トレランウエア、プロはこう選ぶ!
アウトドア
【オトナの夏アウトドア】︎

トレランウエア、プロはこう選ぶ!


山道を走るトレイルランニングには、天候の変化への対応や、汗のコントロールが大切になります。合わないウエアを選ぶ思い通りに走れないことも。


そこでトレイルランニングならではのウエア選びを、プロランナーも通うトレイルランニングギア専門店、トレイルランテストセンターの加藤淳一さんに教えていただきました!




ウエア選びは「内側からの濡れ」対策がポイント


山で着るランウエアについては、つい外側からの「防水」ばかり気にしてしまうのではないでしょうか? もちろん大切なポイントですが、トレイルランニングでは外からの濡れよりも「内からの濡れへの対策」が超重要です!


たとえば標高が高く気温が低い場所で走る場合、行動中であれば体が熱を持っているので問題ありませんが、休憩時に一気に汗冷えしてしまうことも。吸湿速乾性に優れたTシャツやパンツを選ぶことはもちろん、その下に高機能アンダーウエアを1枚重ねるだけで、肌から素早く汗を吸い上げ外へ放出できるので、快適性を維持することができます。





6月、富士山山頂のお鉢めぐりトレーニングをする加藤さん。標高3,000m以上でも、行動中は体温が上がるため、保温力があり透湿性の高いアウターやベースレイヤーが欠かせません
 提供  加藤淳一さん
6月、富士山山頂のお鉢めぐりトレーニングをする加藤さん。標高3,000m以上でも、行動中は体温が上がるため、保温力があり透湿性の高いアウターやベースレイヤーが欠かせません


ソックスも侮るなかれ。フィットしていない、または汗が溜まりやすい素材のソックスで走った場合、靴擦れを引き起こす可能性が大! フィット感や吸湿速乾性といった機能が確かなモデルを選びましょう。



 提供  加藤淳一さん

そのほか、天候が崩れたときや防寒のための防水透湿レインウエアはマストで携帯し、行先や行動時間によって厚手の長袖のトップスや薄手のダウンジャケットを追加すれば完璧です。サンバイザーや帽子、サングラスなどの日射対策もお忘れなく。



最初に揃えるべきは、この4つのウエアだ!

防水透湿ジャケット


天候が良くても悪くても、山に入る際に必ず携帯して欲しいのが防水透湿ジャケット。防水性だけでなく、透湿性が確かなものを選びましょう。



 提供  モンチュラ

トレイルランナーにおすすめは、このような超軽量の防水透湿ジャケット。ゴアテックスの最新テクノロジー「GORE-TEX® Active SHAKEDRY™」を採用し、水蒸気を内側から外部へすばやく移動させてくれることがポイント。袖のずり上がりを防ぐサムループや風の侵入を防ぐ防風フラップなど過酷な状況でも体の快適性を維持できます。

モンチュラ「FLYAWAY JACKET

サイズ:XS,S,M,L

重量:135g



ベースレイヤー


Tシャツなど体温調節や動作を支えるベースレイヤーには、速乾性のあるもの、そして動きやすく自分に合う着心地の一着を選びましょう。

 提供  サロモン

このサロモンのTシャツは、身体の部位ごとに効果的に汗や湿気を逃がす適切な通気性能が施されているのがポイント。また胴体部分がシームレス構造になっていて、行動中の擦れによるストレスが少なく、快適なランを提供してくれます。



サロモン「SENSE PRO TEE


サイズ:XS,S,M,L,XL

重量:53g




アンダーウエア


ベースレイヤーの機能を最大限に高めるのがアンダーウエア。いまやトレイルランナーはじめ、アクティブスポーツユーザーにとって定番のアイテムといえるのが、メッシュ状や網状のアンダーウエアです。汗戻りを起こさず肌をドライな状態に保ち、トレイルランニングに致命的な汗冷えの軽減に有効です。


 提供  ミレー

疎水性に優れ、汗冷えの低減に定評のあるミレーのアンダーウエア。メッシュの厚みが汗を吸ったベースレイヤーを肌から離し、汗冷えや低体温症のリスクを軽減してくれます。ロングスリーブもあり、さらに3/4丈のタイツやボクサータイプなどもラインナップするモデル。適切にレイヤリングして汗をコントロールしましょう。


ミレー「DRYNAMIC MESH NS CREW


サイズ:S/M,L/XL

重量:100g




パンツ


トレイルランナーは、全体的にパンツはショート丈のものを選んでいる人が多いです。ベースレイヤーと同様に、速乾性、通気性、動きやすさが選ぶポイント。


 提供  ティートンブロス


ランとクライミングを組み合わせて楽しむ「スクランブリング」用に開発されたモデルで、ストレッチ性と耐摩擦性に優れています。バックパックと干渉しないように計算されたフロントのiPhoneポケットや、軽量ジャケットが収納できるパワーバックポケットなどの機能も申し分ありません。



ティートンブロス「Scrambling short


サイズ:S,M,L

重量:160g(M)





ソックス


ソックス選びはつい軽視されがちですが、適切なソックスを選んで靴と足との擦れを無くすとことは、トレイルランナーにとって最重要課題のひとつ。砂などが靴に入り込むこともよくあるので、ほどよい厚みのある丈夫なモデルを選びましょう。


 提供 ダーンタフ


耐久性、透湿性に優れるメリノウールと化学繊維との混紡素材を採用しクッション性に優れています。擦れに強く蒸れにくい快適な一足。



ダーンタフ「Vertex 1/4 UL Cushion


サイズ:M,L




プロのお墨付き最新トレランウエア10選

サロモン「S-LAB HYBRID JACKET U」

 提供  サロモン


サロモンがアスリートと共同開発したハイエンドシリーズ「S-LAB」のひとつで、防水性、通気性、耐風性をもつ「Pertex® Shield」と通気性、耐風性をもつ「Pertex® Microlight」を採用したハイブリッドなジャケット。独自のパターニングにより、上半身のスムーズな動きを実現。走りながら脱いだジャケットをウエストバンド部分に収納できる、画期的なシステムを採用しています。



サロモン「S-LAB HYBRID JACKET U


サイズ:XS,S,M,L,XL

重量:90g





モンチュラ「EXPERIENCE JACKET」

 提供  モンチュラ


軽量コンパクトなウインドシェルジャケットは、、風が強まったり日が陰ったりして肌寒さ感じたときに気軽に羽織れるので、一着持っておくと非常に便利。このウインドシェルは、ストレッチの効いた軽量防風素材が採用された快適な着心地が特徴。立体裁断であること、袖下や脇下に柔らかな素材が施されていることなど、動きやすさも充分に配慮されています。



モンチュラ「EXPERIENCE JACKET


サイズ:S,M,L

重量:150g




モンチュラ「RUN FLASH JACKET」

 提供  モンチュラ


撥水性、速乾性、ストレッチ性に優れたソフトシェルジャケット。標高の高い山でのランや秋冬の里山でのランなど、肌寒い時期の行動時のアウターとしてはもちろん、防水ジャケットの下に重ねる防寒着としても使えます。加えてジッパー付きのハンドポケット、光反射グラフィックなど、トレランを快適にする細やかなスペックも搭載。


モンチュラ「RUN FLASH JACKET


サイズ:S,M,L

重量:350g



モンチュラ「THERMO WOOL ANORAK」

 提供  モンチュラ


肌寒い時期や場所でのベースレイヤーに最適なモデルで、部分的に天然素材のメリノウールを採用したプルオーバー型のジップアップシャツ。蒸れにくいうえに冷えにくく、さらに匂いも出づらいので長く着続けられるのが魅力。グリッド状の裏起毛は肌触がよく着心地もよし。ファスナーのタブがマグネット付きでバタつかないのもポイント。



モンチュラ「THERMO WOOL ANORAK


サイズ:S,M

重量:165g




オンヨネ「メンズブレステックPP V首ハーフスリーブ」

 提供  オンヨネ



こちらは、トレイルランナー山本健一氏や望月将悟氏、菊嶋啓氏が愛用中のモデル。ブランド独自の疎水素材「ブレステックPP」を採用し、肌を常にドライで快適な状態に保ってくれます。襟元がより深いVネックのモデルや、ハーフ丈・ロング丈のタイツもラインナップ。




オンヨネ「メンズブレステックPP V首ハーフスリーブ


サイズ:S,M,L,O

重量:65g(L)



ファイントラック「スキンメッシュ ロングスリーブ」

 提供  ファイントラック


撥水性の高いアンダーウエアを「ドライレイヤー」と呼び、多くの商品を展開しているファイントラック。真夏のスポーツに最適な「パワーメッシュ」や雪山などのシーンに重宝する「アクティブスキン」などシーン別のモデルもありますが、こちらはオールラウンドに使える「スキンメッシュ」の長袖タイプ。優れた耐久撥水性をもち、フィット感や肌触りもよくストレスフリーな着心地です。



ファイントラック「スキンメッシュ ロングスリーブ


サイズ:S,M,L,XL

重量:55g



モンチュラ「RAIN STOP BERMUDA」

 提供  モンチュラ

このようなハーフ丈の防水透湿パンツがあれば、雨天時に山でランニングをする際に活躍すること間違いなし。ストレッチ性があり立体裁断が施さているため、脚の動きが妨げられず快適なランを楽しめます。軽量でコンパクトに折り畳めるので、天候な不安定な日にバックパックの片隅に入れておくと安心です。カラーは2種類、ユニセックスモデル。


モンチュラ「RAIN STOP BERMUDA


サイズ:XS,S

重量:100g



サロモン「S-LAB HYBRID PANT」

 提供  サロモン


雨天時だけでなく、虫が多い場所や朝晩寒いときのランにも役立つ、超軽量な防水透湿パンツ。畳むとかなりコンパクトになるので、オールシーズン負担なく携帯できます。トップアスリートの声によって生まれた「S-LAB」モデルで、激しい動きにもスムーズに追従する独自のパターンを採用。両脚の外側の膝下に長いジッパーが施され、シューズを履いたままでも着脱できます。



サロモン「S-LAB HYBRID PANT


サイズ:XS,S,M,L,XL

重量:105g



ドライマックス「Trail Run 1/4 Crew-Turndown」

 提供  ドライマックス


名前のとおり、とにかく乾きが早いことが特徴のトレイルランニング専用ソックス。裾部分を折り返すと、ロング丈とショート丈の2パターンで使い分けられます。また、どのようなインソールでも適度なフィット感をもたらすプロテクション機能の搭載で、靴ずれの可能性を最小限に抑えてくれます。




ドライマックス「Trail Run 1/4 Crew-Turndown

サイズ:S,M,L




■監修 加藤淳一さん


 出典  Funmee!!編集部


トレイルランテストセンター代表。1979年山梨県生まれ。幼少期から陸上に親しみ、2007年頃よりトレイルランの世界へ。ハセツネ30kmの優勝をはじめ、数多くの大会で入賞する好成績を残しています。2013年、さまざまなギアをフィールドで試してから購入できる専門店トレイルランテストセンターを富士山の麓で開業。



 出典  Funmee!!編集部


山梨県富士吉田市上吉田2310

TEL:080-6544-6150

営業時間:10:00~17:30(3:00~10:00、17:30~21:00は事前の電話にて対応)

休み:火曜日 不定休(レース等による)




===

文:松元麻希(Maki Matsumoto)

メインカット提供:加藤淳一さん



アウトドア
アウトドア
2018年8月14日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング