サイクリストが集う自転車ショップ直伝!マウンテンバイクの楽しみ方


茨城県つくば市にある自転車ショップ「TAS CYCLE」の福田貴也さんは、自転車好きが高じて自らショップオーナーに。


多くの自転車好きが集い、遊ぶ、サイクリストたちの公園のような自転車店を営む福田さんに、気軽に始められるマウンテンバイクの楽しさを教えてもらいました。




デコボコ道も楽しめる!オフロードを駆け抜ける魅力

「TAS CYCLE」の福田貴也さん

 出典  Funmee!!編集部


—— オフロードというのは、未舗装の道路ですよね。


はい。オフロードは砂利や石などで衝撃を受けることも多いため、タイヤや乗る人への負担が大きく、ロードバイクやいわゆるママチャリなどは向いていません。

 


—— そこでマウンテンバイクが登場するわけですね。


そうですね。マウンテンバイクはタイヤが太く、突起が多くてグリップ力があるので難なく進めます。またデコボコ道でも衝撃が少なく、ハンドル操作がしやすいため、グイグイと乗り回せます。




前輪の衝撃を吸収するサスペンションパーツがついているので、デコボコ道でも衝撃が少なく、ハンドル操作が簡単!

 出典  Funmee!!編集部


―― マウンテンバイクというと、山道を駆け下りるイメージがあります。


山を猛スピードで駆け下りる「ダウンヒル」と呼ばれる遊びは、もっともハードなジャンルです(笑)。僕はダウンヒルも好きですが、デコボコした道をじっくり登るのも好きですね。登りきったときの達成感や、難しいコースを走りきったときのおもしろさは格別ですよ。




—— そこにハマってしまった?


はい。トレイルと言われる、悪路で岩などがある道を走り、そこを乗り越えたい自分をマウンテンバイクが繋いでくれる。そして、マウンテンバイクがあれば乗り越えられる。そんな感覚を楽しみたくて、ショップのお客さんたちもいっしょになって遊んでます(笑)

 


 出典  Funmee!!編集部


—— 仲間と一緒に走り回るのは楽しそうですね! ほかにも特長ってありますか?


オフロードを得意とするマウンテンバイクですが、街でも十分楽しく乗れます。最近の道路は自転車レーンも増えていますが、まだまだ自転車用の道は少ないため、歩道を走ることもあります。そういった歩道とのちょっとした段差もスムーズに走れておもしろいですよ。




 出典  Funmee!!編集部

まずはブレーキングテクニックを覚えよう

ブレーキは基本的に人差し指を遣う

 出典  Funmee!!編集部


―― 街中やデコボコ道を運転するうえで、マウンテンバイクならではのポイントはありますか。


状況によって変わりますが、グリップをしっかり握りながら制動する必要があるマウンテンバイクは、ブレーキをかける際には基本的に人差し指を遣います。力強くブレーキをかける必要があれば、中指も一緒に使いましょう。ハンドルとともにブレーキもギュッと握れるよう取り付け位置も重要です。自転車ショップで自分にあう位置で調整してもらうとよいでしょう。



街でも山でもヘルメットは必須。グローブやシューズも必要に応じて用意しよう!

 出典  Funmee!!編集部


—— 自転車のほかに揃えておいた方がいいものはありますか。


ヘルメットは街乗りでも必需品ですね。またオフロードは、転んだときに手をついた場合に石の角や草木などで手を切ってしまうこともあるので、グローブをつけましょう。


本格的にオフロードで遊ぶなら、グローブ、シューズは必須アイテム! シューズは専門のではなくてもよいですが、ソールが硬めのスニーカーがおすすめです。



 出典  Funmee!!編集部

バランス感覚を養えば、自由に走れるように


—— 道具も揃えると、早速オフロードで遊んでみたくなりそう! その前に普段の街乗りでできることってあるんでしょうか。


街でも遊べますよ! 例えばバランス感覚を養う遊び。自転車を停車して、乗ったまま足をつかずにその状態をキープするというもので、自然とハンドルやペダルの操作能力やバランス感覚が上達します。

 


―― 一見、簡単そうで難しそう!


座ったままこれを行うのは難しいので、立ち漕ぎのような姿勢になると思います。そのバランスの鍵を握るのが体の軸。車体の角度を調整しつつ、顎の位置がハンドルの中央の上にあるよう意識するとバランスがとれやすくなります。




自転車を停車して、乗ったまま足をつかずにその状態をそのままキープ!

 出典  Funmee!!編集部


―― なるほど、試してみます。これなら家の近くでできちゃいそうですね。


はい。場所を取らずにできるので、慣れてくれば信号待ちの間とかちょっとしたときにもできますよ。バランス感覚がよくなると、自転車を扱いやすくなります。この感覚がつかめれば、こんな感じでウィリーなどもできるようになりますよ。



ウィリー

 出典  Funmee!!編集部


―― ウィリー!?


はい(笑)。ほかにも前輪で止めるジャックナイフと呼ばれるテクニックもあります。ジャックナイフはブレーキをかけたとき、腰を後輪の上ぐらいまでグっと引いてしまうのがコツです。



ジャックナイフ

 出典  Funmee!!編集部


—— すごい! いきなりハードルが上がったような気がします……!


ウィリーなどは必ずマスターしておくべきテクニックではないので、大丈夫ですよ(笑)。でも、これらを覚えておくと転倒を予防しやすくなったり、万が一転倒した際の受け身をとりやすくなります。急なブレーキングによって前転してしまうことがありますが、この限界のラインを知る意味としていいテクニックだと思います。

 


―― これから始めたい方へ、アドバイスをください。


マウンテンバイクがあれば、移動すること自体が楽しくなっていきます。だからテクニックを高めるおもしろさだけでなく、自転車に乗ることそのものを楽しんでみましょう。

 

まずはショップで相談するといいでしょう。わからないことを、ていねいに教えてもらえるはずです。また、イベントを開催しているショップもあるので、そういったものに参加すればあっという間に仲間もできますよ。

 

一人でも仲間たちと走っても楽しいですし、例えば夫婦でも楽しめます。走っている間の会話はあまりなくても、休み休み走りながら、同じ景色を見たり気持ちのいい時間を共有できるので、互いの絆は深まります。ぜひ楽しんでみてください。





■プロフィール

福田貴也さん

埼玉県出身。都内自転車ショップの勤務を経て、茨城県つくば市で自転車ショップTAS CYCLEオープン。幼少の頃からの自転車好きで、十代の頃に本格的に始めたBMXから、ロードバイク、MTBなど数々の自転車を楽しむ。

 

TAS CYCLE

〒305-0033 茨城県つくば市東新井38-6

TEL: 029-896-8253

営業:13:00〜20:00

休み:不定休



===

企画・編集協力:枻(エイ)出版社

文:井上綾乃(Ayano Inoue)

写真:後藤武久(Takehisa Goto)

 

 

■免責

自転車の通行は原則、車道通行です。車道では左側を通行しましょう。また、自転車が通行可能な歩道では歩行者優先で通行しましょう。

最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP