釣り逃した原因はメンテ不足!? ベイトリールメンテナンスの基本
釣り
【釣りに夢中!】︎

釣り逃した原因はメンテ不足!? ベイトリールメンテナンスの基本


道具を揃えて初めての釣りを満喫。帰宅後しばらくして次の準備をしていたら、リールの使い心地がどうも前回と違う……。そんなトラブルは、リールのメンテナンスを怠っていたために起こります。

 

リールは回転させて糸を巻き取る道具のため、回転箇所のどこかひとつでもスムーズでなくなれば、巻き取り時に違和感を生じます。そのままにしておくと、掛かった魚を引き寄せるときに逃げられてしまうことも。とくにベイトキャスティングリール(以下、ベイトリール)はその差が顕著にでます。

 

そこで今回は、釣果を上げるため、そして長く使い続けるために必要なベイトリールのメンテナンスについて解説します。



どうしてもベアリングが汚れやすい、ベイトリール

海釣りで使うベイトリール。竿の先端から見て縦方向に糸を巻き取っていきます
 出典  Funmee!!編集部
海釣りで使うベイトリール。竿の先端から見て縦方向に糸を巻き取っていきます


リールやロッド、そのほか釣り道具たちは、自分の手の延長として魚たちとのやりとりを助けてくれる道具です。だからこそ、購入した道具は長く使い続けたいもの。

 

糸ヨレと無縁で、力強く巻けるベイトリールは、その構造上、糸を収めておくパーツであるスプールを支えるボールベアリング(以下、ベアリング)に汚れが溜まりやすく、その結果、リールの回転がスムーズでなくなってしまうことも。

 

そこでスプールのベアリングのメンテナンスは、マメに行うことが大切です。メンテナンスしながら長く使うことで、愛着も増します。

 


釣り終えたらまず洗う!

最初にすべきは、釣行後すぐに真水で洗うこと
 出典  Funmee!!編集部
最初にすべきは、釣行後すぐに真水で洗うこと


釣りの後、ベイトリールにはいろいろな汚れが付いています。淡水であれば泥やホコリ。海の場合は泥やホコリに加え、海水に含まれている塩も付着します。

 

そのまま放っておくと付着した汚れが原因でリールの回転を低下させることに。塩汚れは塩が固まり、最悪の場合、動かなくなることも。

 

水洗いは、まずドラグの内部に水が入ることを避けるため、ドラグノブを締め、水で洗い流す感じで行い、その後は水分を拭き取り、日陰でしっかり干しましょう。海で使用した場合は、スプールを取り外し、スプールだけ水に浸して塩抜きを行うのがベストです。水洗いはどんなに忙しくても、最低限のメンテナンスとして必要です。



魚が糸を強く引いたときに糸が切れることを防ぐ機構「ドラグ」。ベイトリールのドラグノブは一般的にハンドルの根元に付いています
 提供  DAIWA
魚が糸を強く引いたときに糸が切れることを防ぐ機構「ドラグ」。ベイトリールのドラグノブは一般的にハンドルの根元に付いています

回転が下がってきたらオイルアップ!


水洗いを繰り返していても、使い続けていると回転性能は低下していきます。そうなる前に、オイルを足したり、ベアリングを洗ったりといったメンテナンスが必要になります。

 

もちろんこれらのメンテナンスを毎回やるのがベストですが、数回の釣行をしたら回転性能の低下が無くても行うことで、そのリールと長く付き合うことができます。「回転が悪くなってきたからメンテするか」では、すでに部品が大きなダメージを受けてしまっている場合が多く、そんなときは部品の交換が必要になってしまうため、そうならないようにするためにも、マメにメンテナンスしましょう。



ベイトリールのメンテナンス


自分でできるベイトリールのメンテナンスの仕方を紹介します(解説にはダイワ・アグレスト100SHを使用。ベアリングの外し方、オイルの注入箇所は、リール、メーカーにより異なります)。

 

前回紹介したスピニングリール同様に、ベイトリールもギア部分は小さなパーツが多く複雑な機構となっているため、ギア部分の分解清掃をメーカーは推奨していません。そこでギアボックスを除く、スプール周りやその他回転部分などのメンテナンスをできるようにしましょう。自宅で自らメンテナンスしても回転の調子が戻らない場合は、メーカーへ修理に出すことができます。



用意するメンテナンスギア

■パーツクリーナー

ヘッジホッグスタジオ ベアリング&パーツクリーナー。ベアリングなどの汚れを落とすために使います
 出典  Funmee!!編集部
ヘッジホッグスタジオ ベアリング&パーツクリーナー。ベアリングなどの汚れを落とすために使います

■専用オイル

ヘッジホッグスタジオ アルケミーオイル ミディアムライト。汚れを落とした後にオイルアップすることで、ベアリングへの汚れの侵入を防ぎます
 出典  Funmee!!編集部
ヘッジホッグスタジオ アルケミーオイル ミディアムライト。汚れを落とした後にオイルアップすることで、ベアリングへの汚れの侵入を防ぎます

■スプールベアリングリムーバー

ヘッジホッグスタジオ スプールベアリングリムーバー。ベイトリールのベアリングを止めているピンを外すための専用工具
 出典  Funmee!!編集部
ヘッジホッグスタジオ スプールベアリングリムーバー。ベイトリールのベアリングを止めているピンを外すための専用工具

■ベアリングチェックツール

ヘッジホッグスタジオ ベアリングチェックツール PRO。ベアリングの回転を確かめる道具で、あると便利です
 出典  Funmee!!編集部
ヘッジホッグスタジオ ベアリングチェックツール PRO。ベアリングの回転を確かめる道具で、あると便利です

■ドライバー

リールの箇所ごとのネジのサイズにあったドライバーも用意しましょう
 出典  Funmee!!編集部
リールの箇所ごとのネジのサイズにあったドライバーも用意しましょう

メンテナンスの手順

1 サイドカバーを外す

 出典  Funmee!!編集部


ベイトリールのサイドカバーを外し、スプールを取り出します。サイドカバーの外し方は、リールによって異なるので、リールの説明書で確認してください。



2 専用工具でスプールベアリングを外す

 出典  Funmee!!編集部


スプールのベアリングを外します。ベアリングを外すためにピンを外すのですが、専用の工具・スプールベアリングリムーバーがあると、ピンを曲げるなどのトラブルなく抜くことができます。



3 取り出したベアリングを確認

 出典  Funmee!!編集部


スプールベアリングリムーバーでピンを外したら、ベアリングを取り出します。



4 サイドカバーのベアリングも外す

 出典  Funmee!!編集部


サイドカバー側に装着されたベアリングを外します。ベアリングを支えているピンやワッシャーがあるので、それをドライバーなどで持ち上げて外し、ベアリングを取り出します。



5 パーツクリーナーで清掃

 出典  Funmee!!編集部


取り出したふたつのベアリングにパーツクリーナーを吹き付けて洗浄します(パーツクリーナーを使用する際は、換気の良いところで行ってください)。



 出典  Funmee!!編集部


清掃後、ベアリングの回転がスムーズなことが確認。回転がスムーズにならない場合は、ベアリングの破損や、内部のボールにキズが入っていることなどが考えられます。その場合はベアリングを交換しましょう。釣具店やリールメンテナンス専門店などで入手できます。



7 ベアリングのオイルアップ

 出典  Funmee!!編集部


回転がスムーズならベアリングに専用オイルを注入します。



8 スプール軸のオイルアップ

 出典  Funmee!!編集部


スプールにベアリングを装着し、軸にオイルを塗ります。逆側の軸にもオイルを塗っておきます。



9 サイドカバーにパーツを戻す

 出典  Funmee!!編集部


サイドカバーにベアリングを装着し、リングをはめて固定します。



10 その他、回転部のオイルアップ

 出典  Funmee!!編集部


その他の回転部にもオイルを注入します。まずメカニカルブレーキのノブを回して外し、中央に刺さっているシャフトを抜き取ります。付着した汚れをペーパーなどで拭き取り、オイルを注入し、戻します。



11 レベルワインダーのオイルアップ

 出典  Funmee!!編集部


糸をスプールへ均等に巻くためにシャフト上を平行移動するパーツ、レベルワインダーにもオイルを注入しておきます。



12 ハンドルノブのキャップを外す

 出典  Funmee!!編集部


ハンドルノブをメンテナンスするためにハンドルノブキャップをピンなどで外します。



13 ハンドルノブのオイルアップ

 出典  Funmee!!編集部


ノブの回転が悪いようなら、内部のネジを外し、洗浄してから戻し、オイルを注入します。回転が少し悪い程度なら、ナット部、ハンドルノブの付け根にオイルを注す程度でOK。最後にハンドルを回し、回転のスムーズさを確かめて終了です。



ライトジギングを楽しみたい人が最初に読むべき一冊です。タックル選びやメタルジグの種類といった基礎はもちろん、青物、タチウオ、マダイといった実践も解説。リールメンテナンスについても紹介しています。


===

文:大本英則(Hidenori Omoto)

写真:雑誌「ソルトワールド」(エイ出版社)

制作協力:ヘッジホッグスタジオ

 

 

■注記

本記事は、ムック「近海のライトジギング完全バイブル」(エイ出版社)の「リールメンテナンス」に加筆したものです。

 

■免責

リールの分解は自らの責任でおこなってください。メーカーによっては分解・清掃を推奨していないリールもあります。



釣り
釣り
2018年8月3日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング