興味ゼロから、ロードバイクをオトナ買いするまで!の巻
ロードバイク
【アラフォーからのロードバイク】︎

興味ゼロから、ロードバイクをオトナ買いするまで!の巻


街を颯爽と駆け抜けるロードバイクがキニナル……。でも、「難しそう」、「何が楽しいのかよくわからない」、「とにかくお金がかかりそう」など、いざ始めようとすると腰がひけちゃいますよね。僕もそのひとりでした!

 

Funmee!!がこの初夏にお届けする新連載は、「アラフォーからのロードバイク」。45歳ののん太がロードバイクにドハマリして行く様子を生々しくお伝えします。



ロードバイクにまったく興味がなかった僕が……!


こんにちは!

 

本気で遊ぶ大人の趣味マガジンFunmee!!を運営する株式会社トライバルメディアハウスの代表を務める「のん太」です。

 

サーフィンとキャンプとワーゲンバスとDIYとカレーとビールが大好きな45歳。愛する奥さんと、2羽のセキセイインコとともに神奈川県鎌倉市の稲村ヶ崎に暮らしています。

 

※昨年、鎌倉に移住したときの様子は、のん太の鎌倉移住録をご覧ください!

 

 

熱しやすく冷めやすい僕ですが、ロードバイクには興味も持っていなかったどころか、むしろ、ピチピチのウェアを着て街を走るロードバイク乗り(通称:ローディー)を「格好悪い……」とすら思っていたわけでありまして(スミマセン!)



 出典  Funmee!!編集部


しかし……! そんな僕が、いまやロードバイクが楽しくて楽しくて仕方がない、立派なローディーになってしまったのです!


いやほんと、自分でもこの変化には驚くしかありません。




ロードバイクが気になる! ~2017年末のフォーリン・ラブ~


僕が、突然、本当に突然、一瞬にしてロードバイクにビビッ!と来てしまったのは、年末年始休暇に入った初日、2017年12月29日のこと。


いつものようにソファに寝っ転がりながらFacebookを眺めていて、知人のこの投稿が目に入ったときです。



僕にロードバイクを始めるきっかけをくれた恩師の投稿。僕の人生を変えてくれて本当に感謝!
 出典  Funmee!!編集部
僕にロードバイクを始めるきっかけをくれた恩師の投稿。僕の人生を変えてくれて本当に感謝!


「恋はするものではない、落ちるものである」という格言があるように、そして小田和正さんの「ラブストーリーは突然に」という歌があるように、突然、落ちました(笑)

 

「ロードバイクとは、平坦な直線をものすごいスピードで走る乗り物である」という認識しか持っていなかった僕は、「自転車で峠を登るの、おもしろそう!」とガツンとやられました(笑)

 

 

ということで、僕にロードバイクを始めるきっかけをくれた恩師の、たったひとつのFacebook投稿が、いまとなっては僕の人生を変えてしまいました。その日から、僕のロードバイク探訪の旅(情報戦)が始まったのです。



恋した相手を徹底分析! ~ロードバイクの情報を収集しまくった! ~

僕が買いあさった雑誌や書籍はこちら。はじめに買ったカタログで「ロードバイクかっけーなー、欲しいなー」というモードになるのに、時間はかかりませんでした(笑)
 出典  Funmee!!編集部
僕が買いあさった雑誌や書籍はこちら。はじめに買ったカタログで「ロードバイクかっけーなー、欲しいなー」というモードになるのに、時間はかかりませんでした(笑)


新しいことを始める前に、短期間で徹底的に情報を集めて、Go or No Goを決める習性があるワタクシ。

 

Amazonでめぼしい雑誌と書籍を買いあさり、その補完としてネット記事やYouTubeを見まくります。ネット記事は、欲しい情報をつまみ食いするときは良いんですけれど、全体感が掴みづらいので、「わからないことが、わからない」状態のときは、まずは必要な情報がまるごとひとつにパッケージ化されている雑誌や書籍が便利です。


個別の本のオススメは、ページの最後にまとめますが、これだけはここで紹介したい!僕が読みまくった本のなかの極めつけ! 『弱虫ペダル』全巻セット!




いやね、むかしから話題になっていたのは知ってたんですが、このタイミングで全巻セットを購入して読み始めると……激ハマりw カバンに常時6冊くらい入れて、往復3時間の通勤中、ずーっと読むわけです。


弱虫ペダルのおかげで、いままで頭に入れた「情報」が「物語」としてつながり、「うおおおお! 俺もロードバイク乗るぞーっ!」ってなりました。ほんと、オススメです。


徹底的情報収集と坂道君のおかげで、(弱虫ペダルの主人公です!)モチベーションは頂上まで爆上がりしました。


あとはロードバイクを手に入れるだけ!






オトナになってよかった! ついにロードバイクをオトナ買い!


いざ、ロードバイクを買おうと思っても、頭の中に選択肢どころか、選択肢をつくる基準すらないため、いつまで経ってもロードバイクのメーカーすら絞り込めない。


そこで、会社のローディーや趣味の雑誌社・エイ出版のロードバイクに詳しい方にオススメのメーカーを聞きまくりながら、検索して行き着いたのが、GROVE 鎌倉のWebサイトで紹介されていたこのバイク。




 提供 Grove 鎌倉

カッケー! これがいい! これに決めた! 


勝手に運命を感じ、購入車は心の中でこれに決定。



4月某日、意を決して家の近くのGROVE鎌倉を訪問。


初めてのお店に入るのは緊張しますよね……。



 出典  Funmee!!編集部


初心者であることや、ロードバイクに求めること(楽しいツーリングや健康のため、ロングライドがしたいこと、ゆくゆくは全国で開催されているいろんなイベントにも参加してみたいこと)を伝え、その希望に沿うようにとっても親切に対応してくれました。


よし、安心だ!



 出典  Funmee!!編集部

あった!これこれ!ホームページで見たやつ、これがほしい!!


「アレがいいと思ってるんですけど、初心者には早すぎますかね?」と店員さんに恐る恐るきいてみると、


「早すぎることはありませんよ!」と嬉しいお言葉!!



やったー!



車体が決まったら、あとは必要な小物たちも一気にオトナ買い!




初めてシューズを履いているところ。硬い……
 出典  Funmee!!編集部
初めてシューズを履いているところ。硬い……
ヘルメットを物色中
 出典  Funmee!!編集部
ヘルメットを物色中
試着中の様子(笑) シンプルなデザインが好みなので、黒ベースに赤の差し色が入ったウエアを選択。ASSOSはお値段が張りますが、その分、ロングライドをしても体の負担が少ないそうです
 出典  Funmee!!編集部
試着中の様子(笑) シンプルなデザインが好みなので、黒ベースに赤の差し色が入ったウエアを選択。ASSOSはお値段が張りますが、その分、ロングライドをしても体の負担が少ないそうです

その他、修理道具やドリンクボトルなどを含め、一式オトナ買いしちゃいました!(許してくれた奥さんに感謝……!)

 

納車は、フレームの在庫がメーカーにあるか確認して、早くてGW前、遅いとGW明けとのこと。

 

まだ納車されていないのに、1mmも走っていないのに、気分は立派なローディー。街を歩いていても、ロードバイクばかりが目に入ります。

 

ああ! 俺も早く走りたい!

 

オトナ買いの中身は、次回の納車編でご紹介しますね!お楽しみに!



始めてからわかった! ショップ選びは超重要

購入後もお世話になりっぱなしのGROVE 鎌倉さん。練習会の様子などは、また後日!
 出典  Funmee!!編集部
購入後もお世話になりっぱなしのGROVE 鎌倉さん。練習会の様子などは、また後日!


と、あれこれあって、ついにロードバイクを購入するに至ったわけですが、ロードバイクを始めてみたからこそ、気が付いたことがあります。それは、ショップ選び!


なんと、ロードバイクは、乗り始めた人の約半分が一年以内に挫折してしまうんだとか。乗り始めてからわかりましたが、ロードバイクは、自転車であって、自転車ではありません。バイクに乗るときはバイク免許が必要なように、ロードバイクも自転車とは違う乗り物だと考えたほうが良さそうです。

 

プロに「乗り方」を教えてもらわないと、間違ったフォームで乗り続けてしまい、お尻、首、手の3点が痛くなって、途中でやめちゃうんです。だから、ロードバイク初心者は絶対にスポーツバイク専門店で買ってください。それも、ロードバイクを数多く取り揃え、十分な商品知識を持った親切な店員さんのいるプロショップで購入することを強くオススメします。

 


ちなみに、僕がお世話になっている鎌倉のGROVE 鎌倉は、スーパーウルトラグレート親切スポーツバイク専門店です。いつもありがとうございます!




のん太オススメ! 40代ロードバイク初心者が読むべき雑誌&書籍 

さいごに。僕が買い漁った雑誌や書籍をご紹介。


どれもロードバイク初心者にオススメです!



Amazonの購入履歴を見たら、ロードバイクの「ロの字」も知らないのに、一番最初にバイクのカタログを買っていましたw

カタログを見た感想は、「メーカーが多すぎて何を基準に選んだら良いかまったくわからん!」でしたが、ロードバイクかっけーなー、欲しいなー」というモードになるのに、時間はかかりませんでした(笑)

ちなみに、僕がお世話になっている鎌倉のスーパーウルトラグレート親切スポーツバイク専門店GROVE鎌倉は、このカタログの巻末のショップリストに掲載されていたお店です。ザッツ運命。

引き続きロードバイクが何たるかわかっていないくせに、次に買っていた雑誌がこちら。いきなりヒルクライムナビw こうやって自分の購入履歴を追ってみると、自分のバカさ加減に気づきますね(笑)

でも、この本で、「やっぱりヒルクライム(峠や山を登ること)おもしろそう!」と、完全にスイッチが入りました(このときはヒルクライムの辛さも知らず……)

40代のロードバイク初心者である僕にドンピシャな本を発見。即買い。読んで良かった、そして勇気をもらった一冊。

始める前に、こういう「転ばぬ先の杖」的な本を読んでしまうところが僕です。

とにかく遠くまで走ってみたい! 夢の100kmライドを目指して勉強開始です。

まだ買ってないのに、始めてもいないのに、メインテナンス本を買ってしまった精神が自分でも理解不能です。しかし、ロードバイクに関連する情報に触れれば触れるほど、モチベーションが高まるのでしたw


==


僕がお世話になったお店

 

鎌倉市由比ガ浜のスポーツバイク専門店

GROVE 鎌倉

 

〒248 – 0014

神奈川県鎌倉市由比が浜 2-1-13

TEL/FAX:0467-23-6667



===

文:のん太

写真:小澤 義人(Yoshihito Ozawa)

取材協力:GROVE 鎌倉



ロードバイク
2018年5月25日
Funmee!!編集部
Funmee!!編集部

RANKING

ランキング