのAPS-Cサイズ専用のコンパクトで手ブレ補正機能を搭載した超広角ズームレンズ。構図表現を広げるならこちらを。


===

文:吉見光由(Miu Yoshimi)

写真:stock.adobe.com



カメラ
カメラ
2018年5月22日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング