#17 いすゞ 117クーペ(邂逅編)
自動車
【ヘンアイ国産自動車の会】︎

#17 いすゞ 117クーペ(邂逅編)


最近は路上で見かける機会も少なくなった、でも鮮烈に記憶に残る、少し変わった日本発のクルマたち。そんなクルマとの毎日を楽しんでいるオーナーさんに愛車の魅力を語ってもらう「ヘンアイ国産自動車の会」。かつていすゞがリリースしたジウジアーロの傑作、117クーペに乗る面髙翔五さんにその魅力を聞きました。



お気に入りはいつもジウジアーロ

お若いながらエアロパーツ製作を行う会社、ダムドの代表を務め、忙しい日々を送っている面髙さん
 出典  Funmee!!編集部
お若いながらエアロパーツ製作を行う会社、ダムドの代表を務め、忙しい日々を送っている面髙さん


今回ご紹介するのは、いすゞ 117クーペに乗る面髙さんです。購入からすでに7年、ディープグリーンのボディカラーは色褪せることなくキープされています。面髙さんは有名なエアロパーツメーカー、「DAMD(ダムド)」の代表として忙しい日々を送っています。当然普段取り扱うのは、最新のクルマばかり。なぜ旧車を選んだのでしょうか?

 

「旧いクルマは昔から好きだったんです。じつは仕事柄、家にクルマは常にあったんで、欲しくて自分で買った初めてのクルマがこの117クーペでした。後から考えると、昔から好きなクルマが、全部ジウジアーロのデザインなんですよ。デロリアンとか、ゴルフとか、この117クーペとかね」



フロントグリル中央には117クーペのマスコットである唐獅子のエンブレムが備わります
 出典  Funmee!!編集部
フロントグリル中央には117クーペのマスコットである唐獅子のエンブレムが備わります


117クーペの持つ流麗なスタイリングに魅了された面髙さんは、2011年にISUZU SPORTSで1975年式のXTを購入。当時はグレードなどあまり詳しくなかったため、選んだ決め手は丸目ヘッドライトであること、そしてこの美しいグリーンのボディカラーだったといいます。以来7年間乗り続けてきた面髙さん、愛車の魅力を強く感じるのは、クルマを洗車したときだといいます。

 

「こういう旧いクルマって、メッキバンパーが付いてるじゃないですか。メッキパーツって洗車した後に輝きが違うんですよ。このあたりはいまのクルマにはない魅力ですよね」



バンパーにテールライトが映り込むのも、美しいメッキバンパーならではですね
 出典  Funmee!!編集部
バンパーにテールライトが映り込むのも、美しいメッキバンパーならではですね

 

 

面倒臭いのがいいんです

面髙さんの117クーペには、純正ホイールに驚くほど美しい純正ホイールキャップが備わります
 出典  Funmee!!編集部
面髙さんの117クーペには、純正ホイールに驚くほど美しい純正ホイールキャップが備わります


「実は何度も『別の車に乗り換えようかな』って思ったこともあるんです。でも、クルマを眺めちゃうと、『やっぱり好き』って思い止まります。前にあんまり乗れなかった時期があって、その頃はエンジンがかからなくなったり、調子が悪くなったりしたこともありました。でもメンテナンスをすれば治りますし、いまは雨の日以外は通勤でも使っています。そういう面倒臭さがまたいいんですよね(笑)」



雨の日以外はこのクルマで毎日通勤しているという面髙さん。ひとりでフラっと海までドライブに行くこともあるそうです
 出典  Funmee!!編集部
雨の日以外はこのクルマで毎日通勤しているという面髙さん。ひとりでフラっと海までドライブに行くこともあるそうです

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』にも登場するデロリアンのデザイナーとしても有名なカーデザイナー、ジウジアーロ。本人とその仲間たちの証言によって、彼がどのようにデザインしていくのか分析! ファン垂涎の作品集付き


■プロフィール

面髙翔五さん


エアロパーツ製作などを行うダムドの代表取締役。最新の自動車を扱う仕事が終わると、自分よりも年上のこの117をドライブしてオフを楽しむ31歳。

 


===

文&写真:勝村大輔(Daisuke Katsumura)

取材協力:ISUZU SPORTSDAMD



自動車
自動車
2018年5月24日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング