【世界パン旅 Vol.4】水の都ヴェネチアでクロワッサン片手に朝焼けを追いかけて


ボンジョルノー! こんにちは、世界を旅するライターののっちです。
世界のパン旅シリーズも早4カ国目、この半年で訪れた国は16カ国目になりました。

さて、私が16カ国目に選んだ場所。それが別名「水の都」で有名なイタリアのヴェネチアです。

 出典  Funmee!!編集部


ゆったりと町中を流れていく運河や、陽気なイタリア人たちの笑い声と、カモメ達の声があふれるこの街。
たちまち迷い込んでしまう迷路のような道を進めば、気分はすっかりゲームの主人公のよう。

 出典  Funmee!!編集部


この場所に流れる非日常的な空気は、ディズニーランドを訪れたようなワクワクを運んできてくれます。

 出典  Funmee!!編集部


車の乗り入れNGなこの町の交通を担うのは、電車ではなく水の上を走る「水上バス」。
ぷかぷかと波に揺れる停留場でバスを待つ時間は何だかアトラクションのようです。

とにかくヴェネチアは「おいしい町」


「イタリア」と聞くと何を思い浮かべるでしょうか?
熱々のマルゲリータに、濃厚なカルボナーラに、モッツァレラチーズのサラダに……。

 出典  Funmee!!編集部


実はここヴェネチアでは、たっぷりの身とイカ墨を絡めたとにかく真っ黒な「イカ墨パスタ」が有名なんです。
町を歩きながらレストランを覗いてみると、そこには看板メニューとして必ずこのイカ墨パスタが見つかるはず。
とにかくトマトがこっくりと効いていて絶品で、滞在中は何度かリピートしました。

 出典  Funmee!!編集部


もちろん他にも美味しいものがたくさんあるので、ぜひとも食べ歩きを楽しんでみてください。

ときめきが詰まったヴェネチア散歩のお供にしたい「クロワッサン」


さてさて、そんな美味しいもの天国のヴェネチアで味わって欲しいパン。
それが何といっても「クロワッサン」です。

 出典  Funmee!!編集部


「え? クロワッサンの本場はフランスでしょう?」という声が聞こえてきそうですが、イタリア・ヴェネチアのクロワッサン、とにかくもうこれ、めっちゃくちゃおいしいんです!

サクサクでふわふわ。必ず最初のひとくちで虜になる魅惑の「クロワッサン」

 出典  Funmee!!編集部


何気なく注文したクロワッサンをかじった瞬間、隣に座っていた友人と「なにこれ!おいしい〜!」と顔を合わせ笑ってしまうほど。

 出典  Funmee!!編集部


ちぎってみると、外はカリカリなのに中身はふんわり。バターの優しい香りがふわっと漂い、とっても幸せな気持ちになります。

中にはチョコレートやジャムがぎっしりたっぷり

 出典  Funmee!!編集部


お値段も1ユーロ(120円)ほどと、物価の高いヴェネチアではかなり心強い旅のお供。
お店によっては焼きたてと出会えることもあるので、寒い冬のヴェネチアをホクホク味わいながら歩けば心も体もホッカホカになります。

ちなみに後から知ったのですがイタリアではこのクロワッサンによく似た「コルネット」(イタリア風のクロワッサンらしい)が有名らしく、食べられなかったことを悔やみました……。

クロワッサン+カプチーノで朝カフェを満喫

 出典  Funmee!!編集部


ヴェネチアの朝は、とにかく早い。
カフェは7時頃にはオープンするし、出勤前にのんびりカフェタイムを楽しむ人の多いこと多いこと。

パリッと服を着た人も、ゴンドリエーレ(ゴンドラを漕ぐ人)も、お店のスタッフさんも、みんなカフェでゆったりとコーヒーを楽しんでいます。

 出典  Funmee!!編集部


私もたっぷりのカプチーノと、チョコレートたっぷりのクロワッサンを注文。
甘すぎないチョコレートの香りと、ふわふわモチモチした食感に起きたはずの頭がまた夢の世界へ。

パンを片手にふらり、朝焼けを追いかけて


朝ごはんを食べている途中、または注文途中に8時になってしまったら、すぐにテイクアウトに切り替えなければいけません。

それはヴェネチアの美しい朝日を見ることができるからです。

 出典  Funmee!!編集部


冬の太陽はねぼすけなので、朝早くはまだまだうっすらと明るいくらい。
でもこの幻想的な景色がたまらないので、少し寒いですが「外で朝日を待ちたい!」という方はぜひ朝ごはんをテイクアウトして、チャレンジしてみてください。

 出典  Funmee!!編集部


ちなみにこの日は雲の切れ間からゆっくりゆっくり上がってきてくれました。
おはよう、ヴェネチア!

 出典  Funmee!!編集部


おいしいご飯とゆったりとした時間が流れる水の都、イタリア・ヴェネチア。
ぜひ訪れる際はこの美味しいクロワッサンを一度、試してみてください。

それでは、また♪

今回紹介したパン:クロワッサン

 出典  Funmee!!編集部


サクサクとした食感と、濃厚なバターの香りが特徴的なパン。たっぷりのカプチーノと一緒に朝食に食べられることが多い。発祥はフランスですが、イタリアのカフェや商店などで気軽に味わうことができます。

【世界パン旅 Vol.5】モロッコの伝統パン「ホブズ」と行く、砂漠の旅 【世界パン旅 Vol.3】メルヘンの国・チェコで食べるあまーい誘惑
最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!ライター
古性 のっち

予算100万円で世界一周中のフリーライター / バックパッカー。
無類の牛乳好き。各国の牛乳パックを収集してはバックパックに詰め込む日々。
世界中の美味しいパンを求めてさまよっています。朝はごはん派です。
Twitter - @nocci_84

予算100万円で世界一周中のフリーライター / バックパッカー。
無類の牛乳好き。各国の牛乳パックを収集してはバックパックに詰め込む日々。
世界中の美味しいパンを求めてさまよっています。朝はごはん派です。
Twitter - @nocci_84

TOP