ヴィンテージウォッチの名店「ケアーズ」青木 史さんに聞く、一生付き合える機械式時計のたしなみ方


たった数十ミリの小さなケースの中に、大きな夢やロマンが広がる機械式時計の世界。


とりわけ奥が深いと言われているヴィンテージウォッチは、世界中のコレクターたちを熱狂させ、時計の市場や流行を左右するほどの盛り上がりを見せています。


国内屈指のヴィンテージウォッチ名店として知られる「ケアーズ」の青木 史さんにその魅力について、私物の紹介を交え、お話をうかがいました。



一生付き合える趣味としてのヴィンテージウォッチ

 出典  Funmee!!編集部


―― 青木さんが腕時計の世界に入ったきっかけについて教えてください。


僕の社会人としてのスタートは時計業界からではなく、もともと洋服が好きで京都にあるセレクトショップの仕事からはじまりました。


その当時よく考えていたことが、ファッションの場合、年齢を追うごとに、時代の流行を追えなくなってしまう日や、それを求めない自分自身がやってくるのではないかということでした。もともと定番の物を修理しながら長く使うのが好きだったので、シーズン毎に何かを買い変えるというよりは、何十年もお気に入りの物を使いたいと思っていたんです。


そこで、「経験と感覚が蓄積されていき、実力を高め続けられる分野で仕事がしたい!」という考えが芽生えて、その選択肢のひとつとして挙がったのが、腕時計でした。時計ならファッションや靴は自由、加えてヴィンテージウォッチや古着が好きでしたので、簡単に極められるジャンルでないことはわかっていましたが思いきってチャレンジしました。



次の世代に受け継げる、古き良き時代のクオリティ

 出典  Funmee!!編集部


―― ヴィンテージウォッチの面白さは、一括りに「センス」という言葉では片付けることができない奥深さにあると思っています。その反面、初心者には敷居が高く感じてしまうこともありますよね。


ここのところ、世界的にヴィンテージの価格が高騰していますが、僕自身、高価でレアな個体ばかりが魅力のすべてではないと思っています。


第一に、ヴィテージウォッチの特徴として挙がることは、手の掛かる造りによる質感の良さ、そしてクオリティの高さです。たとえば、時計の心臓にあたるムーブメントは、一生どころか、何世代にもわたって使えるように耐久性を重視して作られています。そのため、メンテナンスがしやすいように設計されている機械がほとんどで、パーツもすごく丈夫なんです。


購入の基本は“コンディション重視”で選ぶこと

 出典  Funmee!!編集部


―― 「古い時計=壊れやすい」と誤解している人って、かなり多いと思います。実際に使ってみると、クルマやバイクの旧車とは比較にならないほど維持が楽ですよね。


ヴィンテージウォッチと長く付き合うためには、なるべくコンディションのいい個体を購入することをおすすめします。その方が、物持ちがいいことはもちろん、万が一手放す時もリセールの条件が大きく変わるからです。目の肥えたコレクターであればあるほど、そこにこだわりますね。



その時々の気分を取り入れることで世界が広がる!

 出典  Funmee!!編集部


―― 確かに、そうかもしれません。ところで青木さんは何本ぐらい腕時計を持っているんですか?


ざっくり、15本ぐらいですかね。時計はヴィンテージ一本ですので、基本的な趣味が変わることはありませんが、同じ古い時計でも、時代ごとのトレンドであったり、気分次第で見え方が変わることもあります。



―― 数ある中からこちらの4本を紹介する理由は?


少し前まで、「この服装には、こんな時計じゃなきゃダメ!」という感じで、服と時計の組み合わせにこだわっていたんです(笑)。実際、ケースが分厚すぎると、時計がシャツのカフスに隠れなかったりしますから。


それを考えるのが少し面倒に感じてきたので(笑)。最近は好きな時計を好きな様に着けて楽しめるようになりました。服装を気にせずに合わせられる、汎用性の高いデザインもヴィンテージウォッチに共通する魅力だと思います。



―― さすがは元セレクトショップのスタッフ。服にもうるさい(笑)。では、さっそくそれぞれの時計について説明をうかがいたいと思います。




ファッションとも好相性のIWCの鉄板モデル!

 出典  Funmee!!編集部


自分の好みだけで考えてしまうと、僕はこれまで生まれ年の1976年製で欲しいと思える時計が見当たりませんでした。でも昨年、この個体と出会ったんです。こちらはIWCの「マーク11」という人気モデルです。


1940年代後半に登場して以来、デザインはほぼ変わらず、1970年代まで製造されていました。スポーツウォッチに近い感覚で幅広い服装に合わせられます。



ヴァシュロン コンスタンタンの金無垢ドレスウォッチ

 出典  Funmee!!編集部

 出典  Funmee!!編集部


金無垢のドレスウォッチは、世界三大時計ブランドのひとつであるヴァシュロン コンスタンタンのものです。1940年代後半の時計ですが、古びた印象はなく、むしろモダンに見えます。


裏蓋にはエングレービングが施されていて、クリスマスに両親からプレゼントされた記録が刻まれています。この手のメッセージは、好みが分かれるところですが、彫りの質感も良く私のクリスマスは毎年これと一緒です(笑)。


小ぶりのサイズ感が魅力のオメガ&ロレックスの逸品

 出典  Funmee!!編集部

 出典  Funmee!!編集部


1930年代製のオメガの時計は約10年前に購入しました。久々に見ると、小ぶりのサイズ感やバンブーブレスレットがとても新鮮。ジャケットにも合うし、最近よく着けています。


これに近いデザインの一本をロレックスでも持っています。裏蓋をシースルーバックに交換して、ムーブメントが見えるようにして楽しんでいます。



―― まさに三者三様の魅力がありますね。それこそ個体の状態さえしっかりしていれば、ウンチクに頼らずに見た目重視で選ぶのもアリかも?


ヴィンテージウォッチの購入は、信頼できるショップを探すことが何よりも大切です。そうすれば、そこまで知識武装しなくても理想の時計が探せるかもしれません。また全て一点物ですから、人との繋がりから予想だにしなかった一本が手に入るチャンスが生まれることも……。そんな出会いこそが、ヴィンテージウォッチを収集する醍醐味のひとつなのかもしれません。




■プロフィール

青木 史さん

1976年生まれ。東京都出身。京都でセレクトショップの販売員やバイイングを経験した後、「ケアーズ」に入社。現在は「ケアーズ 東京ミッドタウン店」の店長を務める。腕時計だけにとどまらず、古着やヴィンテージファニチャーへの造詣も非常に深い。



===

文:戸叶庸之(Tsuneyuki Tokano)

写真:鳥居健次郎(Kenjiro Torii)



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP