ブリヂストンアンカー/おもてなしの心をもつ日本のトップブランド
ロードバイク
【ロードバイクが気になる!】︎

ブリヂストンアンカー/おもてなしの心をもつ日本のトップブランド


日本の自転車ブランドの雄といえば「BRIDGESTONE ANCHOR」(ブリヂストンアンカー)。ブリヂストンサイクルが開発を手がけているスポーツバイクブランドです。


「日本人に合った自転車づくり」を貫き、購入時にカラーオーダーやパーツセレクトができるアンカーオーダーシステムを導入するなど、ユーザーにやさしい販売姿勢で多くのファンを獲得してきました。



日本の自転車競技レベルを上げたブリヂストンアンカー


ブリヂストンサイクルの創設は1949年(当時の呼称はブリヂストン自転車)。多くの人にとって一般自転車のイメージが強いかもしれませんが、1964年に自転車競技部を発足させてレース活動をしてきました。

 

スポーツ自転車の開発にも熱心で、1974年にリリースされた「ROADMAN」(ロードマン)や、1986年の「RADAC」(レイダック)などは名車として知られています。



「チームブリヂストン・アンカー」は何度かチーム名称を変更しながら、2018年現在は「チーム ブリヂストンサイクリング」として活動中。2020東京五輪に向けて、ロードレース、トライアスロン、トラック、パラリンピックの選手をサポートしています
 出典  ブリヂストンアンカー
「チームブリヂストン・アンカー」は何度かチーム名称を変更しながら、2018年現在は「チーム ブリヂストンサイクリング」として活動中。2020東京五輪に向けて、ロードレース、トライアスロン、トラック、パラリンピックの選手をサポートしています


1998年、ブリヂストンサイクルは「世界に挑む日本人ライダーのための自転車」をコンセプトに本格的にロードバイクの世界に参入します。そこで生まれたのがブリヂストンアンカーです。


これまでオリンピック選手を多数輩出してきたブリヂストンサイクルが本格的なレース活動を始めたおかげで、国内の自転車競技のレベルが底上げされたといえます。



「踏めば応える」日本人のための高性能モデルを研究開発

アンカーラボと呼ばれる開発部門では、チームに所属の選手だけでなく一般のサイクリストのデータを測定。プロだけでなく、選手レベル&一般レベルの双方の感覚を大切にしながら、モデル開発を進めています
 出典  ブリヂストンアンカー
アンカーラボと呼ばれる開発部門では、チームに所属の選手だけでなく一般のサイクリストのデータを測定。プロだけでなく、選手レベル&一般レベルの双方の感覚を大切にしながら、モデル開発を進めています


ブリヂストンアンカーのロードバイクの大きな特徴は、日本人の体型に合わせた設計になっていることです。日本人は欧州や欧米の人と手足の長さをはじめ体型が異なります。それを考慮して、日本人に合うフレーム設計、サイズ展開をしているため、「乗りやすい」「扱いやすい」モデルが多いのです。

 

男性だけでなく、小柄な女性向けにフレームのサイズ展開も幅広く行っています。「海外メーカーではサイズが大きかった……」と悩んでいる人にも向いています。

かゆいところに手が届くような、日本人ならではのおもてなしの心をもったブランドなのです。



理想の走りを叶える解析技術 「プロフォーマット」


2016年には開発部門であるアンカーラボはブリヂストンの研究機関であるブリヂストン中央研究所と共同で新しい解析ソフトを開発します。それが「PROFORMAT」(プロフォーマット)です。



作り手が理想とする性能を、実際のフレームに再現できるようにする解析技術が「PROFORMAT」。ブリヂストンアンカー史上、最もよく進むフレームが誕生しました
 出典  ブリヂストンアンカー
作り手が理想とする性能を、実際のフレームに再現できるようにする解析技術が「PROFORMAT」。ブリヂストンアンカー史上、最もよく進むフレームが誕生しました


ペダルを踏んだ力を無駄なく前へ進む力に変えるために、伝達効率、素材、空力、形状、寸法、人、強度、合成、重量といったあらゆる要素をコンピューター上で解析しながら、シミュレーションを繰り返してフレームを作り上げることに成功しました。開発スピードが上がったことから、より念入りにフレームの作り込みを行えるようになりました。



ブリヂストンアンカー RS9

 出典  ブリヂストンアンカー


最高級の性能を突き詰めたコンペティション(競技)モデルで、PROFORMATによる解析技術と高い弾性率(80t)を誇るカーボン素材の採用で「よく進み、軽い」を実現。チーム ブリヂストンサイクリングの選手も使用しています。写真は2018年モデル。


ブリヂストンアンカー RS9

 

メーカー希望小売価格:780,000円(完成車、税抜)、350,000円(フレームセット、税抜)

フレーム:PROFORMAT 3ピースUHM-カーボン

フォーク:UHM-カーボン

メインコンポーネント:シマノ デュラエース

変速段数:22スピード

ホイール:フルクラム レーシングゼロ クリンチャー

重量:7.1kg(ペダル付き)、6.8kg(ペダルなし)

ホイールはシマノ デュラエースWH-9100-C40-CL +64,000円(税抜)、シフト仕様:デュラエースR9150 +130,000円(税抜)



ブリヂストンアンカー RS8 エキップ

 出典  ブリヂストンアンカー


PROFORMAT採用の「RS8エキップ」は、ブリヂストンアンカーのラインナップのなかで標準的な弾性のカーボンを使ったモデル。コンポーネントはシマノ105を装着し、レースでも十分に活躍できます。写真は2018年モデル。



ブリヂストンアンカー RS8エキップ


メーカー希望小売価格:255,000円(税抜)

フレーム:PROFORMAT 3ピースカーボン

フォーク:HMカーボン モノコック

メインコンポーネント:シマノ 105

変速段数:22スピード

ホイール:シマノ WH-RS010

重量:8.2kg(ペダル付き)、8.0kg(ペダルなし)

ホイールはフルクラム レーシング クワトロLG +35,000円(税抜)、フロントフォーク同色 +3,800円(税抜)



ブリヂストンアンカー RL8エキップ

 出典  ブリヂストンアンカー


モデル名の冒頭が「RS」はレース系、「RL」はロングライド系モデルです。RL8エキップはカーボンフレームのエントリーモデルで、コンポーネントはシマノ105を装着しています。PROFORMAT採用。写真は2018年モデル。


ブリヂストンアンカー RL8エキップ


 

メーカー希望小売価格:255,000円(税抜)

フレーム:PROFORMAT 3ピースカーボン

フォーク:カーボン モノコック

メインコンポーネント:シマノ 105

変速段数:22スピード

ホイール:シマノ WH-RS010

重量:8.0kg(ペダルなし)

ホイールはフルクラム レーシング クワトロLG +35,000円(税抜)、フロントフォーク同色 +3,800円(税抜)



ブリヂストンアンカー RL6エキップ

 出典  ブリヂストンアンカー


ロングライドバイクの理想的な乗り味をPROFORMATを用いてアルミ素材で実現。コンポーネントはシマノ105と必要十分な性能を備えていて価格もリーズナブルです。写真は2018年モデル。




ブリヂストンアンカー RL6エキップ


メーカー希望小売価格:180,000円(完成車、税抜)、90,000円(フレームセット、税抜)

フレーム:PROFORMAT アルミニウムA6061

フォーク:カーボン モノコック

メインコンポーネント:シマノ 105

変速段数:22スピード

ホイール:シマノ WH-RS010

重量:8.9kg(ペダル付き)、8.6kg(ペダルなし)

ホイールはフルクラム レーシング クワトロLG +33,000円(税抜)



ライダーのために。唯一無二のカスタムメイドシステムがすごい


ブリヂストンアンカーの大きな特徴にカスタムメイドのシステムがあります。これは、「乗り手の体格や好みに合わせたバイクを届けたい」という思いから生まれました。



●パーソナルマッチング

 

購入時にパーツを選べるシステム。各モデルに標準で装備されているパーツを体格や好みに合わせて交換することで、一人ひとりの身体にぴったり合わせることができるシステムです。一部のパーツは有料で上級のパーツにアップグレードもできます。ポジション合わせはアンカー独自のフィッティングマシンを使って行われます。




ハンドルとステムのサイズ、ギアクランクとスプロケットの歯数、シフターがワイヤー式か電動式か、ホイールのグレード、タイヤのカラー、ペダルの有無などが選べます
 出典  ブリヂストンアンカー
ハンドルとステムのサイズ、ギアクランクとスプロケットの歯数、シフターがワイヤー式か電動式か、ホイールのグレード、タイヤのカラー、ペダルの有無などが選べます


●カラーオーダー


パーソナルマッチングはパーツを選べるだけではありません。各モデルに標準で用意されている以外のカラーをオーダーで選ぶこともできます。フレームはエッジのみとフレーム全体のカラーパターンを選べ、最大76色からセレクトすることができます。光の当たり方で色の表情が変わるマジョーラカラーや、ラメが太陽光を反射してキラキラ輝くダイヤモンドカラーなどもあります。人とは違う自分だけの一台が欲しいという乗り手にオススメです。



セレクトパーツシステムとこのカラーオーダーシステムは、ホームページでもシミュレーションができます。楽しみながら選びましょう
 出典  ブリヂストンアンカー
セレクトパーツシステムとこのカラーオーダーシステムは、ホームページでもシミュレーションができます。楽しみながら選びましょう

夏のライドのテッパン、アームカバー。パールイズミの新商品は、日光を反射してウェア内の温度上昇を抑えながら日焼けを防ぐ素地「コールドブラック®」を採用。日の当たらないヒジ側はメッシュで風通しがよく、携帯性にも優れた高機能アイテムです。半袖ジャージと合わせて着用すれば、日焼け対策は万全!


===

文:田中 弾(Dan Tanaka)

メインカット写真提供:ブリヂストンアンカー

ロードバイク
ロードバイク
2018年7月27日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング