人生の旅をとことん楽しむ!冒険家・風間深志さんの夢あるバイクライフ


日本が生んだ稀代の冒険家・風間深志さん。相棒のバイクたちともに駆け抜けた人生の道のりは、いつもワクワクするような出来事の連続だったと聞きます。

大人になって忘れかけていた本当に好きなことをして得られるあの充実感。

「自分だけの冒険へと旅立つことに、年齢なんて関係ない!」風間さんの生き様からはそんなメッセージが聞こえてきます。

バイクが教えてくれた、人生の素晴らしさ!

 提供 風間深志さん


ーー 前回の記事では、風間さんのポジティブな考え方にたくさんの勇気をもらいました! 今回はバイクを通じて、好きなことを続けていく人生の素晴らしさについてお話をうかがいたいと思います。


俺には兄がいて、彼や家族のサポートがあったからこそ、今のバイク人生があるのかもしれない。幼い頃にホンダの「スーパーカブ」に出会えたこともそう。あの日から俺の頭の中は寝ても冷めてもバイクのことばかりだった。


本当に環境には恵まれていたと思う。高校になると、当時最新モデルだったヤマハの「YDS-1」などのモトクロッサーを手に入れた。「直管の音が俺の生き様」と思って、山の中を駆け回っていたね(笑)



 出典  Funmee!!編集部


ーー 話を聞いているだけでバイクをかっ飛ばしている姿が浮かんできます(笑)。風間さんは後に「ダカール・ラリー」に挑戦することになるのですが、ちなみにはじめて参加したのはどんなレースでしたか?


忘れもしない初体験は、高校一年の頃に山梨の富士川で行われたモトクロスのレース。結果から言うと、メチャクチャな装備だったこともあって、ジャンプ後に腹部を打ってしまったりして、限りなくビリに近い順位だった(笑)。


でも、俺があの日乗っていたバイクのカスタムは震えるほどかっこよくて、本当にお気に入りだった。そして、このレースでの出会いがチーム「ビクトリー」を作るきっかけになって、俺はさらにバイクにのめり込んでいくことになるんだ。




ーー そのままプロのレーサーの道へと進んでしまいそうなテンションですね(笑)。


実際、それに近い場所でバイクに跨っていた時代がある。


ラッキーな話でさ、とある縁で知り合った運送屋さんの集会で「MCFAJ」が主催するレースに参加することができるようになったんだ。数年間で俺はエキスパートというランクまでは上り詰めて、これは今でいうセミプロ的なポジションだね。



「コーヒーよりもガソリンが好き!」と思えるバイク狂にしかできない仕事

 出典  Funmee!!編集部


ーーその後、風間さんはモーターマガジン社の「月刊オートバイ」の編集部に在籍するんですよね。


うん。当時の俺は「コーヒーよりもガソリンが好き!」と思っていたようなバイク狂だったから(笑)。とにかくバイクと携わる仕事がしたいと思ったところ、バイク専門誌の編集者という選択が見えてきたんだ。


今では当たり前に使われている「オフロード」という言葉は、俺が編集者時代に考えたものだし、それまでバイク雑誌とは無縁だった芸能人を出演させたの俺がはじめてだった。その結果、部数が爆発的に伸びたんだ。




ーー 「誰もやったことがないことを実現する」という風間さんのスタイルは、この頃に生まれたんですね!


確かに言われてみると、俺の冒険家としての発想の原点は、あの頃に考えた企画にあるのかもしれない。でも、「本当に自分がやりたかったことは、なんだったんだろう?」と考えるようになって、脱サラして“バイク冒険家”になる道を選んだんだ。やっぱり、バイクが大好きだから!



 提供 風間深志さん


ーー 風間さんらしい思い切った選択ですよね。普通の人には到底真似できないです。ところで、ただの冒険家でなく、なぜ“バイク冒険家”である必要があったんでしょうか?


それはね、単純な話でさ。世間から注目されるためだよ。例えば、バイクだけの話題じゃ新聞の一面を埋め尽くすことはまずできない。ところが、そこに冒険が加わることで注目度がまったく変わる。1979年11月の読売新聞では、俺がキリマンジャロに登頂した時の話が載ってるよ。



 出典  Funmee!!編集部

旅や夢に終わりはない。ひたすらロマンを追い求めて

 提供 風間深志さん


ーー 発想もさることながら、その行動力が半端じゃないです(笑)。大人になると、さまざまな理由から好きなことを続けていく人生を諦めてしまいがちですが、風間さんの姿を見ると、もう一踏ん張り頑張ってみようという勇気が湧いてきます。


俺の冒険家としてのキャリアはここからはじまって、そこから北極や南極、エベレストにまで行くことになるわけだけど、誰かのための冒険なら、ここまでは頑張れなかったよ。職業柄、この手の話は切っても切れないんだけれど、自分のためだからムチャもできたし、やり遂げることができた。そもそも自分で好きではじめたことだから。もし、自分のためじゃなくて頑張れるとしたら、それは家族のためだね。




ーー 今年、三男のモトクロスライダーの晋之介さんがはじめて「ダカール・ラリー」に参戦。風間さんは「チーム風間」の監督として参加して、日本史上初となる二輪部門での親子二世代完走という快挙を達成しました!


前回も言ったけど、俺の旅や夢に終わりはないんだ。まだまだいろんな景色を見てみたい。そこには素晴らしいロマンがある。それこそ月に行って眺める地球はさぞかし素晴らしいんだろうな。



【前編】【人生は終わりなきロマン!】バイク冒険家・風間深志さんから学ぶ、ポジティブシンキングの大切さ


■プロフィール
風間深志さん
1950年。山梨県山梨市出身。NPO法人「地球元気村」主宰。1972年からの8年間、モーターマガジン社の「月刊オートバイ」編集部に在籍。その後、1980年のアフリカのキリマンジャロのバイク登攀を皮切りに、バイク冒険家へ転身。3つの世界記録を含む、数々の金字塔を立てる。2004年にパリのダカール・ラリーの事故で左足の機能障害を負いつつも、見事に冒険家としてカムバック。



===

文:戸叶庸之(Tsuneyuki Tokano)

写真:鳥居健次郎(Kenjiro Torii)



最新情報はこちらから フォローやいいね!をして最新情報を受け取ろう

Funmee!!編集部

Funmee!!編集部

TOP